CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 【森フェスの記憶〜大人と子どもの森のアトリエ〜】 | Main | 【森フェスの記憶 森の冒険広場〜ポンタからの挑戦状〜】 »

カテゴリアーカイブ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【10月31日 滑マツ保存会 現地踏査の会に森の案内人が参加しました】[2016年10月31日(Mon)]
森林セラピー基地内に広がる滑山国有林。
今日はその最深部、飯ヶ岳周辺に広がるいつもは入ることのできない一帯に
滑マツ保存会の一員として、森の案内人が現地踏査に同行しました。

以下、森の案内人の会湯川会長からのレポートをお届けします。

滑松保存会の活動に参加して来ました。
今回は、現地視察と稚苗の植え付けを行いました。

久しぶりに樹木医の藤原先生のお話が聞け勉強になりました。
最後の写真は三本杉です。この木も素晴らしい(^.^)
徳地の森の巨人たち、ぜひ皆様にも会いに行ってほしいと思います。



namera01.jpg

前回採取した滑の松の稚樹を、大切に育てて、今日植え替え作業を行います。

namera02.jpg

松の葉を食害する害虫だそうです。
この位なら松を枯らすことはないとの事でした。
駆除は鳥にまかせすることにします。


namera04.jpg

森の案内人の会からは、4名、
山口市森林活用・セラピー推進担当から2人が参加しました。

地域の森のこと、ここでみて、聴いて、体験したこと、
お客様にお伝えできるように、忘れないように持ち帰ります。

namera03.jpg

苗の植え付け、参加者全員でがんばりました。

namera05.jpg

帰り道で立ち寄った三本杉です。推定300歳との事。
おそらく、江戸時代、8代将軍の頃の時代にはじまった生命かと・・。
歴史を感じます。

今日植えた苗木が立派な滑松になる事を祈っています。
200年後にまた会いましょう!



※森林セラピー山口で森の案内人やってます さんのフィードをシェアします〜。

Posted by 松本 at 21:55 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/archive/121

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
タグクラウド