CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【参加者募集:1月22日(日)森歩きと石風呂の一日〜鳥の巣箱づくりと鳥のおはなし〜】 | Main | 【参加者募集:1月27日(金)森歩きと石風呂の一日〜森のノルディックウォーキング】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【1月22日(日)森歩きと石風呂の一日〜鳥の巣箱づくりと鳥のおはなし】[2017年01月22日(Sun)]
森林セラピー山口と国立山口徳地青少年自然の家がコラボして行う「森歩きと石風呂の一日」15回のシリーズも、15本のうちの8本目、今回がちょうど真ん中、折り返しの会になります。
今日は「鳥の巣箱づくりと鳥のおはなし」、森の案内人とスタッフを含めて総勢12人の会になりました。

2017-01-22 18.47.24.jpg

これが本日の成果物、さてさて、どんな時間になったでしょうか。

2017-01-22 21.20.33.jpg

会の最初は森の案内人Uさんによる鳥のおはなし。
鳥の巣箱、これがいったい鳥さんにとってどんな意味を持つのか、
鳥の子育てのおはなしや、鳥の繁殖に必要な環境の変化など
お話がありました。

今日は、ヤマガラ・シジュウカラ用の巣箱を作ります。
これも、その鳥さんにあった大きさがあるのです。

2017-01-22 18.47.28.jpg

今回は、地元森永製材さんに用意いただいた木材を使いました。
いつも緑の樹は目にするのだけれど、こうして手にする茶色の木材、
のこぎりを手に、切ってみることもなかなかやらない貴重な体験です。
これが、稀代の大工が生まれる最初の一歩であったなんてことにもなるかもしれない。


2017-01-22 18.47.33.jpg

みんなはどうかな?出来ているかな
今日は時間の制約もあり、みんな同じデザインの巣箱でしたが、
端材で作ったり、不格好なものが入居が多いとも言われます。
どんな鳥さんに選ばれるか、楽しみですね。


2017-01-22 18.47.24.jpg

皆様が持ち帰るこの巣箱、庭の木につけてみたいと言われる方が多くおられました。
毎日の暮らしのその傍らに、その場所を選んで鳥が訪れたりすることもあるかもしれない。

親鳥が雛に餌をあげる。
それは一羽あたり一日何百匹にも及んでいて、
親鳥と雛達が繰り広げるいのちの営み。

そういう鳥たちのさえずりに、ちょっと耳を傾けてもらったら
ちょっと豊かな一日が生まれるかも・・


国立山口徳地青少年自然の家と連携した「森歩きと石風呂の一日」
今日はいかがだったでしょうか?
寒い一日でしたが、こんなこともあろうかとインドアのプログラムをお届けしました。

森林セラピー山口と、国立山口徳地青少年自然の家がコラボする森歩きと石風呂の1日、
次回は1月27日(金)森のノルディックウォーキング

全身の筋肉の90パーセントを使い、フィットネス効果の高いノルディックウォーキングを体験します。しっかり歩いたそのあとは、国立山口徳地青少年自然の家の石風呂で体をあたため、しっかり体を癒す時間になればと思います。

詳しくは、イベント情報からお尋ねください。



さて、あらためまして、開催一か月前が近づいてきたので、告知です。
来月2月26日(日)旧野谷分校を会場に、ちいさな森カフェを開催します。

161223 (18).jpg

森を歩けばココロもカラダもきれい、いよいよ春を迎えるその前に、ココロとカラダにスイッチを入れる森歩きの1日、いまから随時情報提供をしていこうと思いますので、
皆様ぜひお楽しみに。

Posted by 松本 at 19:37 | 森歩きと石風呂の一日 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/162

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド