CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【11月7日(火) 山口新聞へ連載〜森のことこと 杣入りの地徳地の森〜】 | Main | 森林セラピー山口グランドオープン10周年記念講演「Feel Nature!〜森へ、山へ、一歩ずつ〜」へお越しの皆様へ »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【11月6日(月)滑マツ保存会の現地視察】[2017年11月09日(Thu)]
森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、活動フィールドを同じくする近畿中国森林管理局山口森林管理事務所さんが事務局を持つ「滑マツ保存会」にも委員として参加。

滑マツ、胸高直径が60pを越える、およそ樹齢200年を超えるブランド松。
かっては錦帯橋の架け替えや、皇居の松の間の内装材にも使われたという記録がある、後世に向けて残すべき価値がある大切なマツ。

このマツを保存する取り組みをするべく、滑マツ保存会が発足したのは平成26年3月。
委員として参画して以来、いろんな現地視察を通じたフィールド理解、森を守る森林管理事務所の取り組みの理解、新たな価値を創造する機会になっています。

今回も貴重な学びの機会になりました。
森林セラピー山口で「森の案内人」やってます さんが、滑マツ保存会の現地視察の写真をアップされていますので、紹介します。



23270473_1623887357696101_2668827410865058319_o.jpg

Posted by 松本 at 22:52 | 徳地の森 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/316

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド