CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【2017年 森林セラピー山口アワード2017 今年もありがとうございました!】 | Main | 【参加者募集:2月24日〜25日 森×美腸メソッド〜キレイに変わる2日間〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【新年あけましておめでとうございます&宇部日報1月1日の記事】[2018年01月04日(Thu)]
新年あけましておめでとうございます。
森歩き的には、落ち着いた時期なのですが、新年早々、森林セラピー的には関連する記事をご紹介です。

1月1日付けの宇部日報さんの記事、新山口駅前活動運営実行委員会 委員長 金子敦子さんのインタビューの記事が掲載されています。

森の案内人でもある金子敦子さんは、パトリックブランさんプロデュースの垂直庭園に最初っから携わっている方のひとり。あの春の日、森の案内人と歩く、植生調査にも同行されました。

今回の記事には、「大半が山口市徳地に自生している植物で構成している」という記載もあり、もちろん西秋吉台や、その他の地域の植物もあるのですが、最初の一歩をしるした森林セラピー基地に携わる者としてはうれしいところです。

この垂直庭園のサポーター養成、何やら「グリーター」というそうですが、この「グリーター」の育成にも、森林セラピー基地として一役買えそうですね。

山口市が出展する花博の企画、関連会場でもある森林セラピー基地を訪れるツアーがあることもあり、これからこちらでもいろいろご紹介できたらと思います。

花博がある2018年。森林セラピー基地もいろいろ活動が起こっていきます。
今年もよろしくお願いします。

180101kaneko.jpg

Posted by 松本 at 23:20 | トピックス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/336

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド