CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【2月3日(金)森歩きと石風呂の一日〜みんなで作るヒノキの小径〜】 | Main | 【参加者募集:2月16日(木)森歩きと石風呂の一日〜森歩き+珈琲焙煎ワークショップ】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【2月5日(日):旧野谷分校にこどもの木育広場を準備中】[2017年02月05日(Sun)]
森林セラピーを伝える場所、旧野谷分校。
この2月26日開催予定の小さな森カフェでは、昨年開催の国立山口徳地青少年自然の家から会場を移して、今回はここが春待つ森歩きのスタート地点になる予定。

そのとき、ここに子どもたちのための木育広場が出来ないかとお声かけしてくれたのが林業女子会@山口さん。会員に森の案内人が複数いることもあり、本日会場準備に来られたところ。

子どもの木育広場、県産木材でフローリングを製造されている長門市のシンラテックさんのA級品で作ります。みんなで協力して積み下ろしをして、いざ、作業開始。

2017-02-05 11.27.53.jpg

今回は、会場の一角にフローリングを張るということで、なるべく切断しないで済むように永井板と短い板の組み合わせを考えます。

2017-02-05 12.20.00.jpg

林業女子会のメンバー?最年少の僕も、お手伝い。
これがだんだん板を引きずらなくなったり、気を使っているのがわかる。
やっぱり物腰から伝わっているものなのですね。

2017-02-05 12.49.08.jpg

とりあえず、今日の完成系はここまで、
ヒノキの香りがする、気持ちのいい一画になったと思いますよ。
2月26日は、ここでどんな子どもたちの笑顔が見られるのか、イメージがふくらみます。

2017-02-05 12.19.38.jpg

これからの予定の作戦会議、ちいさな森カフェの木育広場もそうですが、
もっとその先のことも、このフローリング材で出来ることもいろいろふくらんでいきそうな感じでした。

2017-02-05 12.46.49.jpg

これは、林業女子会のメンバーさんの作品。
羊毛を使ったアクセサリー、ちょっと時間をかければできると言われるけれど、
それにしても見事。。

ちいさな森カフェや、森フェスで、こうした体験が出来たらいいな・・。

そう思われた方はどうしたらいいか・・・。
事務局にお知らせか、この投稿にイイネをお願いします!。


ではでは、この木育広場の様子、たまにお知らせできたらと思いますので、どうぞお楽しみに。

Posted by 松本 at 19:00 | 場所づくり | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/168

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド