CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【締切迫る!:2月24日〜25日 森×美腸メソッド〜キレイに変わる2日間〜】 | Main | 【2月24−25日 森×美腸メソッド キレイに変わる2日間】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【2月21日(水)森林セラピーを伝える場所〜野谷集会所の場所づくり(延長戦)】[2018年02月22日(Thu)]
森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、やまぐち森林づくり県民税を活用した子どもの遊び場づくりを、参加型で実施、3回約85人の参加を得て、堂々完成、と言いたいところですが、寒波が来ている中の作業でもあり、実施できなかったデッキ材の未施工部分と、塗装の重ね塗りの作業をしました。

IMGP2398.JPG

前回の場所づくりの会の後、大工の日高さんが作業をすすめられ、ほぼ完成の状態。

IMGP2405.JPG

未塗装の部材を塗っていきます。

IMGP2412.JPG

ウッドデッキも重ね塗り。のびのび塗り塗り〜。

IMGP2408.JPG

すでに完成している東屋も重ね塗りをします。

IMGP2417.JPG

10時に一息ついて休憩です。休み休み、ゆっくりやりましょう。

IMGP2423.JPG

防腐剤の色がついて、ウッドデッキも立派に出来ました。
あとは、階段部分の完成を待つだけです!

IMGP2422.JPG

東屋とツリーデッキもあらためてピカピカ。
ふー、楽しい子どもの遊び場になりました

森林セラピーを伝える場所づくり、このツリーデッキとウッドデッキのこけら落としは3月11日(日)開催のちいさな森カフェです。
たくさんの子どもたちを送った学び舎が、新しい姿になり、
たくさんの子どもたちがその樹の下で遊んだヒマラヤ杉の下に、新しいデッキができた。

ここはもう学校ではないのだけれど、また新しい意味を持った場所になる。
やまぐち森林づくり県民税の環境サポート事業で、そういうきっかけをいただいて、
この森から生まれた木が、地元製材業者さんの手を介して、大工さんの指導の下、たくさんの人の手を介して、子どもたちが、木や森に親しむ。
こんなうれしいことはないなあと思います。

もう少し、場所づくりの会は小規模に行いながら、
たくさんの子どもたちが訪れるその日を待ちます。

たくさんの人に、愛される場所になればいいなあと思います。


Posted by 松本 at 23:29 | 場所づくり | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/349

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド