CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【森フェスへの招待状(1)森林セラピーガイドツアー】 | Main | 【森フェスへの招待状(3)徳地の森の展示コーナー】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【森フェスへの招待状(2)焚火の森カフェ】[2017年04月26日(Wed)]
森林セラピー山口に携わるいろいろな主体が関わり、春の森を祝福する一日、森フェス。
今回は、「森フェス〜森林セラピー山口グランドオープン10周年〜」と題し、これまで以上のスタッフと、プログラムが徳地の森に集まります。

この森フェスの紹介、今回はプログラムごとに紹介していこうと思います。
第2回目の今回は、会場で最もぽかぽかする、焚火の森カフェです!

新しい画像 (1).jpg

焚火の森カフェでは、自家焙煎珈琲のほか、ハーブティーやお茶など
森歩きで渇いたのどを潤すお飲み物を用意しています。
森の案内人とともに、森カフェを支えるのは、森林セラピー山口ボランティアスタッフ。
皆様から森歩きの感想をお聞きしたく、会場でお待ちしています。

焚火の森カフェ、ここでのおすすめの体験は、珈琲焙煎体験。
森歩きで、ニュートラルにひらかれた感性で、味わってほしい香りと手触り
天ぷらなべで、生豆を焙煎するひととき、ぱちぱち爆ぜる音と、わき立つ香り

そう、私たちは毎日忙しい。
だからこそ、森を歩くひととき、珈琲をあじわうひとときが・・
そこから先は、体験を通じて、出会ってほしい感覚。

baisen.jpg

昨秋の森フェスの写真。
自分で、焙煎作業をする中で、ひらかれるたくさんの感覚。
どんな時間が訪れるか、この笑顔からわかるかも。。


焚火の森カフェ、焚き木とたき火台は、国立山口徳地青少年自然の家の提供です。
そう、ここは体験を通じて感じて、学ぶフィールド
火は、あたたかい。そういうことを感じたりもする。

takibi.jpg

いつしかたき火を囲んで、誰がホストかわからない輪が広がります。
焚き木をくべるのって、楽しいんですよね。。

こちらは、焚火を囲む子どもたち。
マシュマロをあぶって食べる。そのひととき。
最高の焼き加減を自分で決めるまなざし、あなどることなかれ
これこそが、本気、本音、本物の想いと体験です!

masyumaro.jpg

マシュマロを見つめる視線は真剣!
そして、隣の人と美味しいの気持ちを分かち合うひととき!

5月7日は森フェス、焚火の森カフェは、
プレイホール前の一角で開催します。
徳地商工会、山口観光コンベンション協会徳地支部による
徳地の森歩き、観光ガイド、空き家情報等もあり、ちょっと一服する間に
徳地に詳しくなれるかも。

cafe.jpg

春の良き日、春の日差しの中で、自家焙煎珈琲を味わうだけでもいいと思います。
ぜひ、森へ休みに、ゆっくりしに、焚火でマシュマロを焼きに訪れてほしいと思います。


【森フェス〜森林セラピー山口 グランドオープン10周年〜】
日時  平成29年5月7日(日)9:30〜16:00
場所  国立山口徳地青少年自然の家
駐車場 国立山口徳地青少年自然の家一般駐車場をご利用ください
詳細は森林セラピー山口ホームページをご覧ください。
チラシはこちら
プログラムの個別の紹介は特集ページで行っています。

Posted by 松本 at 23:30 | 森フェス2017春 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/224

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド