CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【6月11日(日)第8期森の案内人養成講座がスタートしました】 | Main | 【参加者募集:6月25日(日)森林セラピーガイドツアー〜みどりの木陰の森歩き〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【6月14日(水) 徳地のホタル情報 佐波川関水】[2017年06月14日(Wed)]
山口市徳地森林セラピー基地、森の魅力もさることながら、季節の魅力はそれだけにとどまりません。

今日は、この季節みんなが魅かれるホタルのご紹介。
紹介するスポットは森林セラピー基地の入り口付近佐波川関水。

写真でご紹介できないのが残念ですが、
800年前に川を用いて大木を海まで下すために
118カ所設けられたという佐波川関水あたりには、
数百というホタルが乱舞していました。

お山と、川を行き来するホタルのそのまた頭上に
満天の星。

真っ暗なフィールドだからこそ、ホタルと星が同じように映えます。
川面に映るはホタルか、星か、
足元も見えない暗闇、しんとした一帯に
ホタルが飛び交い、あたかもそこに宇宙があるような時間です。

車が通れるのですが、出来るならお車はホタルの飛び交うあたりには乗り入れないで
県道123号と、国道489号線の交点から佐波川ダム方面に下り、
佐波川ダムバス停付近の広いスペースに車を停めさせてもらって
南側にあるくこと数百メートル、佐波川関水までの間の区間が
一番見応えのあるスポットです。
南側、国立山口徳地青少年自然の家の上り口付近の広いところから歩いても
数分で最も美しいスポットにたどり着けます。

ホタルが出始めるのはおよそ20時くらいから、
20時30分から21時15分ごろがおおよその見ごろだと思います。

今日(6月14日)に素晴らしかったので、この週末18日頃までは
蛍はみられると思います。
いろんなスポットがありますが、ここはいいと思います。
出来るなら、お車は、ホタルの近くに乗り入れないようご配慮をお願いします。

参考までに、山口観光コンベンション協会徳地支部のページをご紹介しますね。

s012.jpg

山口観光コンベンション協会徳地支部 佐波川関水・僧取淵
http://www.tokudi-kankou.jp/place/032/index.html

Posted by 松本 at 23:06 | 徳地の森 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/258

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド