CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【ちいさな森カフェの仲間たち その5 森の案内人の会&森林セラピー山口ボランティアスタッフ】 | Main | 【2月25日(土)ちいさな森カフェ下見&準備の会】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【速報!!ちいさな森カフェ追加プログラム 「突板のブックチャーム」と「徳地のお茶煎り体験&野草茶ブレンド体験」】[2017年02月24日(Fri)]
森林セラピー基地で活動する森の案内人が、春待つ森で開催する「ちいさな森カフェ」開催直前になりましたが、シークレットプログラム?が発表されました。

林業女子会@山口さんの「突板でつくるブックチャーム」と徳地特産品販売所 南大門さんによる「徳地のお茶煎り体験&お茶ブレンド体験」の2本です。

16684005_703053806539127_3331888315485697260_n (2).jpg

突き板クラフトは好きな形に切った突き板をラミネート加工して、
ポンポンをくっつけてブックチャームみたいにする予定。
これに、フェルトのポンポンがつく感じ?かな。

16807786_1044589368980059_5003501238502556601_n (2).jpg

こちらが、ブックチャームの完成イメージ。
林業女子会@山口さんのプログラム、どんな逸品になるか、楽しみです。


20161217 (9).jpg

もう一つのプログラムは、徳地特産品販売所 南大門さんによる「徳地のお茶煎り体験&野草茶ブレンド体験」

徳地はお茶に恵まれたまち。もとより、山と里の間に、お茶があった。
そのお茶の魅力をもっと知ってほしいと、お茶を煎る体験と、カワラケツメイ茶をベースにいろんな野草をブレンドして、お持ち帰りいただく体験を提供する予定。

20161217 (15).jpg

企てたのは、このひと。徳地特産品販売所 南大門の副所長 元徳地地域おこし協力隊の 北川さん。

森を歩いたそのあとに、森からいづる突板をブックチャームにして持ち帰ったり、自然のめぐみのお茶の形で持ち帰る、しかもそのプロセスを体験するこの2つの企画、訪れるお客様にお届けするギリギリ?のタイミングまで練りに練ったプログラムです。
いずれもなかなかない体験と思いますので、よろしければぜひ足をお運びください。

森だけでなく、森林セラピーを伝える場所 野谷分校をプログラムの中でも感じていただけたらいいなと思います。

これから週末までの短い間ですが、ちいさな森カフェのことを紹介します。
引き続きよろしくお願いします。

ちいさな森カフェの開催は、2月26日(日)旧野谷分校を会場に行います。

161223 (18).jpg

森を歩けばココロもカラダもきれい、いよいよ春を迎えるその前に、ココロとカラダにスイッチを入れる森歩きの1日、直前情報になりますが、今から情報提供をしていこうと思いますので、
皆様ぜひお楽しみに。

Posted by 松本 at 20:32 | ちいさな森カフェ2017冬 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/182

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド