CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【1月5日(木)森の子くらぶ 風火水土の森を巡るネイチャービンゴ 】 | Main | 【中止決定:1月15日(日)年の初めは日暮ヶ岳健康登山】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【1月7日(土)・1月8日(日)森の案内人フォローアップ講座&月例会】[2017年01月08日(Sun)]
森林セラピー山口 森の案内人の会、この1月7日・8日は、親睦新年会を兼ねて、森の案内人フォローアップ講座と、長者ヶ原一周ウォーキングのイベントに参加する森の案内人の会月例会でした。

あいにくの天候のため、8日の長者ヶ原一周ウォーキングのイベント自体は中止としましたが、代わりに担当案内人によるインターバルウォーキングのレクチャーを行うこととし、午後からは、2月開催予定の「みんなで作るヒノキの小径」の下見を行いました。

2017-01-07 16.15.21-1.jpg

フォローアップ講座、今回は、少年自然の家外部指導員の田村さんを講師に、TAP(徳地教育アドベンチャープログラム)の体験でした。
3時間の間に、ココロをあたため、体を動かし、課題解決にチャレンジしました。

2017-01-07 17.01.43.jpg

とある活動の中では、約45分の間に、幾度かのチャレンジ。最初の記録から、記録が伸びなかったところもありながら、最終的に目標設定したタイムを大きく上回る結果をたたきだしました。

タイムや結果、それだけでなく、その途中、実はプロセスが大事ということが体験できたでしょうか。

2017-01-08 10.19.23-1.jpg

翌日8日は、森の案内人Kさんを講師に、インターバルウォーキングの体験。
Kさんの腕のスイングは美しく、日ごろからノルディックウォーキングで鍛錬されているだけあり、説明もわかりやすかったです。内部のメンバーによる相互研修、これからも続けていきたいです。

2017-01-08 15.31.46.jpg

インターバルウォーキングは、少年自然の家の通路で行いました。
時間を区切って強度の強い歩きと、ゆっくりの動きを交互に行います。
これにより、ダイエット効果、運動効果がたかまるとのこと。
トレッドミルよりも森を歩こう、こういう体験も提供したい。

2017-01-08 13.55.41.jpg

8日の午後からは、天候も回復。
2月開催予定のイベントで、
昨年整備した、森の休憩スポットに至る新たな歩道を開くためのの下見の作業をおこないました。

みんなで作るヒノキの小径、こうした活動の充実感、多くの人と分かち合いたいですね。

2017-01-08 14.04.58.jpg

訪れる人が、こころを安らげ、気持ちを落ち着かせるこの森、実は、美しいアサギマダラの食草となる植物があり、なんとアサギマダラちゃんもいたりして・・。
またこの森の秘密を一つ知りました。

この幼虫を見守ることは、この場所を訪れた人と分かち合う遠い約束。
みんなには内緒だよ、なんてね。

森林セラピー山口の森の案内人の会、一見シーズンオフにみえるこの時間にも、体験を重ね、発見を分かち合い、少しずつかもしれませんが、前に進んでいるところ。

私たちの研鑽の成果、また森歩きに活かしていきたいと思います。
参加された皆様、お疲れ様でした、ありがとうございました。

Posted by 松本 at 20:12 | 会議・ミーティング | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/159

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド