CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【参加者募集:12月10日 竹林整備体験】 | Main | 【アフリカの椅子プロジェクトその3:「野谷分校にちょるるあらわる」】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【12月4日開催 「小さな冬芽の観察会」の下見終了】[2016年12月01日(Thu)]
森林セラピー山口の森の案内人の会と、国立山口徳地青少年自然の家がコラボしてお届けする15回連続企画「森歩きと石風呂の一日」、4回目の午前の部は「小さな冬芽の観察会」です。

冬の森は、光が差し込み、虫もいないすごしやすい空間。
装備を整えて、きょろきょろ目をやれば、そこにはいろんなファンタジーが。


huyume.jpg

森の妖精、神話の巨人、猛々しい猛獣や、伝統工芸のような逸品など、
自然がもたらす造形美に出会えるかも。

そしてそれは、そこに生きる植物たちにとって、必要な構えであったり、しつらえであるのかも・・。

「森林セラピー山口で森の案内人やってます」さんの写真をいろいろ紹介しています。
12月4日の「森歩きと石風呂の一日〜小さな冬芽の観察会〜」にどうしても参加できないけれども、こういう森歩きがしてみたいというあなた、ぜひ、いつでも申し込みが可能な、森の案内人との森林散策をお申込みください。

この冬を越える物語、必ず春が楽しみになります。
だって、冬の間準備していたモノが、花ひらく、それがいくたびも楽しめる。
こんなうれしいことはない。

楽しい春が来てほしい、そのために、まず冬芽を探す小さな旅、ぜひ皆様におススメします。



Posted by 松本 at 22:12 | 森歩きと石風呂の一日 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/143

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド