CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【ちいさな森カフェの仲間たち その2 〜山口市健康増進課第三担当〜】 | Main | 【2月16日(木)森歩きと石風呂の一日〜珈琲焙煎ワークショップ〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【2月15・16日 林業女子会@山口さんとの木育広場作り】[2017年02月16日(Thu)]
森林セラピー基地で活動する森の案内人の会、森林セラピーを伝える場所である野谷分校の場所づくり、2月15・16日は、林業女子会@山口さんとコラボの木育広場づくりに挑みます。

森の大切さ、森が与えてくれるかけがえのないものについて、肌感覚でわかっているのはおそらく日々すこやかな成長を間近に感じている女性ではないかと思ったり。
だからこそ、林業女子会@山口から、山口県産材を用いた木育広場の提案があったのだと思わず納得したり・・。

この両日、森の案内人と森林セラピー山口ボランティアスタッフ、林業女子会@山口のメンバーが集い、長門市のシンラテックさんのA級材のフローリング材を、床に置き、壁に張るという作業を行いました。

2017-02-15 12.48.03.jpg

作業を円滑に進めるためにいろいろ検討した結果、大工さんHさんのリードにより作業開始。Hさん、最初は、木材を使って、「ものさし」を作ります。

2017-02-15 12.48.00.jpg

コンセントの部分の口をあける難所は、Hさんがしっかり手当します。
その間に、女子会メンバーとスーパーバイザーのボクは、フローリング材の端を切りそろえます。

2017-02-15 19.19.55.jpg

そうこうしている間に、難所のコンセントが完成。プロ仕様です!(プロなのですが・・。)

16602701_1043739669065029_897661138539021185_n.jpg

Hさんの指導により、壁面にフローリング材を貼っていきます。
ヒノキの香りがして、すべすべした材に触って、だんだん居心地がいいスペースが広がっていって、楽しい!

2017-02-15 12.48.19.jpg

大工のHさん、ひと仕事を終え、えがったえがった。
いろんな人がちょっとずつ力を出し合い、こういう場所づくりが進んでいます。

2017-02-16 19.42.28.jpg

木に向かい合う、森の案内人も、自然と真剣な面持ちに・・。

2017-02-16 15.18.05.jpg

2017-02-16 13.59.17.jpg

市の担当職員さんも、林業女子会@山口さん・森の案内人の会が協働しての作業に協力します。

2017-02-16 14.28.10.jpg

フローリング材の端っこをペーパーでごしごし、手作りで安全な木育広場が出来ていく感じ。

2017-02-16 15.22.24.jpg

ビス止めしたビスには、今回、白いペイントをしました。
水玉のようでかわいくていい感じ。

2017-02-16 15.22.17.jpg

森林セラピーを伝える場所、野谷分校にまた一つ、素晴らしいスペースが誕生しました。
県産材を使った木育広場は、子どもたちが楽しく安全に木に親しむ場所、そして、実際に木を使っている場所。

森を歩いて、森林セラピーを伝える私たち、でも私たちだけではできない、実際に木に触ったり、木を使ったりすることを紹介できたりして、より深く森林セラピーを伝える場所になるはずです。

野谷分校のがまた一つ魅力ある場所になった気がします。
この木育広場、もうちょっとデコしたり、おもちゃを配置したりして、2月26日の小さな森カフェの際には、華々しくデビューを飾るはず。

森林セラピーを伝える場所、野谷分校の木育広場がどうなっていくか、これからも楽しみにしておいてください。


ちいさな森カフェの開催は、2月26日(日)旧野谷分校を会場に行います。

161223 (18).jpg

森を歩けばココロもカラダもきれい、いよいよ春を迎えるその前に、ココロとカラダにスイッチを入れる森歩きの1日、いまから随時情報提供をしていこうと思いますので、
皆様ぜひお楽しみに。

Posted by 松本 at 20:53 | 場所づくり | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/174

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド