CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【3月15日(水)奈良に行く徳地中学校の修学旅行の事前学習的な森歩き】 | Main | 【3月18日(土):子どもの木育広場と林業女子会@山口さんの取材】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【3月17日(金)森歩きと石風呂の一日〜癒しの森で深呼吸〜】[2017年03月17日(Fri)]
森林セラピー山口と国立山口徳地青少年自然の家がコラボして行う「森歩きと石風呂の一日」15回のシリーズも、15本のうちの14本目。いよいよ大詰めです。

今回は「癒しの森で深呼吸」、春を呼ぶ1日。森の案内人とスタッフを含めて総勢14人の会となりました。当日、朝は冷え込んだものの日が昇ると気温も上昇し、早春の森歩きに絶好の日和となりました。

iyasi (1).JPG

今回の企画、五感をひらいて早春の森を感じ取ってもらいたい
森の中での深呼吸を通じて、どこまで感覚を研ぎ澄ますことができるか、体験することに重きを置きました。

iyasi (2).JPG

普段から歩き慣れておられるみなさんですが
今日はゆっくりしたペースで
まずはヤッホーポイントで大声を出し、
緊張を解きほぐして森に入っていただきました。

iyasi (3).JPG

今回参加された方は、ご自身で自然の楽しみ方を持っておられる方々
クロモジの冬芽、アオキの芽吹き、ウラジロの新しい今年の葉などを次々に
見つけては写真撮影したり、見通しのきくこの時期ならではの森を眺めて
新緑の森に思いを馳せているようでした。

iyasi (4).JPG

法面に生えた木の根の下には、なにかの空洞が・・。
動物の巣ではないかと想像することが出来る方々、

コースのあちこちに見られるナガバモミジイチゴの
赤紫色の冬芽の先から白っぽい毛がのぞき始めていて、
いつ頃食べられるかのおたずねがありましたが、答えは内緒、
また実りの季節に歩いていただきたいと思います。

iyasi (5).JPG

MTBコースから野外炊飯棟裏直登ルートの下りきった地点でレジャーシートを
配り、寝っ転がって深呼吸を体験していただきました。

iyasi (6).JPG

吐く息に意識を集中してゆっくり呼吸することを確認して5分。
その間、頬を撫でる風はゆらぎ、どこかでウグイスのさえずりも・・。

ゆっくり起き上がっていただいたときの皆さんの様子、
ご自身でもわかったのではないかという位、表情に変化が。。
森がくれた5分、得がたい時間になったことともいます。

その後、ウグイスが使っていた巣を発見、
ウグイスのさえずりを聞いたばかりということもあってその営みに皆さん心惹かれます。。

iyasi (7).JPG

野外炊飯棟への登りはこの日唯一の急な斜面。
ヒサカキの独特な香りのお出迎え、
皆さん小枝を持ち上げて小さな花をのぞき込んでいました。
山の中の森を歩いたという実感がわいてきたという感想も聞こえました。

iyasi (8).JPG

野外炊飯棟を下り、国少に戻るとエガラのお出迎え、頭上でちょこちょこ飛び回って
一気に人気者に。近くにはコゲラも。

こんなにゆっくり森を散策することは初めてでした。
いつもとは違う歩く楽しみを見つけました。
森の中の深呼吸の体験が新鮮でした。
訪れた皆様の感想はいろいろ、また森の魅力を教えていただきました。

国立山口徳地青少年自然の家と連携した
「森歩きと石風呂の一日〜癒しの森で深呼吸〜」いかがだったでしょうか。

寝る前に深く深呼吸をするだけで、寝つきがよくなったり、深呼吸の効用はいろいろ言われています。この深呼吸、空気のいい場所でするのがいいみたい。
日常に持ち帰る習慣としてもいいですが、生まれたての空気を胸いっぱいに吸い込む、ぜひ森で深呼吸、この記事をご覧の皆様にもお伝えしたいところです。

森林セラピー山口と、国立山口徳地青少年自然の家がコラボする森歩きと石風呂の1日、次回は3月21日(火)木登り体験会 です。 ※中止となりました。

木と友達になるツリークライミングのプログラムを通じて、
目の前の森が今まで見たものと違って見える
もしかしたら樹上で一息ついて眺める景色に新たな発見があるかも・・。
今回は、ツリークライミングジャパン認定ファシリテーターの指導によりお届けします。

詳しくは、イベント情報からお尋ねください。

Posted by 松本 at 23:00 | 森歩きと石風呂の一日 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/204

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド