CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【森フェスへの招待状(4)森のリラックスコーナー】 | Main | 【森フェスへの招待状(6)こどものあそびば】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【森フェスへの招待状(5)ボランティア&森の音楽】[2017年04月29日(Sat)]
森林セラピー山口に携わるいろいろな主体が関わり、春の森を祝福する一日、森フェス。
今回は、「森フェス〜森林セラピー山口グランドオープン10周年〜」と題し、これまで以上のスタッフと、プログラムが徳地の森に集まります。

この森フェスの紹介、今回はプログラムごとに紹介していこうと思います。
第5回目の今回は、ボランティア&森の音楽です。

★ボランティア
・クヌギの元気回復プロジェクト [国立山口徳地青少年自然の家]

木登り体験などでいつもお世話になっているシンボルツリー、
踏み固められてカチカチになった広場にみんなで穴を掘り、
堆肥を入れて、クヌギの元気を回復します。

DSC_0015.jpg

穴を掘って、施肥をするそれだけなのですが、何かすがすがしい時間。
土のなかってこんなになってたんだ!って発見もあったりします。

★森の音楽
・フルート/ピッコロ/リコーダー [秋本 芳和]
職場の楽団で腕を鳴らした秋本さんは、
フルートからたて笛までなんでもござれ。
前回も、準備した何十曲のレパートリーで会場に花を添えてくれました。

akimoto.jpg

今回も、会場の一番いい場所を探して、そこに見合った音楽を提供してくれます。

・ライアー(ドイツの竪琴) [山口ライアー Aily]

ドイツの竪琴、ライアーの演奏をしてくれるのは、
山口ライアーAilyのみなさん。昨年春に参加者としてお越しいただき
その場で演奏をいただいて早一年。昨秋に続いて、森の音楽を担当されます。

DSC_0011.jpg

ライアーの音色は、とても優しく、
耳を澄ましたそのときには、心がおだやかに落ち着くような。
会場がにぎわうそのかたわらで、優しい音色を探してみてください。

・アコースティックギター[CHIMOSAKI]

前回の森フェスにDA☆CHIMOSAKIとしてご参加いただき、
今回は、ギター二人のユニットCHIMOSAKIとしての参加です。

DSC_0010.jpg

森というより、海辺で波に乗るような軽快さで、会場を彩ります。


森フェス、森で何かをいただいたりするだけでなく、
森にできることがあったり、
森で何かを行いたい人のパフォーマンスに触れる場所であったり
その感性に触れる時間であったりもします。

5月7日の森フェスでは、そんな体験や発見もしてほしいと思います。


【森フェス〜森林セラピー山口 グランドオープン10周年〜】
日時  平成29年5月7日(日)9:30〜16:00
場所  国立山口徳地青少年自然の家
駐車場 国立山口徳地青少年自然の家一般駐車場をご利用ください
詳細は森林セラピー山口ホームページをご覧ください。
チラシはこちら
プログラムの個別の紹介は特集ページで行っています。

Posted by 松本 at 22:24 | 森フェス2017春 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/227

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド