CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【参加者募集:12月15日(木)森歩きと石風呂の一日〜森のノルディックウォーキング〜】 | Main | 【12月11日 森の案内人の会月例会〜大掃除とふりかえりの会〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【参加者募集:12月17日 南大門&旧野谷分校 コラボ しめ縄作り体験】[2016年12月07日(Wed)]
寒くなってきましたね。
年末を控え、そろそろ来年への準備を迎えておられる方もおられると思います。

徳地特産品販売所 南大門と、旧野谷分校のコラボ企画として、しめ縄づくりの企画をしましたので、ご案内します。

しめ縄、といえばお正月のお飾りですが、しめ縄(注連縄)には、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。

ご神木や、神社の鳥居の縄もそうだと思いますが、しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も果たすとのこと。
そういえば、女人禁制とされる土俵にも縄があり、力士を代表する横綱なんかはまさに神様に等しい存在として、立派な綱を締めています。

このお正月飾りのしめ縄、用いられている植物には、それぞれ意味があって、清廉潔白を表す「裏白」、家系を譲って絶やさず子孫繁栄を願う「譲り葉」、代々栄えるよう願う「橙」などがあります。
来年の平安を願うしめ縄飾りにも、植物に親しむ日本の文化が息づいています。

そういう意味合いを噛みしめてみると、しめ縄作りもまたちがった趣でできそうな感じ、ではないですか?と・・。

・・・前置きが長くなりました。詳細は下記のとおりです。

日時
 12月17日(土)
 10:00−12:00

場所
 野谷集会所(山口市徳地野谷1842)
 ※お車は向かいのスペースに駐車ください。

講師
 梅田英明さん

参加費
 500円(お茶付)

持ち物
 特になし。汚れてもよい服装でお越しください。

参加申し込み
 12月14日(水)までに森の案内人の会事務局までメールにて申し込み
 ytherapy★c-able.ne.jp(★を@に変えてください)

皆様の参加をお待ちしています。

notani.jpg
会場となる旧野谷分校

Posted by 松本 at 22:11 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/147

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド