CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【2月5日(日):旧野谷分校にこどもの木育広場を準備中】 | Main | 【参加者募集:2月19日〜日暮ヶ岳健康登山〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【参加者募集:2月16日(木)森歩きと石風呂の一日〜森歩き+珈琲焙煎ワークショップ】[2017年02月08日(Wed)]
森林セラピー山口の森の案内人の会と、国立山口徳地青少年自然の家がコラボして行う「ぽかぽか森歩きと石風呂の一日」、今年は午前中にそれぞれことなる15回の森歩きと、午後からの石風呂体験が午前・午後とあわせて体験できるカタチでのご提供。今回が11本目、季節ならではの森の楽しみ方をお届けします。

2月16日(木)は、「森歩き+珈琲焙煎ワークショップ」、一番寒い時期なので、インドアんりーになる可能性もありますが、じつは春待つ森はドラマチック、ちょっとだけでも森歩きが出来たらと思っています。

DSCF0893 (640x480).jpg

冬の森は、光が差し込み歩きやすく、すがすがしさにあふれています。
この冬の秘密を知っておくと、春がすごく楽しみになりますよ。

baisen.jpg

珈琲焙煎体験は、森の案内人Uさんによるレクチャー+体験のご案内。
そもそも珈琲豆とは?美味しくリーズナブルに珈琲を楽しむコツは?など、
珈琲を巡る話題提供とともに、実際に焙煎体験を行います。

聞いてみて、やってみて、理解する。
もしかしたら、珈琲ブレイクへの認識が深まる時間になるかも。
自然のもたらす恵みである珈琲豆、焙煎を通じて、新たな発見があること間違いなしです。

森を歩くとココロもカラダも元気、なんというか、研ぎ澄まされる。
そんな中で、自分でいれたコーヒーを飲む。触覚と嗅覚と、味覚がつながる。
自分と自分がつながるような、おさまりがよくなるような感覚と言えばいいか、
落ち着く感覚が腑に落ちる時間、ぜひ味わっていただきたいと思います。

昼食代と、午後からの石風呂参加費の100円を握って、森林セラピー基地内にある、国立山口徳地青少年自然の家にぜひお越しください。
申込は下記のアドレスを参照してください。
皆様のふるっての参加をお待ちしています。


ぽかぽか森歩きと石風呂の一日〜森歩き+珈琲焙煎ワークショップ〜

森林セラピー山口のイベントページはこちら

森フェスのときとか、珈琲焙煎体験大人気になっちゃうのですけど、今回は、ゆっくり時間をかけてできるはず。平日の日程なのですが、ぜひいろんな方にお越しいただきたいです。

Posted by 松本 at 23:00 | 森歩きと石風呂の一日 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/169

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド