CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【みんなおいでよ:3月5日(日)石風呂祭りを開催します】 | Main | 【3月5日(日):森歩きと石風呂の一日〜森のノルディックウォーキング〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【3月4日(土):徳地の郷ノルディックウォーキング〜島地コース〜】[2017年03月04日(Sat)]
森林セラピー山口の森の案内人の会、国立山口徳地青少年自然の家の企画「徳地の郷ノルディックウォーキング」に協力。サブタイトルとして徳地の風を感じてみませんか、と銘打たれたこの企画、平成24年から開催されて、今年が5年目。
これまで、出雲、引谷、八坂、野谷、串、たくさんのコースを歩いてきました。

今回は、徳地島地、県下最古の木造建築物月輪寺を訪ねるコース。来訪者、スタッフあわせて15人の会になりました。


IMG_2906.JPG

ほとんどの方がリピーターで10時に開会。
少年自然の家で、バスに乗り込み、出発地点まで移動します。

IMG_2917.JPG

バスで島地(向原橋)に移動し、そこから出発です。

IMG_2934.JPG

林道向原線をゆっくり歩き始め「月水土パーク」でひとやすみ。
森の中はやはり雰囲気が変わります。これ、街歩きとあわせてやるからなおさらわかる。

IMG_2949.JPG

昭和30年代の商店街の地図を片手に、賑やかであったろう当時に思いを馳せました。
かっては映画館もあったとのこと。
途中、二人のお婆さんにお聞きしたところ
「懐かしいね〜。そりゃーすごい人で活気があったいね」
ちょっとした思い出話に花が咲きました。

IMG_2961.JPG

12時過ぎに「ロハス島地」に到着。お弁当組と食堂組に分かれて昼食です。

お弁当組は、雨田公園へ。暖かな日差しの下、お喋りをしながらの楽しい食事でした。
食堂組は施設内での食事。大繁盛で混雑していたようで、ポールを施設にもち込まないという約束がうまくいったような。

IMG_2966.JPG

午後からは「月輪寺薬師堂」までの道のり
昨年出会ったヤギに再会したり、
石材店に石のゴジラが出現したり、
庭木が魚の姿に剪定(しかもペンキで着色)したり・・等
話題豊富、島地の街歩き、なかなかやります!

IMG_2982.JPG

ゴール地点は、月輪寺薬師堂。
山口県最古の木造建築物です。
今年は20年に一度開帳される秘仏薬師如来坐像(聖徳太子作と伝えられる)の御開帳の年にあたるそうです。
薬師縁日は5月5日、このあたりのことはまたこのページで皆さんにお知らせさせていただきます。

参加された方へのアンケートでは満足、次回も参加したいという方がほとんどでしたが、国立山口徳地青少年自然の家主催のノルディックウォーキングイベントは、次回以降予定されていないということでした。携わる私たちにとってこれはとてもさみしい感じ・・。

森林セラピー基地にあるノルディックポール、国立山口徳地青少年自然の家と山口市の持っているものをあわせるとレンタルポールで、60人位の規模のイベントも開催できます。
いろんな人に応援してもらって、この企画もだんだんと成長しているところなので、新年度以降もいろいろな形で、森のノルディックウォーキングを広げていきたいところです。

森を歩きたい、それもノルディックウォーキングや、カラダのすっきりを感じるような時間を持ちたい、そういうお尋ねは、ぜひ森林セラピー山口 森の案内人の会へお尋ねください。

Posted by 松本 at 22:00 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/191

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド