CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【12月23日(金・祝) 森歩きと石風呂の一日〜森林セラピストと歩くはじめての冬の森〜】 | Main | 【 2016 森林セラピー山口 今年の重大ニュース 】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【12月25日(日) 森の子くらぶの打ち合わせと棚作り】[2016年12月25日(Sun)]
国立山口徳地青少年自然の家が、小学三年生・四年生のおひとり参加で募集をするキャンプ「森の子くらぶ」。
1月は、1月5・6日、28・29日の二度開催の予定。
すでに定員の50人の募集は終了しているので、100人の子どもたちが参加予定。

今回は、森の案内人もプログラムに参加予定。
ネイチャービンゴの一つのミッションの中で、なにがしかの体験を提供する、ということで今日はその打ち合わせでした。

2016-12-25 12.04.15.jpg

この企画、延べ16人の案内人が参加予定ということで、今日の会に集まったメンバーも、事務局含めて14人、中身の濃い打ち合わせになりました。


2016-12-25 12.04.56.jpg

森を歩くと手に入る四つのチカラ、
子どもたちに伝えたいことはたくさんたくさんあるので
そこからいろいろ絞っていくことが実はとっても難しい。
時間の制約もある中で、いろんな工夫をしたり想定をしたり・・。
年明けすぐの活動なので、年末まで準備は続きます。

森の子くらぶへ参加の皆様、いい活動になるよう準備しますので、どうぞお楽しみに。

2016-12-25 16.08.08.jpg

ときを同じくして、大工の日高さんが、調理室の棚板をつけてくれました。
これだけでもまた少しすっきりしました。

棚板、あと2枚つけられるように準備をしてくださっているので、
また一段と使いやすくなると思います。

今日はクリスマス、年末まで活動はまだ続きますが、
そろそろ新年を迎える準備もいろいろはじまっているはず。
こんな日にこうした活動に参加いただき、どうもありがとうございました。



Posted by 松本 at 20:08 | 場所づくり | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/155

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド