CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【クマ出没警報について】 | Main | 【8月27日(日):9月3日(日)森からはじまる健やかライフ〜ノルディックウォーキング体験の下見】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【8月23日(水)毛利藩モミ林フィールド調査】[2017年08月24日(Thu)]
森林セラピー山口で活動する森の案内人の会、この日は、森の案内人宮田さんの提案するフィールド調査。
森の案内人11人が集い、森林セラピー基地内の奥深く、毛利藩モミ林に出かけてきました。

季節の魅力を忘れないように、また新しいものをみつけられるように
こうしたフィールド調査が、実はとっても大切です。

ジブリの森のような雰囲気を持っているこの森、
訪れる人をひきこむ魅力を持っています。
ひっそりと、静かな状況で紹介したい森です。

IMGP8590.JPG

滑峡まで乗り合わせて車で移動します。

DSCN0184.JPG

ひんやり、涼しげな世界が広がります!

IMGP8595.JPG

水音に包まれて、笑顔がこぼれます。

IMGP8606.JPG

林道をゆっくりと登ります。

IMGP8603.JPG

蜜成観音の看板。
この奥に、かって地域の人が守られていた観音様がおられるそうです。

DSCN0198.JPG

このモミ林は、約200年前に毛利藩により植えられたもの。
その当時の毛利藩は、経済立て直しをしていた時期、
どんな意味や物語があったか気になります。

DSCN0199.JPG

見上げると神殿のような空間が広がります。

IMGP8630.JPG

200年生のモミが林立する全国的にも珍しい森。
今年はイベントの実施予定がありませんので、
ご興味のおありの方は森の案内人との森林散策をお申し込みください。

DSC_1172.JPG

調査後は、野谷集会所で、感想をふり返りました。

この日の森歩きの詳細は、↓リンクから、森の案内人Mさんのレポートを参照ください。

https://photos.google.com/share/AF1QipOXlgazQwprKV6K3j19-R_C5yWJu1NJbLpPPIasq4ovIUtAU9VcxH7uhNmES35udQ?key=UnNmX2E4RzNNWWg0Qi1WSEpvT3BEdHlpRTNzRjFR

Posted by 松本 at 07:06 | 徳地の森 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/286

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド