CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。
カテゴリアーカイブ
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【更新情報とおススメ記事】[2022年12月31日(Sat)]
森林セラピー山口のブログ 日々森好日 へようこそ!

今年は花に恵まれた春でした。
そして、季節はこれから夏を迎えようとしています。
朝夕の涼しげな空気は、今だけのもの。
これから夏の盛りへ向けて、森は日々変化を続けています!

そして、第11期の森の案内人養成講座の募集を開始しました。
森の案内人になり、森林セラピー山口の活動に携わりたい方は、ぜひこちらをご覧ください。

DSC_0012.JPG

イベントよりもより深く森林セラピーを味わうことができるのは、
森の案内人と歩く、森林セラピーガイドツアーです。
申し込みページはこちら
森の案内人との森林散策は、日時指定の森歩き。お友達やグループでの森歩き。
あなただけのとっておきの森林セラピー体験をお考えでしたら、ぜひおたずねください。


《近日開催のイベント情報》


5月21〜22日 森アソビと1Dayキャンプ
5月22日(日)カヌーでウォッチ!初夏の森旅
6月19日(日)森の案内人養成講座 1日目
7月10日(日)森の案内人養成講座 2日目
7月31日(日)森の案内人養成講座 3日目


【これまでの大規模企画のメモリアルページです】
これまでの森フェスやちいさな森カフェの記録をどうぞごらんください。

【2019年5月6日 森フェス 〜癒しの森のネイチャーライフ元年〜】
【2018年11月18日 森フェス 〜ポンタの一日一善〜】
【2018年5月4日 森フェス 〜野遊び温故知新〜】
【2018年3月11日(日)「ちいさな森カフェ」】

【2017年5月7日 森フェス 2017 春】

【2017年2月26日(日)「ちいさな森カフェ」】

【「森歩きと石風呂の一日」特集】
【2016年10月23日(日)森フェス 2016秋】

Posted by 松本 at 00:00 | はじめに | この記事のURL

【森の案内人になりませんか?〜国清さんのオススメ】[2022年05月23日(Mon)]
森林セラピー山口では、来月6月19日から、第11期の森の案内人養成講座を開講します。
森の案内人、と言っても一人一人の森の案内人は、それぞれちがうので、養成講座の準備方々、先輩森の案内人から、養成講座並びに森の案内人になることについてのお誘い?メールをいただきましたので、ぜひご覧ください。
第一回は、森の案内人国清さんからのオススメです!

E9A48AE68890E8AC9BE5BAA7EFBC93E697A5E79BAE20(8)-thumbnail2.jpeg

【森の案内人になりませんか?国清さんのオススメ】

森林セラピー山口の森の案内人活動は、お客さまをガイドする活動です。
とはいえ、ご案内している私たち自身も森に癒されて、明日への活力をいただいています。

コロナ禍にあっても言ってみればオープンエアなフィールドで、たくさんの笑顔に出会えます。
そして、巡る季節を身近に感じることで、毎年感じる季節感が、よりはっきり見えるような気持ちになります。

そんな私自身が好きなフィールドは、長者ヶ原エリアです。
国立山口徳地青少年自然の家のフィールドに広々と芝生が広がり
森林安息体験にぴったりな木洩れ日や原っぱがありますよ。

活動に携わる中で、嬉しかったのは、ご案内したお客様が、その後、養成講座を受けられて森の案内人になってデビューしてくれたことと、小さなお子様の森デビューに立ち会えたこと。
きっとその方にとって大切な時間になる、と思って嬉しい気持ちになりました。

森の案内人活動に携わって、一番嬉しいことは、こんなふうに、森と人との一期一会の瞬間に出会えることです。

森の案内人養成講座は、森や自然、樹木や草花が好きな方はもちろん、社会のために一役買いたい、と思われている方や、まちづくりなど市民参加・参画型の活動に関心がある方にもおすすめできます。

すでに何かの活動をしている方にとっても、何かのヒントになると思いますので、ぜひ、ピンと来られた方は、森の案内人養成講座にご参加をご検討ください。

申し込みについては、下記を参照ください。

(以下、森林セラピー山口公式ウェブサイトから転載)

森の案内人養成講座(第11期)
【開催日】6月19日(日)・7月10日(日)・7月31日(日)※全3日間

山口市徳地森林セラピー基地で活動する「森の案内人」になるための講座です。

森林セラピーレジスタードマークとは、科学的に解明された森林浴効果のこと。
この講座では、森林セラピーレジスタードマークを体験的に学び、ガイドとしての基本を習得します。

森を歩いて元気になる、まずは自分自身から体験してみませんか。

新型コロナウイルス感染症に係る対応
@ 今後の状況により開催中止となる場合があります。
A 開催期間中、以下に当てはまる方は受講をお控えください。
▸▸お住まいの地域に移動制限要請等ある方。
▸▸開催日から10日以内に(同居のご家族を含め)移動制限要請ある地域への訪問がある方。
▸▸開催日から10日以内に(同居のご家族を含め)発症者と濃厚接触された方。
▸▸開催日から10日以内に発熱(平熱から1℃以上の差)や、咳や味覚異常などの症状がある方。
Bお申込みの方には別途「二次案内」をお送りします。感染症対策をご確認のうえご参加ください。

開催日時
6月19日(日)・7月10日(日)・7月31日(日)
※全3日間(雨天実施)
※いずれも9:00〜15:30

会場
@国立山口徳地青少年自然の家(山口市徳地船路668)
A森林セラピー山口(山口市徳地野谷1842)

対象
@18歳以上で森の案内人として活動する意欲のある方
A全3日間受講できる方

認定要件
合計3日間のカリキュラム履修
※受講後、山口市から認定証が交付されます。

開催日時
 2022年6月19日 @ 9:00 AM - 3:30 PM

開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家ほか
 山口市徳地船路668

参加費
 受講料3,000円(資料代等)

主催
 山口市(運営:一般社団法人もりとわ)
 TEL0835-56-5234

募集人数
 20名程度

持参物
 受付後、二次案内で詳細をお知らせします。

申込期限
 6月10日(金)

申込方法
 「受講申込書」に必要事項を記入の上、郵送、メール、FAXのいずれかでお申込みください。

受講申込書 (Wordファイルが開きます)

【申込先】
一般社団法人もりとわ(担当:岸本)
〒747-0401山口市徳地野谷1842
TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235

申込メール
 ytherapy☆c-able.ne.jp ※☆を@に変えてください。

個人情報の取り扱い
 受講申込書でいただいた住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、保険加入に使用するほか、行事の中で感染症の感染者が発生した場合、保健所等の公的機関へ提供することがあります。


Posted by 松本 at 21:36 | 2022森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【第11期森の案内人養成講座を開講します】[2022年05月14日(Sat)]
山口市徳地森林セラピー基地で活動展開を行う森林セラピー山口の中核は、100名弱の森の案内人の会です。山口市徳地の森で森林セラピーに携わりたいというさまざまな想い・知識・経験を有するメンバーで構成されています。

森の案内人の会で活動するためには、市が開催する森の案内人養成講座を修了し、森の案内人としての認定を受けることが必要です。

今年度開催の森の案内人養成講座は、6月19日・7月10日・7月31日です。
三日間を通じて、森林セラピーを体験的、納得的に理解し、森の案内人として活動をするための基本的な知識を習得するとともに、現在の森林セラピー山口の活動について理解を深めます。

森の案内人になると、森林セラピー基地を中心にさまざまな活動に携わることができます。

・ガイドとして来訪者との交流をし、みんなとてもイキイキしています。
・森の案内人さんは、それぞれ感度が高く、お互いからさまざまな発見や、学びが!
・森林セラピーに携わることでこれまで経験したことのないアクティビティや楽しさに出会える。。

他にもたくさんのいいことがあるかも・・。

これから、来月の申込期日まで、こうして森の案内人養成講座の魅力を、森の案内人さんの言葉を通じて、ご紹介していきます。定員が限られているので、ぜひお早めのお申し込みをお勧めします。

徳地の森で、森林セラピーのガイドをする・・。
・・・ちょっといいかも!
ご興味のおありの方は、ぜひお気軽にお問合せください。



E0391294-5AE2-4D0E-8F48-11283A45F483.jpeg


(以下、森林セラピー山口公式ウェブサイトから転載)

森の案内人養成講座(第11期)
【開催日】6月19日(日)・7月10日(日)・7月31日(日)※全3日間

山口市徳地森林セラピー基地で活動する「森の案内人」になるための講座です。

森林セラピーレジスタードマークとは、科学的に解明された森林浴効果のこと。
この講座では、森林セラピーレジスタードマークを体験的に学び、ガイドとしての基本を習得します。

森を歩いて元気になる、まずは自分自身から体験してみませんか。

新型コロナウイルス感染症に係る対応
@ 今後の状況により開催中止となる場合があります。
A 開催期間中、以下に当てはまる方は受講をお控えください。
▸▸お住まいの地域に移動制限要請等ある方。
▸▸開催日から10日以内に(同居のご家族を含め)移動制限要請ある地域への訪問がある方。
▸▸開催日から10日以内に(同居のご家族を含め)発症者と濃厚接触された方。
▸▸開催日から10日以内に発熱(平熱から1℃以上の差)や、咳や味覚異常などの症状がある方。
Bお申込みの方には別途「二次案内」をお送りします。感染症対策をご確認のうえご参加ください。

開催日時
6月19日(日)・7月10日(日)・7月31日(日)
※全3日間(雨天実施)
※いずれも9:00〜15:30

会場
@国立山口徳地青少年自然の家(山口市徳地船路668)
A森林セラピー山口(山口市徳地野谷1842)

対象
@18歳以上で森の案内人として活動する意欲のある方
A全3日間受講できる方

認定要件
合計3日間のカリキュラム履修
※受講後、山口市から認定証が交付されます。

開催日時
 2022年6月19日 @ 9:00 AM - 3:30 PM

開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家ほか
 山口市徳地船路668

参加費
 受講料3,000円(資料代等)

主催
 山口市(運営:一般社団法人もりとわ)
 TEL0835-56-5234

募集人数
 20名程度

持参物
 受付後、二次案内で詳細をお知らせします。

申込期限
 6月10日(金)

申込方法
 「受講申込書」に必要事項を記入の上、郵送、メール、FAXのいずれかでお申込みください。

受講申込書 (Wordファイルが開きます)

【申込先】
一般社団法人もりとわ(担当:岸本)
〒747-0401山口市徳地野谷1842
TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235

申込メール
 ytherapy☆c-able.ne.jp ※☆を@に変えてください。

個人情報の取り扱い
 受講申込書でいただいた住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、保険加入に使用するほか、行事の中で感染症の感染者が発生した場合、保健所等の公的機関へ提供することがあります。

Posted by 松本 at 23:58 | 2022森の案内人養成講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【4月17日(日)イベントレポート〜要害岳健康登山〜山笑う春の巡拝路】[2022年04月17日(Sun)]
森林セラピー山口の健康登山部会がおくる健康登山企画、合言葉は、健康のために山に登ろう。
徳地地域の山を中心に、初心者向けの登山企画を実施し、みんなで健康に、みんなで元気になろうというイベント活動です。

この日の集合場所は、徳地地域交流センター。目指す頂は、要害岳。
麓の山口市立中央小学校の校歌にも歌われる、県央部の交通の要衝を見下ろす頂です。
昌福寺の裏山からの道にはお地蔵さんがいっぱい、なのでこの日のイベント企画名は、「要害岳健康登山〜山笑う春の巡拝路」です!

参加者は4名のお子様を含んだ一般23名とスタッフ10名の合計33名です。

お天気は日本晴れ。
開会後、3班に分かれて出発し、昌福寺横の巡拝路から登山を開始しました。

@昌福寺.jpg

登り始めはコバノミツバツツジを愛でながら、合間に小休止&水分補給。

C急登(2).jpg

開始から約1時間で最奥の石仏を通過。

B最奥の石仏.jpg

ここからは急峻な上りがあり、歩き方をレクチャーしながら山頂へ向かって一歩ず
つ。

C急登(1).jpg

道中、タカノツメの新芽を味わったり、谷筋でウラジログライダーを楽しんだり、
クマの(古い)爪痕に驚いてみたりと、参加者同士の交流も賑やかでした。
11時過ぎから要害岳山頂に到着「景色最高〜!」。

D山頂 (2).jpg

到着順に昼食休憩。
この間、復路の行程が長いことからリーダー同士で往路の様子をシェアして班を再編
成。一部が往復コースを希望されました。

F射場ヶ浴コース(1).jpg

12時過ぎから復路出発(1・2班は周回、3班は往復)。
射場ヶ浴コースからは、芽吹きと新緑のシャワーに心を躍らせつつ、
足元と前後の間隔とに注意してゆっくり進行。

F射場ヶ浴コース>ぬた場< (2).jpg

13時過ぎ、無事に下山してガッツポーズ!
その後、内藤隆春墓所を経由し14時過ぎに帰着(往復で戻ったチームも同時帰
着)。

I内藤隆春墓所.jpg

皆様一様にツヤツヤした表情の中、お子様達はお土産のウラジロを片手に閉会・お見
送りとなりました。

G無事下山>ウラジログライダー<.jpg

この日の様子は、森の案内人ガクさんのYAMAPレポートもどうぞ。

Posted by 松本 at 23:48 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【4月13日(水)イベントレポート〜白石山探訪登山〜岩と樹木と昔話】[2022年04月13日(Wed)]
コロナ禍における森林セラピー平日開催の少人数イベント、今年2度目の開催は、「白石山探訪登山〜岩と樹木と昔話」です。
今回登る白石山は、こんなお山です!

map.jpg

イラストにあるたくさんの印は、岩、岩、岩、この山は、たくさんの岩と伝承のあるお山なのです!
参加者は一般7名、森の案内人と合わせて9人のパーティです。

集合場所から、各自の車で一路白石山登山口へ移動し、開会。
まずは全員で自己紹介・準備体操等を行って10時から登山を開始です。

10時00分 登山開始.jpg

平日にゆっくり登るというのは実に贅沢。ゆっくり登り、ゆっくり時間を味わう・・・。

9時57分 クロモジ>樹木観察<.jpg


合間に、クロモジの花と香り、草花観察、タカノツメの若芽やタムシバの花びらの味など、五感をフルにして楽しみました。

10時46分.jpg

「大岩」で景色鑑賞&小休止。

10時29分 大岩(1).jpg

その後も巨岩が続き、岩の中に安置された「白石観世音」もご案内しました。

11時11分 白石観世音.jpg

「接待岩」で白石山の昔話をご紹介したあと再出発。

11時15分 接待岩.jpg

「物見岩」を経由し白石山山頂に到着しました。

11時34分 白石山山頂>三角点のお話<.jpg

折り返して「物見岩」で昼食休憩です。

11時56分 山頂>昼食休憩<.jpg

12時46分 物見岩>昼食後のひととき<.jpg

この間、三座同定と日帰り登山用品の紹介を行いました。

12時14分 物見岩>山座同定<.jpg

12時31分 物見岩>日帰り山用品の紹介<.jpg

見頃のコバノミツバツツジと巨岩巡りとを楽しみ、ゆっくり下山です。

13時30分 コバノミツバツツジ>樹木観察<.jpg

下山後、ゆっくり感想をシェアして、会を閉じました。

この季節の山は良い!
決して高く険しい山ではありませんが、春の息吹を目で耳で、ハートで感じる清々しい森歩きになりました。


Posted by 松本 at 23:08 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:5月8日(日)ポン太の森の大冒険】[2022年04月10日(Sun)]
桜の見頃を過ぎて、徳地の森はさまざまな花が咲く季節になりました。
森林セラピー山口では、例年この時期に開催していた森フェスは、新型コロナウイルス感染症への懸念から、見送られましたが、5月8日(日)にポン太の森の大冒険と題して、森の活動プログラムを提供するイベントを開催することとしました。

大変申し訳ありませんが、少人数での運営を行うため、定員に限りがあります。
参加を希望される皆様には、お早めのお申し込みをお願いします。

詳しくは、下記または森林セラピー山口公式ウェブサイトをご覧ください。

46.jpg

@子どもの森歩き 
大人も子どもも、センス・オブ・ワンダーを楽しみます。
森デビューの乳幼児さんも大歓迎です。

5.jpg

Aポン太とツリークライミング
専用のロープとサドルを使った木登り体験です。
樹に登ることはとてもシンプルですが特別なひとときになります。

35.jpg

Bねぎらい森林浴〜森で心と身体をメンテナンス
鍼灸師・森林セラピストの角田さんとの森歩きとお灸体験で、心と体を労います。

7.jpg

C青空ハイキング〜新緑の日暮ヶ岳
山登りは、全身運動。健康のためにお山に登ろうを合言葉に、長者ケ原を見下ろす日暮ケ岳に、初めての方に合わせて、ゆっくり登ります。

12.jpg

Dガッツリ深めるブッシュクラフト
「ブッシュクラフト」は、より自然と一体になれるアウトドアのスタイル。
自然の中の過ごし方、そのスキルを突き詰めることに没頭するひとときです。


(以下、公式ウェブサイトから転載)

ポン太の森の大冒険

【開催日】2022年5月8日(日)
「Go To Forest!」の魔法にかけられて、とくぢの森に来てみたら、不思議とみんな上機嫌。森の妖精ポン太といっしょに、大冒険のはじまりはじまり。
※事前予約制です。

下記「内容」からご希望の企画を選択し、お電話またはメールで、事前申込をお願いします。
新型コロナウイルス感染症に係る対応
@ 今後の状況により催行中止となる場合があります。
A 以下に当てはまる方は参加をお控えください。
▸▸お住まいの地域に移動制限要請等ある方。
▸▸開催日から10日以内に(同居のご家族を含め)移動制限要請のある地域への訪問がある方。
▸▸開催日から10日以内に(同居のご家族を含め)発症者と濃厚接触または同居されている方。
▸▸開催日から10日以内に発熱(平熱から1℃以上の差)や、咳や味覚異常などの症状がある方。
B参加にあたっては、当日の受付で「参加申込書」のご記入をお願いします。
会場
 国立山口徳地青少年自然の家(山口市徳地船路668)
※雨天中止(中止の場合はお申込者にご連絡します)
内容(企画一覧)

@子どもの森歩き(大人500円、小中学生無料※要保護者同伴)
子どものセンス・オブ・ワンダーを楽しむ森歩き。
森デビューの乳幼児さんも大歓迎です。
■体験時間■
 午前の部(10:00-12:00)/
 午後の部(13:00-15:00)
■定員■
 各部20名程度

Aポン太とツリークライミング(おひとり1,000円※6歳以上推奨・要保護者同伴)
専用のロープとサドルを使った木登り体験です。
森や木となかよくなったら、ポン太がひょっこり現れるかも!?
■体験時間■
 午前の部(10:00-12:00)/
 午後の部(13:00-15:00)
■定員■
 各部親子8組(16名程度)

Bねぎらい森林浴〜森で心と身体をメンテナンス(おひとり1,000円)
鍼灸師・森林セラピストの指導で、前半は森林浴・森林ストレッチ・五感ウォーキング、
後半は毎日のセルフケアに有効なお灸体験を行います。
■体験時間■
 10:00-14:00
■定員■
 10名程度

C青空ハイキング〜新緑の日暮ヶ岳(大人1,000円、小中学生500円※要保護者同伴)
長者ヶ原のてっぺんにある日暮ヶ岳は、標高693m(標高差300m、歩行距離約4q)。
初めての方に合わせてゆっくりと、心と身体が軽くなる山登りです。
■体験時間■
 10:00-14:00
■定員■
 15名程度

Dガッツリ深めるブッシュクラフト(おひとり1,000円※小学生以上推奨・要保護者同伴)
「ブッシュクラフト」は、より自然と一体になれるアウトドアのスタイル。
いざという時に役立つサバイバル術をとことん体験します。
■体験時間■ 
 10:00-14:00
■定員■
 10名程度
【会場のおたのしみ】
ハンモック、スラックライン、森ぼっこ、焚き火、ぶらんこなど。
ご自由にお楽しみいただけます。

開催日時
 2022年5月8日 @ 9:30 AM - 3:00 PM

開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家
 山口市徳地船路668

参加費
 企画毎に設定

主催
 一般社団法人もりとわ(共催山口市)
 TEL0835-56-5234

募集人数
 各企画に定員あり(先着順)

持参物
 マスク、昼食、軽食、飲み物、帽子、活動に適した服装と靴など

申込期限
 4月28日(木)まで※定員に達した場合は受付を終了させていただきます。

申込方法
 参加を希望される方は、下記「申込メール」または「電話」でお申込みください。

※申込受付後、二次案内をお送りします
申込メール
 ytherapy@c-able.ne.jp
※以下を本文にコピー&ペーストして、参加される方全員の氏名・年齢等、必要事項をご入力の上お申込みください。
■氏名
■郵便番号
■住所
■年齢
■性別
■連絡先電話番号
■参加を希望する企画
@子どもの森歩き(午前or午後)
Aポン太とツリークライミング(午前or午後)
Bねぎらい森林浴〜森で心と身体をメンテナンス
C青空ハイキング〜新緑の日暮ヶ岳
Dガッツリ深めるブッシュクラフト

個人情報の取り扱い
 申込でいただいた住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、保険加入に使用するほか、行事の中で感染症の感染者が発生した場合、保健所等の公的機関へ提供することがあります。

Posted by 松本 at 15:24 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【イベントレポート 4月2日(日)カヌーでウォッチ!春色の森旅】[2022年04月02日(Sat)]
4月2日(土)、ふれあいパーク大原湖で「カヌーでウォッチ!春色の森旅」が開催されまし
た。参加者は一般8名、スタッフ3名の合計11名での小規模開催です。

IMG_5329.JPG

ふれあいパーク大原湖の桜は満開のピークです!

P4020504.jpg

午前は「カヌー体験」です。先日の雨で推移が少し回復した大原湖へ!

P4020514.jpg

講師は森の案内人藤村さん。森林インストラクターでもあり、カヌーのインストラクターでもあります。まずは、カヌーのデモンストレーション、見て学ぶ時間です。

P4020530.jpg

それぞれカヌーに乗り込んで、大原湖へ。
慣れてきたところで、一旦上流に向かって飛び込み岩の横まで遡上。
湖面にゆらゆら浮かび、ゆっくりと景色を鑑賞しました。

IMG_5371.JPG

カヌーで全身を動かして、ときにゆっくり水に浮かんでいいきぶん。
お子様の参加者は「うまく漕げるようになったので、今度は一人乗りにチャレンジしたい」
とのことでした。水上の旅、やみつきになるかもですね。

IMG_5382.JPG

上陸後、親水公園の桜並木の下で「癒しの森弁当」。
ここは火野正平さんがNHKこころ旅で、手紙を読んだ場所でもあるのですよね。。

IMG_5379.JPG

癒しの森弁当の中身は、今日はこんな感じ。
約1時間のピクニックを楽しんだあと、各自の車で愛鳥林に移動しました。

P4020534.jpg

午後は「森林セラピー体験」。
準備体操ののち、看板前で森林セラピーのガイダンスを行って散策を開始します。

IMG_5399.JPG

森の案内人との森歩きは、森を五感で味わうだけでなく、
ときには案内人が見つけた森の物語をわかちあってくれたり・・。
この紙芝居はいったい何を伝えたか・・、詳しくは森で!

IMG_5409.JPG

山笑う季節。
鳥さんがいないのを見計って、やまびこ体験。
親子の声と、やまびこが森にこだましました・・。

IMG_5427.JPG

静かな場所で、森に身を預け、安息体験。
香木を味わい、力を抜き、森に心がとけていくような・・・。
短い時間ですが、陽だまりにいつまでもこうしていたいひとときに。。

P4020500.jpg

「カヌーでウォッチ!春色の森旅」は、絶好の好天に恵まれ、好評のうちに終えることができました。
桜の季節はいずれ過ぎていきますが、これからも森にはその季節ならではの魅力が現れます。

コロナ禍に対応した、こうした少人数企画の可能性も引き続き開いてきたいと思いますので、今年も森林セラピー山口をどうぞよろしくお願いします。


Posted by 松本 at 22:16 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【3月19日(土)森の案内人による愛鳥林フィールド整備】[2022年03月19日(Sat)]
春が来ました!
新型コロナウイルス感染症の影響により、集まっての活動がなかなか難しい状況でしたが、3月19日に、愛鳥林の駐車場・広場周辺の整備作業を実施しました。
短時間の活動では、なかなか思い描いたようには進みませんが、それでも20人の森の案内人の手により、しばらく手の入っていなかった植栽木などを手入れしました。

雨が落ちてきたところで、手を置きましたが、やってみると見通しスッキリ、気持ちもスッキリ。
今年度は継続的にこうした整備活動を行っていきたいと考えています。


IMG_6148.jpeg

剪定チームは、マイ脚立を持ち込み、手の入っていないピラカンサなど、チョキチョキ。
軽トラ何車になるか、大仕事でした。

IMG_6157.jpeg

電話ボックス前の朽ち果てた花壇は、ブラインドにもなっていたため、綺麗に撤去。

IMG_6147.jpeg

土管の吸殻入れは、12年前に撤去作業を行ったのですが、
ひとつだけ残っていたので、これは「昔はこんな時代でした」と、残すことに。

IMG_6149.jpeg

収集のために、剪定木は、細かく小切ります。
このほか、山水を取るトイレの取水口の土砂を取るなど、作業をしました。

IMG_6150.jpeg

歩道の隅には落ち葉が積もっていたので、綺麗に隅まで路面を出しました。

IMG_5297 2.jpeg

今回の作業は、20名の参加。これくらい人数がいると、目に見えて作業が進みます。
(写真撮影の時のみ、マスクを外しています)

IMG_6158.jpeg

終了後、森林セラピー山口で、12年前のテレビ放送を確認。
今回の整備作業よりも、もっと広く刈られているの確認。
さまざまな状況の変化はあるとはいえ、そもそも森がすごいスピードで広がっているのは、間違い無さそうです。

森の案内人は、こうした整備活動のプロではありませんが、使わせていただく空間を居心地の良い森林空間にできるよう、ちいさくともできることからはじめていきたいと思っています。

森林セラピー基地のフィールドはこれからどんどん春を表現していきます。
皆様のお越しをお待ちしています。

Posted by 松本 at 16:21 | 森林環境整備活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【イベントレポート 12月12日(日) 親子で探検森歩き〜秘密の原っぱ】[2021年12月12日(Sun)]
12月12日(日)、国立山口徳地青少年自然の家にて「親子で探検森歩き〜秘密の原っぱ」が開催されました。お天気は時折日差しが覗く曇り空、暖かな一日。スタッフと参加者を合わせて35名の方にご参加いただきました。





最初に木の気持ちになる「もくもく体操」。身体ぽかぽか、気持ちもポカポカ!

IMG_5080.jpg

ここから2班に分かれ、探検地図とアイテムを確認して出発です。
なんと今回は、この地図をみながら、秘密の原っぱをめぐります。

IMG_5152.jpg

落ち葉の道をザクザク、ザッザ、いろんなリズムが生まれます。

IMG_5076.jpg

ルーペで覗き込んだ先に自然の神秘が!

IMG_5077.jpg

キノコをのぞき込むと「裏がふわふわー」。

IMG_5082.jpg

お子様達が地図を見て「ここに行きたい」と指差すのは
“ポン太のサウナ”と称した石風呂棟。早速レッツゴー!

IMG_5100.jpg

再び歩き初めて地図にはない道を進みつつ、
いつしか、お子様達の先導で大人達がついて歩く図に。

IMG_5086.jpg

どんぐりの森では小枝に葉っぱを刺して「葉っぱバーベキュー」に挑戦。
大きなトチノキの葉っぱを刺した巨大な串、ぎゅうぎゅう詰めの串などなど。

IMG_5102.jpg

ポンタのジェットコースターという名の滑り台で
「うおー」と雄叫び、それから芝生の斜面をゴロゴロ〜。

IMG_5109.jpg

地球のおへそ では 芝生を駆け回って遊ぶ遊ぶ!

IMG_5111.jpg

ここで30分の自由時間。大人は寝転がって安息に突入Zzz・・・
「イチゴ狩りに行く?」と呼びかけには、お子様達が全員集合。

IMG_5121.jpg

秘密のスポット、斜面はずっと先までイチゴ畑。

IMG_5114.jpg

食べ放題・収穫し放題、せっせと摘んだイチゴを袋の中へ。
「寝てるお父さん(お母さん)にあげる」そうですー。

IMG_5137.jpg

次なるスポットは、“ハイイロチョッキリのすみか。
2班揃って昼食休憩ののち、食後は紙芝居。「ハイイロチョッキリのお話」「ジョロウグモのお話」の二本立て。

IMG_5141.jpg

お子様達はお話の場面々々に反応して、案内人とワイワイやりとりして楽しみまし
た。

IMG_5156.jpg

午後から訪れたのは、“地球を見る丘”。全員で「ヤッホー体験」。
お子様達は何度もトライしていました。

IMG_5162.jpg


原っぱの主人である2本の巨木“くぬぎブラザーズ”は思わずみんなで取り囲み「でかっ!」。

IMG_5167.jpg

お別れの時間に、ドングリ拾いをしているとポン太現る!
ポン太に抱きついたらもふもふの手で頭をなでてもらってみんな超笑顔。


ポン太と今日友だちになったお子様同士、手を振りあって終了となりました。
いただいたアンケートの結果も100点満点。

子どもたちとの探検森歩き、これからの継続したいと思います!
みなさんまた森でお会いしましょう!

Posted by 松本 at 22:44 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0)

【イベントレポート 12月5日(日) 火ノ山連峰健康登山〜展望の岩峰めぐり】[2021年12月05日(Sun)]
12月5日(日)、森林セラピー山口の健康登山部会の活動の一環で、山口県セミナーパーク集合で「火ノ山連峰健康登山〜展望の岩峰めぐり」を開催しました。

参加者は一般・参加者合わせて18名。青空・無風で絶好のイベント日和。

まずは登山口へ移動し、開会のご挨拶のあと、靴ひもを締め直して準備運動。
2班に分かれ、1班はすぐに出発。間隔を空けるため2班は地図読み&歩き方のレクチャーを行って出発しました。

hinoyama20211.jpg

冒頭は急坂の連続で、登り方に加えて常設ロープの使い方を助言。
お子様達は大きな段差も自力でクリア!

hinoyama20212.jpg

こまめに休憩を設けて衣類調整と水分補給を促し、合間で樹木解説&景色鑑賞。
参加者同士もすっかり良い雰囲気で見つけたものを教え合ったりされていました。

hinoyama20218.jpg

分岐からの稜線では大海山一帯が望め、次回の大海山健康登山をPRすると、
真っ先にお子様達から「ママも連れて一緒に行きたい!」との声。

hinoyama20219.JPG

予定通りに火ノ山山頂到着し、180度の眺望を前に山座同定。
山頂のスイーツ“シャシャンボの実”はおかわり続出の人気ぶりで、
長めの休憩中は三角点のお話や山口湾干拓、祀られている祠の由緒等もご紹介しまし
た。

hinoyama202111.JPG

hinoyama202112.JPG

火ノ山をあとにしてこの先はアップダウンの道。
岩登り箇所ではスタッフが先回りして目標を示すと全員が挑戦され、
登りきったご褒美の景色に「きれーい!!」。

hinoyama202113.JPG

その後、陶ヶ岳までは腹式呼吸をしたり、
バードコールを鳴らして野鳥たちの反応に耳を澄ましたりと
ゆっくりと進行して陶ヶ岳山頂に到着。

hinoyama202116.JPG

早速、日向ぼっこのお弁当タイム。
食後の登山用品の解説も好評でした。

昼食後、下山では、注意力が散漫になる時間帯なので、時々下りの注意喚起しながら、ゆっくり下りました。

下山後に一般道からふりかえって今日歩いたお山を眺めると、まさに岩峰めぐり。
皆様一様に達成感を感じておられるようでした。

hinoyama202115.JPG


健康のために山に登ろう、それが健康登山の醍醐味。
登山は、長時間有酸素運動ができる、健康増進の観点から見ても優れたアクティビティ、こうした機会を通じて、健康のために山に登ろう、という思いを持つ人が少しずつ増えて、森林セラピーだけではないところで、自然に親しんだり、それこそ市外の山に挑んだり、少しずつスキルを育む人が増えたらいいですね。

Posted by 松本 at 23:02 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【イベントレポート 11月14日(日)ポン太の森の大冒険】[2021年11月14日(Sun)]
11月14日(日)、国立山口徳地青少年自然の家を会場に、森林セラピー体験イベント「ポン太の森の大冒険」が開催されました。

参加者はスタッフを含めて総勢144名となりました。
会場には、焚き火やツリーハウスのお楽しみコーナーを用意し、紅葉の最盛期の森を舞台に、6種類のプログラムが行われました。

@子どもの森歩き(午前・午後)
A癒しの森の養生訓〜森歩き&お灸体験
Bノルディックウォーキングで秋の森めぐり
Cポン太とツリークライミング(午前・午後)
Dゆる山ハイキング〜秋色の日暮ヶ岳
Eゼロからはじめるブッシュクラフト

もともと予定変更となる前は、森フェスの予定日だったこの日、残念ながら企画段階で中止になってしましましたが、第5波収束後、久しぶりに開催したミニフェスティバルは、森や自然、人と人とがとってもフレンドリーに過ごした一日となりました。

皆様、ご参加いただき、また運営にご協力いただきどうもありがとうございました。

会場の様子のの写真をご紹介しますので、よろしければご覧ください。
森フェスが開催できるようになるのは、まだ少し時間がかかると思いますので、できるところから始められたらと思っています。


1.jpg

空は快晴、空気は清浄。
森歩きに最高の1日が始まりました。

2.jpg

森歩きの出発は、もくもくストレッチから。楽しみながら、体を動かします。

3.jpg

森となかよし研究所のメンバーもヘルメットと道具のセットアップに手を動かします。

5.jpg

ポン太とツリークライミング!一緒にポン太もツリークライミング指導!

6.jpg

ツリークライミングでお世話になるエノキ。
今日も子どもたちや大人たちを支えてくれます。

10.jpg

大きな木に抱かれて、一緒に木登り。
親子で初めての体験は、あんまりなくって、尊いと思います!

11.jpg

焚き火のお茶会にも、森の妖精ポン太が登場。
・・火が着きませんように。。

11-2.jpg

ブッシュクラフト体験はロープワークから。結び目って奥が深い。。

12.jpg

火起こしのたいけん。男の火遊び、って言っていいですか?。

13.jpg

ブッシュクラフトに没頭する皆様。もはや、無心。

14.jpg

ポン太、人気。。得意技は、ぐしゃぐしゃむぎゅー(子どもたち興奮)

33.jpg

森の中でみんなが集めたものを、それぞれご披露。

34.jpg

お皿の中は森のご馳走!
彩豊かな逸品をご賞味あれ!(目で味わいましょう!)

35.jpg

森の中のお灸体験。1日の疲れを取る方法を持ち帰りいただきます。

36.jpg

森林安息の時間。何かをしなければならないということを忘れるひととき。
この時間が大好きだという方も。

41.jpg

腰を下ろして、お昼の時間。
美味しい空気、穏やかな時間。自ずから美味しく感じるというもの。

42.jpg

空に続くような緩傾斜の遊歩道を、森歩きグループが進みます。

43.jpg

今回のお客様の中には、ベビーカーでの登場も!
全てではありませんが、道幅広く森を感じれるコースを選びます。
次はこっちにいってみましょう!


44.jpg

この季節の森は、虫がいなくて、葉っぱも落ち始めて
とっても過ごしやすい。
葉っぱが落ちて無くなる前の秋の森。

45.jpg

落ち葉が耳に優しい音をたて、森の奥に進んでいきます。

46.jpg

ルーペを覗き込めば、そこに見えるのは?
見える世界は人によってちがうかも!

47.jpg

やりなさいと言わなくても、遊び方を教えなくても、
しがみついて登っていいものがあれば、そこを登るというもの。

80.jpg

みんなが輪になれる広場は、森歩きの大切な場所。ここで、一息つきます。

85.jpg

森歩きを終えて、帰ってきた皆様は、表情が目に見えてスッキリと。

91.jpg

ポン太を目撃するや、みんなポンタに突撃。

92.jpg

ポン太の周りに輪ができる、マジ大人気。

97.jpg

1日の活動も落ち着き、森の案内人さんも一息。
みんな、こうして腰を落ち着けられるこの場所がとても好きなのです。

98.jpg

日も傾き、そろそろポン太ともお別れのとき。
「まだ帰りたくない、こんなところに住みたい」と言われる方も。。


99.jpg

ポン太は森に帰って行きました。ありがとうポン太、また会おうね!
ぜひ皆様も、またポン太に会いに来てください。

Posted by 松本 at 22:24 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【イベントレポート 11月9日(火)狗留孫山トレッキング〜落ち葉を踏みしめて観音信仰の足跡巡る里山歩き】[2021年11月09日(Tue)]
森林セラピー山口のイベントは、概ね週末、しかも日曜日。それは、お客様が参加しやすいということもあるけれど、スタッフも集まりやすく、一定の規模以上の活動はどうしても週末開催にならざるを得なかったところですが・・。

新型コロナウイルス感染症拡大による影響と言えばいいか、たくさん人が集うことそのものを避けたり、むしろ少人数がいいという方もあるのかも・・・。

そうした背景を踏まえて、11月9日(火)、「狗留孫山トレッキング〜落ち葉を踏みしめて観音信仰の足跡巡る里山歩き」が開催されました。
参加者は、森の案内人2名と、お客様2名の合計4名、なんてプレミアム!

HQGG0858.jpg

お二人なので、自己紹介や準備体操も丁寧に。
実は今回、事前のアセスメントもしっかりとし、頂上を目指さない山登りをすることに。
まずは、狗留孫山は、信仰の山ということで、最初に法華寺にお参り。
『狗留孫山霊場入る』の石碑を通過。

PKIY8952.jpg


参加者は久々の登山とのことでゆったりとしたペースで進みました。
登山道は落ち葉がふかふか、見上げれば紅葉。
途中で和製ブルーベリーと呼ばれるナツハゼを食べ、さわやかな酸っぱさを味わいま
した。

空の合間からキラキラ晴れ間が出て、山頂に向けて背中を押してもらってる感覚。
ウリハダカエデの赤い葉が空に映えます。

OEMS2270.jpg


12時10分、狗留孫山山頂到着(510m)。今回は、鷲ヶ岳までは行来ませんでした。
昼食をとり、クロモジの香りで気分も更にリフレッシュ。

前日の大雨も特に影響なく、危険箇所は声を掛け合って注意深くクリア。
少人数での五感をフルに生かしての山歩きを楽しまれた様子。
1日を通じて、質問や雑談も気軽にできて、終始リラックスした雰囲気でした。

森林セラピーガイドツアーは、こうした小さなグループでの、おもてなしというかお付き合いというか、丁寧なコミュニケーションが1番の醍醐味。
ときに森林セラピーを語り、ときに静かに、そして、感じたことを分け合う語らいは、大きな規模のイベントではなかなかできないもの。

平日開催のこうしたトレッキング、やってみての発見も多くありました。
特に事前にお客様にご希望をお聞きすることができたのは、一人一人に対するこだわりのプログラムという意味で、これからの時代に可能性があるかもしれない、そんなことを思ったチャレンジになりました。

森林セラピー山口の里山歩き、また来年以降、様々な機会を探してみたいと思います。
それまで待てない!という方は、ぜひホームページ等からお問い合わせください。

Posted by 松本 at 21:57 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【イベントレポート 10月31日(日)山口アウトドアフェスタinとくぢwithモンベル「滑山国有林、紅葉の毛利藩モミ林ツアー】[2021年10月31日(Sun)]
10月31日(日)、ふれあいパーク大原湖集合で、山口アウトドアフェスタinとくぢwithモンベル「滑山国有林、紅葉の毛利藩モミ林ツアー」が開催されました。

新型コロナウイルス感染症の影響も考えながら、少しずつ制限を緩やかにしながら、今回は、32名のお客様にお越しいただきました。

IMG_4786.jpg

未明に降った雨も上がり、朝から良いお天気となりました。
受付後から少人数のグループごとに行動し、滑川沿いを進んで、駐車場まで移動します。

IMG_4793.jpg

各グループでの開会の後、森の案内人から「3つの極意」を指南?しました。
@五感で楽しむがよろし、A自然の美を探すがよろし、B感動を口にするがよろし
三つの極意で、森の魅力を垣間見ることができるかも!

折しも滑峡は、紅葉が進んでおり、赤や黄色の森の回廊。
お子様たちは雨上がりであちこちにいるサワガニを追いかけ、
大人は天然の垂直庭園の草花をじっくり観察。

フユイチゴを道々味わい、様々な植物の香りに夢中になる人たちもあり、
それぞれの感性で林道歩きを楽しみました。

IMG_4801.jpg

約1.7kmの道のりを緩やかに登り、訪れたのは毛利藩が山引苗を植えたという毛利藩モミ林。
厳かな雰囲気さえ漂う森に到着すると、なんと狙ったように光が差し込み、天使の梯子が!
その瞬間にしか出会うことがないまさにアウトドアの醍醐味です!

IMG_4799.jpg

今回は、お弁当付きの企画、素敵な森で食べる素敵なお弁当は大評判!
いつもは、森の案内人との森林セラピーガイドツアーで申し込むことができます!

IMG_2600.jpg

毛利藩モミ林は、明るくてぽかぽかと暖かく、いつまでもそこにいたいと思える空間でした。
とある班は、家族で巨木を取り囲んで手をつなぎ、記念撮影。
また、ある班は最深部まで進み、靴を脱いでモミにもたれたり、横になったり「安息体験」。
・・・実際、なかなか降りてこないグループも。

IMG_4812.jpg

素晴らしい日和に、素晴らしい森を訪れ、心も体もホカホカ。
林道から、滑川沿いに戻り、水音が心に染み入る中、帰路につきました。

IMG_E4798.jpg


ガイドも説明もいらないくらいキラキラの森、またいつかこの森を訪れたい、その場にいた皆様が思われたことは間違いないと思います。

森林セラピーとは、健康のために森に入ろうという取り組み、説明よりも何よりも、清々しいリフレッシュをお持ち帰りいただけたのではないでしょうか。

森林セラピー山口では、いつでも皆様のお越しをお待ちしています。
また一緒に森を歩きましょう!

Posted by 松本 at 22:08 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集】11月9日(水)狗留孫山トレッキング〜落ち葉を踏みしめて観音信仰の足跡巡る里山歩き〜[2021年10月12日(Tue)]
森林セラピー山口で主催する森林セラピー体験イベントは、どうしても週末に行うことになり、回数が限られることや、なるべく多くの方にお越しいただきたいことから、ある程度定員を大きく捉えて行うことになりがち。新型コロナウイルス感染症対策の目線でも定員は少ないほど良かったり・・。

人数が増えると、全体で行動することから、動きが少しもっさりしたり、活動時間も短めになったり、何より人の気配が、自然の静けさに勝ってしまい、あまり自然を深く感じられなかったり・・、そういうジレンマも感じたり・・。

それならばウィークデーに、定員もギュッと絞って、たっぷり歩ける活動を、として企画したのがこの企画。11月9日(水)、秋のど真ん中に、徳地堀の狗留孫山に森の案内人のガイドで登ります。

DSCF4668.jpeg

狗留孫山は、信仰の山。三十三観音を巡りながら、
佐波川と島地川の合流点を見下ろす鷲ケ岳ピークを目指します。

bf077cfabc8ae64241fc24e1ae476fcf.jpeg

森の案内人のガイドでゆっくり歩くと、しっかり長い時間歩けます。
登山は、全身運動であり、何より長時間運動ができる優れたアクティビティ、
不思議と、登れば登るほど、山に登る力は湧いてくる、
狗留孫山に登るこの活動で、そんな思いを持つ人が増えたら嬉しいです!

定員が少ないため、皆様お早めにお申し込みをお願いします。


(以下公式ウェブサイトより引用)

狗留孫山トレッキング〜落ち葉を踏みしめて観音信仰の足跡巡る里山歩き〜
【開催日】2021年11月9日(火)

森の案内人・森林セラピーガイドが、徳地堀の狗留孫山をガイドします。

花崗岩に刻まれた観音様や碑石を辿りながら、狗留孫山山頂を経由して鷲ヶ岳を目指します。途中の展望所では、佐波川や瀬戸内海を望むことができます。秋の自然をゆっくりと五感で楽しみながらのトレッキングツアーです。



※画像をクリックすると登山地図がご覧いただけます。
■標高■
@狗留孫山山頂510m
A鷲ヶ岳543.9m

■歩行距離■
約9q

■標高差■
約500m

★新型コロナウイルス感染症に係る対応★
@ 今後の状況により催行中止となる場合があります。
A 以下に当てはまる方は参加をお控えください。
▸▸お住まいの地域に移動制限要請等ある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)移動制限要請ある地域への訪問がある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)発症者と濃厚接触された方。
▸▸開催日から14日以内に発熱(平熱から1℃以上の差)、咳や味覚異常などの症状がある方。
B お申込みの方には二次案内をお送りします。感染症対策をご確認のうえご参加ください。

開催日時
 2021年11月9日 @ 9:00 AM - 3:30 PM

開催場所
 徳地地域交流センター集合
 山口市徳地堀1533

参加費
 3,000円※別途保険料としておひとり50円

主催
 一般社団法人もりとわ
 TEL0835-56-5234

募集人数 5人
(先着順・最少催行人数2人)
※登山経験者推奨(はじめての方はご相談ください)
※定員になり次第受付を終了します

持参物
 昼食、飲み物(1リットル程度)、山歩きに適した服装と登山靴(必須※ミドルカット推奨)、セパレートタイプのカッパ(必須※防水透湿素材を推奨)、手袋(※予備持参推奨)、防寒着、健康保険証のコピーなど

申込期限 11月1日(月)
 申込方法 参加を希望される方は、下記「申込メール」または「電話」でお申込みください。※申込受付後、二次案内をお送りします

申込メール
 ytherapy☆c-able.ne.jp
 ☆を@に変えてください。

※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し送信してください。(メールの件名は変更しないでください)
参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【氏名(フリガナ)】
【年齢】
【性別】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】

個人情報の取り扱い
 申込でいただいた住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、保険加入に使用するほか、行事の中で感染症の感染者が発生した場合、保健所等の公的機関へ提供することがあります。

Posted by 松本 at 21:37 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集】11月14日(日)ポン太の森の大冒険[2021年10月10日(Sun)]
新型コロナウイルス感染症感染防止のためのデルタ株対策集中対策期間が終わり、気がつけば、もう秋。10月に入ってからは、ほんとびっくりするくらいいい天気が続いていますね。

これ、出かけないともったいない。。
でも、どこに・・、そんなときには、森に出かけてみませんか?

森林セラピー山口では、11月14日に、森林セラピー体験イベント「ポンタの森の大冒険」を開催します。午前・午後で様々なメニューを用意しています。
それぞれの企画は、十分に感染症対策を講じて行うこととしてお李、事前申し込みをいただくこととしています。
定員の少ないメニューもありますので、お早めにお問い合わせください。

11116dc6832dd1dc16490205b93aba9d.jpeg


(以下、森林セラピー山口ホームページより転載)

ポン太の森の大冒険
【開催日】2021年11月14日(日)
「Go To Forest!」の魔法にかけられて、とくぢの森に来てみたら、不思議とみんな上機嫌。森の妖精ポン太といっしょに、大冒険のはじまりはじまり。
※事前予約制です。

下記「内容」からご希望の企画を選択し、お電話またはメールで、事前申込をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に係る対応
@ 今後の状況により催行中止となる場合があります。
A 以下に当てはまる方は参加をお控えください。
▸▸お住まいの地域に移動制限要請等ある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)移動制限要請のある地域への訪問がある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)発症者と濃厚接触または同居されている方。
▸▸開催日から14日以内に発熱(平熱から1℃以上の差)や、咳や味覚異常などの症状がある方。
B参加にあたっては、当日の受付で「参加申込書」のご記入をお願いします。

会場
 国立山口徳地青少年自然の家
 (山口市徳地船路668)
※地図は下記参照
※雨天中止(中止の場合はお申込者にご連絡します)

内容(企画一覧)

@子どもの森歩き(大人500円、小中学生無料※要保護者同伴)
子どものセンス・オブ・ワンダーを楽しむ森歩き。森デビューの乳幼児さんも大歓迎です。
■体験時間■
 午前の部(10:00-12:00)/
 午後の部(13:00-15:00)
■定員■各部15名程度

A癒しの森の養生訓〜森歩き&お灸体験(大人1,000円、小中学生無料※要保護者同伴)
鍼灸師・森林セラピストの角田吉久さんのガイドで五感ウォーキング。
毎日のセルフケアに有効なツボの紹介とお灸体験も行います。
■体験時間■10:00-13:30
■定員■10名程度

Bノルディックウォーキングで秋の森めぐり(大人1,000円、小中学生無料※要保護者同伴)
ノルディックウォーキングで健康志向の森歩き。
2本のポールで全身運動を意識しながら、森林セラピーの森を約3〜4q歩きます。
■体験時間■10:00-13:30
■定員■15名程度

Cポン太とツリークライミング(おひとり1,000円※お子様は6歳以上推奨・要保護者同伴)
専用のロープとサドルを使った木登り体験です。
森や木となかよくなったら、ポン太がひょっこり現れるかも!?
■体験時間■午前の部(10:00-12:00)/午後の部(13:00-15:00)
■定員■各部親子8組(16名程度)

Dゆる山ハイキング〜秋色の日暮ヶ岳(大人1,000円、小中学生500円※要保護者同伴)
長者ヶ原にそびえる日暮ヶ岳は、標高693m(標高差300m、歩行距離約4q)。
初めての方に合わせてゆっくりと、心と身体が軽くなる山登りです。
■体験時間■10:00-13:30
■定員■15名程度

Eゼロからはじめるブッシュクラフト(大人1,000円、小中学生500円※要保護者同伴)
「ブッシュクラフト」は、より自然と一体になれるアウトドアのスタイル。
入門編として、いざという時に役立つサバイバル術を体験します。
■体験時間■10:00-14:00
■定員■ 10名程度

【会場のおたのしみ】
ツリーハウス、ハンモック、スラックライン、森ぼっこ、焚き火、ぶらんこなど。
ご自由にお楽しみいただけます。

開催日時
 2021年11月14日
 @ 9:30 AM - 3:00 PM

開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家
 山口市徳地船路668

参加費
 有料※各企画毎で設定あり

主催
 一般社団法人もりとわ(共催山口市)
 TEL0835-56-5234

募集人数
 各企画に定員あり(先着順)

持参物
 マスク、昼食、軽食、飲み物、帽子、活動に適した服装と靴、防寒着など

申込期限
 11月5日(金)まで
※定員に達した場合は受付を終了させていただきます。

申込方法 参加を希望される方は、森林セラピー山口ホームページからお申し込みください。

※以下を本文にコピー&ペーストして、参加される方全員の氏名・年齢等、必要事項をご入力の上お申込みください。
■氏名
■郵便番号
■住所
■年齢
■性別
■連絡先電話番号
■参加を希望する企画
@子どもの森歩き(午前 or 午後)
A癒しの森の養生訓〜森歩き&お灸体験
Bノルディックウォーキングで秋の森めぐり
Cポン太とツリークライミング(午前 or 午後)
Dゆる山ハイキング〜秋色の日暮ヶ岳
Eゼロからはじめるブッシュクラフト

個人情報の取り扱い 申込でいただいた住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、保険加入に使用するほか、行事の中で感染症の感染者が発生した場合、保健所等の公的機関へ提供することがあります。

Posted by 松本 at 14:14 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【9月24日(金)YAB Jチャンやまぐちに森林セラピー山口が登場します!】[2021年09月20日(Mon)]
森林セラピー山口のブログ 日々森好日をご覧いただき、ありがとうございます。

山口県のデルタ株集中対策期間中ということもあり、活動広報も控えめにならざるを得ないのですが、今日は、森林セラピー山口のメディア出演の情報です。

今回は久しぶりにテレビに出演、なんとYABのJチャンやまぐちの「ググッと。瀬戸内」のコーナーに登場です。このコーナーは、瀬戸内の各県に配信されることもあり、たくさんの方に観ていただけそうです!

放送日は9月24日(金)18:15〜19:00までの間のどこかで放送されます!
皆様ぜひご覧ください!
・・・と、いうわけで、今日はその収録に同行して参りました!

今回のレポートは、毎週土曜日のどき生らいぶに出演されている具嶋柚月アナウンサーです。


ooharako.jpg

今回は秋晴れの森林セラピー基地で、季節を感じる森歩きを撮影いただきました!
眼下に大原湖を見下ろします!

miru.jpg

森の案内人と一緒に覗き込み・・、一体どんな素敵なものが?

taberu.jpg

森でいろいろ味わうものも。匂ったり、かじってみたり・・・。

neru.jpg

森にじっくり体を横たえるひととき。
森と自分との境界がなくなります。

実際に放送の時間は、決して長くはないそうですが、良い放送にするために、森林セラピー基地をあちこちあるかれ、たくさんの見所を撮影いただきました。
9月24日(金)どんな放送になって伊rのか、瀬戸内の皆様に山口市徳地の森のどんな魅力が伝わるのか、今から楽しみです!

皆様も、9月24日(金)Jチャンやまぐち 18:15〜なので、どうぞご覧ください。
忘れずに今から録画ボタンをどうぞ!

Posted by 松本 at 22:28 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:8月29日(日)親子で探検森歩き〜秘密の渓谷〜】[2021年08月09日(Mon)]
 森林セラピー山口の森の案内人の会、夏休みのイベントは「親子で探検森歩き〜秘密の◯◯」シリーズ!!
 残念ながら、雨予報のため、前回1日の「秘密の滝」は、中止となってしまいましたが、8月29日には、夏休みの最後のを飾る「親子で探検森歩き〜秘密の渓谷〜」が開催されます。
 
 この探検森歩き、地図を片手に徳地の森の奥地へ歩きます。
 この夏、どこにも出かけることが出来なかった、疲れを癒すような、自然の中に出かけてみたい、と言う親子におすすめです。

 ちょっとだけ秘密を明かすと、「ネットオサラバリア」と言う電波が届かない徳地の森の奥に、これまでみたことのない、味わったことのない秘密の森があるという・・。

180722iyasi (6).JPG

太陽の光を遮るような、巨大な生き物が聳え立つように存在していたり!!

180722iyasi (13).JPG

夏の暑さにもかかわらず、背筋が凍るような冷たさを感じたり!!

DSCN0515.JPG

なにものも抗うことが出来ない、巨大な力と存在を感じたり!!

ああ、なんて秘密の森は奥深いんだ・・。
秘密の地図を手に、秘密の渓谷を歩いてみたい!と言う皆様は、
ぜひ、下記をご覧いただき、お申し込みいただければと思います。

親子で探検森歩き、大人にも、疲れを吐き出し、清々しさを取り戻す、真夏の大冒険になるはずです!皆様の参加をお待ちしています!


(以下、ホームページから転載)

親子で探検森歩き〜秘密の渓谷

【開催日】2021年8月29日(日曜日)

森の案内人が季節毎に提案する森林セラピーガイドツアーです。
今回は夏休み企画。
森林セラピーの森の奥深くには、伝説の森の巨人たちが棲む”秘密の渓谷”があるという…秘密の地図を片手に歩く探検森歩きです。
とっておきのラッキーシンボルにも会えるかも!
■歩き方・歩行距離

のんびり・約3〜4q(ほぼ平坦)

★新型コロナウイルス感染症に係る対応★
@ 今後の状況により催行中止となる場合があります。
A 以下に当てはまる方は参加をお控えください。
▸▸お住まいの地域に移動制限要請等ある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)移動制限要請ある地域への訪問がある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)発症者と濃厚接触された方。
▸▸開催日から14日以内に発熱(平熱から1℃以上の差)、咳や味覚異常などの症状がある方。
B お申込みの方には二次案内をお送りします。感染症対策をご確認のうえご参加ください。

■雨天予報の場合
 実施の可否は8月27日(金)に判断し、中止の場合はご連絡します。ご不安な場合は直接お尋ねください。
→森林セラピー山口(TEL0835-56-5234)

開催日時
 2021年8月29日 @ 9:30 AM - 2:00 PM

開催場所
 ふれあいパーク大原湖
 山口市徳地野谷605

参加費
 1,000円(小中学生無料※要保護者同伴)、別途保険料としておひとり50円

主催
 森の案内人の会(後援山口市)  
 TEL0835-56-5234

募集人数
 定員20名(先着順)

持参物
 マスク、昼食、飲み物、散策に適した服装と靴、帽子、虫よけ、雨具など

申込期限
 8月20日(金)まで※定員に達した場合は受付を終了させていただきます。

申込方法
 電話またはメールのいずれかの方法で、郵便番号、住所、参加される方の氏名、年齢、性別、連絡先電話番号を申し出願います。※申込受付後、二次案内をお送りします。

申込
 ytherapy☆c-able.ne.jp(☆を@に変えてください)へメールにて申し込みください。
※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し送信してください。
参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【氏名(フリガナ)】
【年齢】
【性別】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】

個人情報の取り扱い
 当日受付時にご記入いただきました住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、原則イベント参加目的のみ(保険加入等)に使用させていだきます。なお、行事の中で新型コロナウイルスの感染者が発生した場合は、保健所等の公的機関へ提供することがあります。

Posted by 松本 at 20:44 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:8月21日〜22日 森でゆるゆる木登りキャンプ】[2021年08月01日(Sun)]
森林セラピー山口 久しぶりの宿泊型の企画です。
21日午後は ツリークライミング体験をして、その後は、各自で過ごす、ゆるゆるキャンプです。

218355655_222987253027599_5458970517155091701_n.jpeg
 ※これは貸し出し用ではなく、スタッフのテントです。

コロナ禍で、人が多いところには出かけづらい。
できれば人の少ない自然の中でのんびりしたい。
でも、アウトドアとか、全然やったことないし・・・、そんなご家族・グループの皆様におすすめしたい企画です。

おすすめポイントを5つあげておきますので、先着5グループのみ受け付けられますので、よろしければどうぞご参加ください。

▼おすすめポイント その1 テント・寝袋・マット等貸し出します。
 各グループに1張ずつ、ドームテントを貸し出すほか、寝袋やマットを貸し出します。
 ※ご自身の所有する備品を使われてもOKです。


▼おすすめポイント その2 密にならなくて、広々、静かなキャンプ場です
 この時期、キャンプ場は結構な混み具合。今回の企画は、国立山口徳地青少年自然の家が会場になっていますので、街頭の数も少なめ、良い意味で真っ暗です。
 管理棟には温水シャワー等もあり、荒天時には、避難もできます。

camp.jpg

▼おすすめポイント その3 経験豊富なスタッフがほったらかします
 日本キャンプ協会のインストラクター資格を有するスタッフが2名、全行程に帯同しますが、みなさんがテントを張ったりするお手伝いをしないでほったらかします(もちろんヘルプがあればサポートします。)新しいテントを張る楽しみとかありますからね、取っちゃわないように気をつけます。
 もちろん、安全に留意し、これはと言うときにはお声かけします。
 夕食や朝食も、どうぞご自身で召し上がりたいものをご持参ください。

▼おすすめポイント その4 今回チャレンジ企画なので、5組限定です
 森林セラピー山口初めてのキャンプ企画と言うこともありますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、参加者は5グループ限定です。

▼おすすめポイント その5 ツリークライミング体験をたっぷりできます。
 21日の午後は、ツリークライミング体験。時間を気にせず、どっぷりツリークライミング体験ができます。その後テント設営等行いますが、必要に応じて備品や食材の買い出しタイムも用意するつもりです。ツリークライミングは、ツリーセラピーとも言われます。樹上で味わった気持ちを一日ゆっくり手放さず、味わっていただけます。

7.jpeg

当日、集まったメンバーで、どんなキャンプにするか考えながら行う部分も多いと思いますが、森でゆるゆる木登りキャンプの内容に見合ったキャンプにしたいと思います。
スタッフも、レトルト食品とか、気負わず行うつもりなので、お気軽にお申し込みくだあい。

(以下、ホームページから引用)

森でゆるゆる木登りキャンプ
【開催日】2021年8月21日(土)〜8月22日(日)
森林セラピー基地の森に集まってLet’s木登り!
大きな木に抱かれて、森と自然とひとつになったら、夜はミルキーな天の川を見上げるテント泊。
新しい日常への移行に合わせ、”心も身体もオープンエア”なスタイルを楽しみます。
【貸出するもの】
テント(5人用)・敷物・寝袋・ランタン・食器セット
※ご自分の道具の持参も大歓迎です。
【タイムスケジュール】
8月21日(土)
_14:00~16:00木登り体験
_16:30~20:00テント設営・夕食・シャワー
_20:00~自由時間(焚き火・星空ウォッチングなど)
8月22日(日)
_6:30~起床・朝食
_8:00~片付け
_9:30頃終了
【講師】
森となかよし研究所
_ツリークライミングレジスタードマークジャパン公認ファシリテーター
_(公財)日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター
_山口市徳地森林セラピー基地 森の案内人
★新型コロナウイルス感染症に係る対応★
@ 今後の状況により催行中止となる場合があります。
A 以下に当てはまる方は参加をお控えください。
▸▸お住まいの地域に移動制限要請等ある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)移動制限要請ある地域への訪問がある方。
▸▸開催日から14日以内に(同居のご家族を含め)発症者と濃厚接触された方。
▸▸開催日から14日以内に発熱(平熱から1℃以上の差)、咳や味覚異常などの症状がある方。
B お申込みの方には二次案内をお送りします。感染症対策をご確認のうえご参加ください。


開催日時
2021年8月21日 @ 2:00 PM – 2021年8月22日 @ 9:30 AM
開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家
 山口市徳地船路668
参加費
 おひとり2,500円(乳幼児は1,500円) 
 ※別途保険料としておひとり265円
主催
 一般社団法人もりとわ(協力:森となかよし研究所)
TEL
 0835-56-5234
募集人数
 5グループ程度(おひとり様でも家族でも1グループとしてカウントします)
持参物
 マスク、夕食・朝食(保冷バックに入れてください)、飲み物、帽子、肌を露出しない服装と靴、着替え、洗面用具、タオル、バンダナ、虫よけ、懐中電灯、レジャーシートなど
申込期限
 8月13日(金)まで
 ※定員に達した場合は受付を終了させていただきます。
申込方法
 電話、または下記メールのいずれかの方法で、参加を希望される方の、郵便番号、住所、氏名、生年月日、性別、連絡先電話番号を申し出願います。
申込
※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し
http://www.shinrin-therapy-yamaguchi.jp/ から申し込みをしてください
参加される方全員の氏名・生年月日等をお知らせください。
【件名】030821森でゆるゆる木登りキャンプ参加希望
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【氏名(フリガナ)】
【生年月日】
【性別】
【連絡先電話番号】
個人情報の取り扱い
 住所・氏名・生年月日・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、保険加入に使用するほか、行事の中で感染症の感染者が発生した場合、保健所等の公的機関へ提供することがあります。

Posted by 松本 at 20:24 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【7月22日(木)イベントレポート 森で木登りんピック2021!】[2021年07月22日(Thu)]
山口市徳地森林セラピー基地で、初めてツリークライミング体験が開催されたのは、13年前。
木に登ることで、木に大切に思うだけでなく、人間の成長にもつながるプログラムとして、森林セラピー基地でも実施してきました。

そうした活動を行う中、この徳地の森をベースにツリークライミング体験を指導する団体が「森となかよし研究所」です。メンバーは、ツリークライミングジャパンの資格講習を受講しており、昨年から体験イベントを開催しています。


ZENKEI.jpg

今回は、3回に分けて体験活動を実施しました。
赤いシャツのメンバーが、ツリークライミングをサポートします。

free.jpg

ツリークライミングは、競争ではありません。
なので、自分の目標を立てて、そこに挑むかどうかも含めて、自分で考えて登っていきます。
気がついたら、もう手が届かないようなところに子どもたちがいることも。。

treehouse.jpg

国立山口徳地青少年自然の家の魅力の一つ、ツリーハウス。
木登りの合間、ツリーハウスを前にすると、子どもたちは立ち止まっていられません。
自然に触れるのは、自然で遊ぶのが一番。

live.jpg

ぶらさがるだけでなく、部屋のように樹木に囲まれるスペースも。
この風景、観たいですか?
…これ、そこに行ってみるしかないです。

down.jpg

ひとしきり樹上の世界を楽しんだら、
スタッフの声かけのもと、ロープを操作して、地上へ降下。
ゆるゆる、スルスル重力のある世界へ着地します。

aisatu.jpg

樹から降りた後は、葉っぱを樹の栄養になるようにかけてあげて、ありがとうの挨拶をします。
いつか、またこの近くにきたら、また会いに来て欲しいと思います。

森で木登りんピック2021、TOKYOオリンピック2020の開会式前日に開催しましたがが
何より無事に開催できてよかったです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、まだまだ収まるところを見せませんが、いつかこの一連の大きな波が収まり、東京オリンピックを懐かしむときが来たら、「東京五輪があったとき、ワタシは木に登っていたんだよね」と、懐かしいんで欲しいと思います。

森林セラピー山口の活動も、できるところから、できる規模感で再開しているところです。
まだまだ大規模のイベント開催等は、会場やスタッフ等の問題もありますので、活動は小さな規模での開催となります。ホームページ・ブログ・LINE・Facebook等をご覧いただき、お早めの申し込みをお願いします。

これからも森林セラピー山口と、森となかよし研究所をどうぞよろしくお願いします。

Posted by 松本 at 20:26 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【7月13日(火)森の案内人フォローアップ講座 緑と森の価値を創造する〜竹中さんと「おかえりモネ」】[2021年07月13日(Tue)]
森林セラピー山口の森の案内人の会、実はコロナ禍において、自己研鑽のための活動や、研修活動は、養成講座をはじめ、なかなか取り組めないでいました。。なにしろ、集まることが難しい・・。

とはいいながら、何かできないかということで、思案していたところ、5月から放送の朝ドラ「おかえりモネ」において、なんとヒロインが森林組合勤務ということで、身の回りの林業界がにわかに沸いており、「おかえりモネ」の林業考証を勤める登米町森林組合の竹中さんを講師にお迎えして、オンラインにて、森の案内人を対象としたフォローアップ講座を行うこととなりました。

syugo2.jpg


 7月13日(火)に集った参加者は19名。平日開催にもかかわらず、いつもの対面の講座よりも参加が多いかも!これ、やっぱり朝ドラ効果?それともオンラインの効果?

定刻どおり開会してからは、竹中さんがお仕事をされている登米町森林組合の事業の説明から。
@森林事業(造林、利用、販売)、A木材加工事業(木材乾燥、防腐加工、プレカット加工)、
B木工事事業(住宅、公園事業)、C特用林産事業(※休業中:椎茸の生産および加工食品の製造販売)、D環境教育事業(森林セラピー、キャンプ場運営)など。竹中さんはその中でも組合の総務的なお立場とのこと。

東日本大震災からの復興支援の取り組みとしては、木製組み立て家具キット「組手什」の配布や、木造応急仮設住宅や木造災害公営住宅の建設などにも取り組まれています。

さて、竹中さんとNHKとのつながりは遡ること2年ほど前から。お話を聞かせて欲しいと、折に触れて復興支援のお話の聞き取りがあったそうですが、昨年報道発表されるまで「まさか朝ドラ絡みとは!」と、全くわからなかったそうです。


朝ドラのストーリーには、登米町森林組合のエピソードが反映されていますが、その中でも、第1週で登場した「森林セラピー」では、森の中を大笑いしながら歩くシーンで紹介がありました。

登米町の森林セラピーの目的はズバリ「健康づくり」。
来訪者は主に地元の高齢者の方たちで、そのプログラムはご本人曰く、竹を使ったなんちゃってノルディックウォーキング&笑いヨガ。

NWは専用ポールではなく、竹林整備で出た「竹」を有効活用。各自の身長に合わせてカットして使います。ウォームアップは東北文化学園大学考案の「かんたん竹杖黄門体操」(方法が印刷された手ぬぐいのプレゼントもあり)。

笑いヨガは、元々のプログラムのお作法は少し端折って、大きな声を出して笑うことに特化。
目的に合わせて、アクティビティを変化させる柔軟さは素敵な印象。

そのほかにも、モネちゃんの着想の未来予想図かもしれない太陽光を活用した木材乾燥システムや、実際に組合で手掛けられた宮城県産材学習机の商品化などのお話はそれぞれ聞き応えがありました。


逆に、ドラマでは語られない原発事故の影響についても触れられました。
特用林産事業である椎茸の原木栽培は、原発事故後の放射能の影響で現在休業中。放射能は木の樹皮に多く残るため、原木椎茸は依然として残留放射能量が高く、出荷できないそうです。

一か所に集められた原木の写真と、森や自然とともに生きている農家の方々の気持ちを考えると、本当に胸が痛くなりました。

全国的に問題となっているナラ枯れも深刻で、日本の林業に対する問題提起もあり、その中でも、ドラマのモネちゃんを通した「気遣い(木使い)の輪」に、これからの林業と、森と人、人と人との関わり方への希望を抱きつつ、それぞれが森の案内人として「何かできることはないかな」と感じる機会になったと思います。

森を巡る様々な視点や知見に触れて、また、それぞれがそれぞれのご案内に、活かしていけると思います。

syugo3.jpg

講師の竹中さん、ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

Posted by 松本 at 21:45 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
最新記事
タグクラウド