• もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。
カテゴリアーカイブ
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
プロフィール

もりとわさんの画像
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論〜にお越しいただきありがとうございました!】[2024年05月04日(Sat)]

2024年5月4日(土祝:みどりの日)、『第9回 森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』を開催しました。

雲一つない快晴、青空も森も、みーんな上機嫌。
この日は一般参加者が1,813人、県内外の60団体のスタッフが268人、合計2,081人が、山口徳地青少年自然の家に集いました。

今回の森フェスのテーマは「ポン太シュタインの相対性森論」、<元気=森×人2>の方程式?法則?を掲げ、7つの森論で、五感を満たす様々な体験を提供しました。

皆様におかれましては、今回会場で証明された数々の森論を森フェスの場だけでなく、ぜひ日々の暮らしに自然や森に身近な活動を取り入れていただければ、嬉しく思います。

引き続き、今回出展した森の仲間たちと、森林セラピー山口をどうぞよろしくお願いします。

森フェスの記録については、少々お時間をいただきますが、このブログでも紹介したいと思います。最後に、ご参加いただき、ありがとうございました。
また森でお会いしましょう!

IMG_2888.jpeg


Posted by 松本 at 19:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【更新情報とおススメ記事】[2024年05月02日(Thu)]
森林セラピー山口のブログ 日々森好日 へようこそ!

森林セラピー山口では、森の持つ癒し効果を人間のこころと身体の健康づくりに活かす
森林セラピーの活動を行っています。
森林セラピーとは、ひらたくいうと、健康のために森に入ろう、と言うことです。

長い冬が終わり、ようやく春になりました。おそらく、あっという間に夏が来ます。
その前に、やってくるのが、第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論〜です。

森フェスは、山口市と国立山口徳地青少年自然の家と森の案内人の会による実行委員会が、森林セラピー共感するたくさんの森の仲間たちと皆様をお迎えする森林セラピー基地の春の祭典です。
皆様の来場・ご参加をお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。



そして、年に一度の森の案内人養成講座(第13期)です。

森の案内人養成講座に寄せて、活動中の森の案内人からメッセージも掲載していますので、どうぞご覧ください。

DSC_0014.JPG
2023年5月 第8回森フェス〜ポン太のマジカル森アワー〜


《近日開催のイベント情報》

5月4日 第9回森フェス ポン太シュタインの相対性森論 
5月25日・26日・6月9日 森の案内人養成講座(第13期)

スポーツフィールドやまぐちさんで、森林セラピー山口のショートムービーを作成いただいています。森の案内人との森林散策について、素敵に紹介されておりますので、
どうぞご覧ください。




イベントよりもより深く森林セラピーを味わうことができるのは、
森の案内人と歩く、森林セラピーガイドツアーです。
申し込みページはこちら
森の案内人との森林散策は、日時指定の森歩き。お友達やグループでの森歩き。
あなただけのとっておきの森林セラピー体験をお考えでしたら、ぜひおたずねください。


【これまでの大規模企画のメモリアルページです】
これまでの森フェスやちいさな森カフェの記録をどうぞごらんください。
【2023年5月4日 森フェス〜ポン太のマジカル森アワー〜】
【2019年5月6日 森フェス 〜癒しの森のネイチャーライフ元年〜】
【2018年11月18日 森フェス 〜ポンタの一日一善〜】
【2018年5月4日 森フェス 〜野遊び温故知新〜】
【2018年3月11日(日)「ちいさな森カフェ」】
【2017年5月7日 森フェス 2017 春】
【2017年2月26日(日)「ちいさな森カフェ」】
【2016年10月23日(日)森フェス 2016秋】

Posted by 松本 at 12:00 | はじめに | この記事のURL

【森フェスへお越しの皆様へ】[2024年05月02日(Thu)]
2024-04-28 23.50のイメージ.jpeg

いよいよ明日は、5月4日(土祝)『第9回 森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』当日です。
お天気は晴れ、降水確率0%、最高気温は25℃予報です。森フェスは予定通り開催いたします。

昨年は、過去最高の1600人を超える方にお越しいただきました。主催者・出展者一同、心を込めて皆様をお迎えしたいと思います。

ご来場を予定されている皆様におかれましては、チラシ公式ウェブサイトの双方を、よくご覧の上、お越しください。

加えて、ご確認いただきたい項目を付記しておきますので、お目通しください。

(1)服装等について
 森は自然の中なので、刺したりかぶれたりする虫や植物もあります。薄手でもいいので、長袖・長ズボンをおすすめします。また、5月の日差しは思ったよりも体力を奪います。熱中症予防のため、飲み物、帽子やタオルなどの用意もお願いします。
 腰を下ろすためのレジャーシートなどお持ちいただくと、便利かと思います。
 また、授乳室はもありますので、遠慮なくお尋ねください。

(2)食事等について
 会場でのごはん・おやつのコーナーは、一定の量をご用意いただいていますが、時間帯により提供に時間がかかったり、場合によっては売り切れる可能性などもあります。近隣にコンビニ等はございませんので、熱中症予防のための水分と合わせて、食事をお持ちいただくか、補助食などお持ちいただくと、心配が少なくなるかと思います。

(3)プログラムの提供時間について
 それぞれのプログラムは、時間が決まっており、日暮ケ岳健康登山や、樹木図鑑作家と歩く!葉っぱかんさつツアーなど、一度しか催行しないものもあります。事前にチラシの裏面や、ブログのプログラム紹介をご覧いただき、お目当てのプログラムに合わせてご来訪いただくようお願いします。
 特にツリークライミング体験は、昨年の倍以上のスタッフを持って準備していますが、受付が始まると長蛇の列になる可能性があります。お早めのお越しをお勧めします。

 会場へのアクセスは、一般駐車場から徒歩で10分程度、一般駐車場が満車になり次第、長者ケ原運動公園から、バスで回送をいたしますので、そのお時間、会場での参加申込書のご記入のお時間もありますので、ギリギリではなく、余裕を見て出発いただければと思います。
 1番のオススメは、9時30分の開会時間に会場におられることです。山口市内在住の方でしたら、8時過ぎに出発するくらいでちょうど良いと思います。

 目安で言うと、山口県庁や防府市役所からは60分、周南市の街中からはもう少し見ていただければと思います。

(4)どのように楽しめばいいかわからない場合は・・・
 会場の受付には、スケッチブックを持った呼び込み役が、皆様におすすめのプログラムをご案内しているほか、緑のシャツを着た森林セラピー山口の森の案内人にお声かけください。
 会場のプログラムは、年齢・対象・目的など、同じ森の活動でも少しずつちがいます。皆様にぴったりのプログラムがあると思いますので、遠慮なくお尋ねください。
 昨年は、寝そべるタイプのアウトドアチェアで、本を読みながらくつろいでいる方などもあり、会場の楽しみ方は人それぞれです。他の方の迷惑にならない範囲でゆっくり森を楽しんでいただければと思います。

(5)中の人のオススメは・・・。
 ズバリ、午前中は森歩きやヨガ、ツリークライミングなどの屋外の活動で、午後は屋内のクラフト等のワークショップです。森の朝の雰囲気はやはり良いですね。屋内のプログラムも充実しておりますので、屋内・屋外をバランスよく楽しんでいただければうれしいです。

 逆に、屋内のクラフト・ワークショップなどの中で、これだけは絶対に参加したい!というものがあれば、まず先にそちらに行かれるのをお勧めします。一つ一つのブースは大きくありませんので、待ち時間が生じたり、場合によっては売り切れになる可能性があります。例年、午後から、登山や森歩きの参加者がいっぱいプレイホールに入ってくる、ということが多かったですが、昨年は、午前中からプレイホールに多くお客様がおられました。
 とはいえ、朝早く出るのが難しい場合もありますので、ご無理のないようにお越しください。

 なお、屋内のワークショップ等は、有料企画も多いですが、草すべりを始めとした無料の企画もご用意しております。子どもの木育広場や、出張いちにちプレーパークのように、やることが決まっていない企画も、とても良い時間になると思います。


 ぜひ、明日まで、チラシや公式ウェブサイト、イベント参加費の一覧をご覧いただき、お越しになる前から、ポン太シュタインの相対性森論をどのように読み解くか気にしていただければと思います。

明日、皆様と会場でお会いできるのを楽しみにしております。どうぞお気をつけてお越しください。

2024-04-28 23.51のイメージ.jpeg

Posted by 松本 at 11:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL

【森論7 森のアートはぶちエモし】[2024年05月02日(Thu)]
 5月4日は、みどりの日。『第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』を開催します。
 ここでは、森フェスをより楽しむために、会場の秘密やとっておきの楽しみ方をお知らせします。

 第7回目は、「森論7 森のアートはぶちエモし」です。

 エモしとは、「感情的な」という意味の「emotional」に由来するとも、なんとも言えないという意味の「えもいわれぬ」に由来するとも言われているようで、グッときたとか、センチメンタルで切ないとか…、ストレートに表現しづらいよさを表す言葉です。

 たしかに、森に由来する様々な素材を、飾ったり、磨いたり、削ったり、手作りで作り出したときって、達成感も相まって、言葉にできない感情が生まれます。それは、大人も、子どもも関係なく湧き上がってくるものかも。
 森のアートはぶちエモし、ポン太シュタイン博士の提唱した理論を、ぜひ森フェスで証明してください!

2024-04-28 23.42のイメージ.jpeg

▼高校生による木工ワークショップ
 香りの良いヒノキ材を使った木のカトラリーを作ります。学生が製作したまな板等の販売もあります。
木のカトラリーづくり.jpg

▼木のスマホスタンドに焼印を押そう!
 その他にも島根県産材のミニBOX、パン皿。クリ・ヒノキ・ケヤキetcで準備しています
IMG_7330.jpg

▼レザークラフトワークショップ
 牛皮のアコーディオnポーチやコインケース作り、お好きな色を選べます
Gクラフト・ワークショップ (8).jpg

▼木のロボットくん&竹のかざぐるま
 自分だけの友達「木のロボットくん」づくり&竹で2連風車づくりに挑戦!
WIN_20240111_12_09_27_Pro.jpg

▼お風呂でサカナツリー
 ヒノキのお魚にグリグリ模様を描き、お風呂で魚釣りを楽しむおもちゃづくり、木育&ヒノキ浴八分音符
shinrinkan.jpeg

▼木っ端でDIY!今日から大工さん
 大工さんが集めた端材を、よりどりみどり、切って、貼って、磨いて、想像を形にしてみよう!

▼気になる木のバックチャーム
 おもちゃ作家が用意した木のモチーフから好きな形を選び、ツヤッツヤに磨いて仕上げます!
Gクラフト・ワークショップ (11).jpg

▼徳地和紙でつくる森の珊瑚
 徳地手漉き和紙の原材料「ミツマタ」に、カラフルな和紙を貼り付けて”森の珊瑚”を作ります

▼空飛ぶ竹コプター
 神業を持つ竹取の翁達による、竹コプター(竹トンボ)づくり、小鳥を呼ぶウグイス笛もあるよ!
Gクラフト・ワークショップ (12).jpg

▼森のクラフト
 自然の素材を使って「フクロウやじろべえ」を作り、ゆらゆら森の時間を過ごしましょう!
Gクラフト・ワークショップ (5).jpg

▼世界にひとつだけのMY オカリナづくり
 素焼きのオカリナをカラフルにペイントします。暖かい日差しのような音色をお楽しみください
Gクラフト・ワークショップ (7).jpg

▼塗り絵でつくるバランストンボ
 トンボの羽を好きな色に塗って作るバランストンボ、遊んで楽しい飾って楽しいトンボさん
Gクラフト・ワークショップ (9).jpg

▼しましま地層ボトルをつくろう!
 しましまの地層ってどうやってできるの?が分かる!ボトルの中に地層を作って観察します
shimashimatisou.jpeg

▼地形模型を作ろう!徳地の森ver
 ポン太の森って実は…火山!?地形模型に色を塗って仕上げたら、大地の形を眺めよう
長者ヶ原地形模型.jpg

▼珈琲焙煎体験
 厳選した珈琲生豆で焙煎体験、珈琲の香りはリラックス+集中力を高める効果あり!
Gクラフト・ワークショップ (4).jpg

▼創意と工夫で自由に木工クラフト
 滑山国有林のヒノキ・ドングリ・マツボックリなどを自由に使って楽しむ木工コーナーです!

▼幸運を呼ぶスワッグ✿ワークショップ
 スワッグとはブーケの壁飾り、生花&ドライフラワーで自由にアレンジして暮らしを彩りましょう

▼針葉樹のミニラックづくり
 防府市大平山山頂付近のヒノキ材を使った木工クラフト体験、トンカチを使って組み立てます

Posted by 松本 at 10:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【森論6 森は発見のメッカである】[2024年05月02日(Thu)]
 5月4日は、みどりの日。
『第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』を開催します。
 ここでは、森フェスをより楽しむために、会場の秘密やとっておきの楽しみ方をお知らせします。

 第6回目は、「森論6 森は発見のメッカである」です。

 ひとくちに森の恵みや働きとか言っても、森の恵みは、幅広く拡がっており、様々な形で私たちは目にすることができます。
 葉っぱの不思議も、森から生まれた素材を生かした逸品も、巨木そのものも、伐られて放置される竹も、そして暖を取るための作業ですら、私たちは、森の恩恵を感じることができるのです。
 森は、発見のメッカである、森に由来する様々な展示や産品に目を凝らし、驚きの発見を見つけましょう!
 
2024-04-28 23.40のイメージ (1).jpeg

▼樹木図鑑作家・林将之さんの書籍コーナー
 林さんが手がけた樹木図鑑のコーナーです。購入も可能です!
IMG_2366.jpeg

▼自由創作いとう
 匠の手によるガラス・織物・焼き菓子などの逸品を販売!
19fes (6).jpg

▼山口森林管理事務所
 ドカ〜ンと森の巨人「滑マツ」展示!樹齢200年以上!!
19fes (25).jpg

▼bluebearの薪ストーブ屋さん
 薪ストーブ&薪割り体験、薪をパカン!と割る音がイイね♪
C森で遊ぶ (14).jpg

▼徳地特産品販売所南大門
 徳地の新鮮野菜や野草茶など、自然の恵みがいっぱい
19fes (30).jpg

▼株式会社 樹
 美味しく食べて竹林整備!徳地竹菜めんま維新の販売!
E青空マルシェ・展示 (7).jpg

Posted by 松本 at 10:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【森論4 森づくりは地球を救う & 森論5 森は静かで賑やかなのだ】[2024年05月02日(Thu)]
5月4日は、みどりの日。
『第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』を開催します。
 ここでは、森フェスをより楽しむために、会場の秘密やとっておきの楽しみ方をお知らせします。
 
 第5回目は、「森論4 森づくりは地球を救う」と「森論5 森は静かで賑やかなのだ」です。

 「森論4 森づくりは地球を救う」の体験プログラム『のこぎりギコギコ森づくり体験』を担当するのは、山口中央森林組合さんです。

 わが国は、実は森林率67%という森林大国ですが、木材自給率は40%にも満たず、林業の担い手も減少している状況にあります。

 森林セラピーでは、森の持つ保健保養効果のことを伝えることが多いですが、森林には、木材を供給すること、災害を防ぐこと、水を蓄えゆっくり流すこと、大気を綺麗にすること、そして様々な生き物の暮らす場所となること、などなど、様々な役割があります。

 そして、これらの役割は、森林が適正に管理される、森づくりが適切になされてはじめて果たされるものなのです。なので、森づくりは地球を救う、というのは本当にその通りで、その大切さや清々しさを、体験を通じて知ってほしい、というのが今回のプログラムです。
さあ、ノコギリとヘルメットに身をつけて、いざ、地球を救う森づくりに出かけましょう。

2024-04-28 23.39のイメージ.jpeg

▼のこぎりギコギコ森づくり体験
 本物の木こりさんと森づくりの現場へGO!お子様も歓迎

B森を育てる (2).jpg

B森を育てる (1).jpg 


「森論5 森は静かで賑やかなのだ」のプログラムを担当するのは、山口ライアーAily、萩の風音、Kotofl さんです。(※チラシ掲載のCHIMOSAKIさんは欠席です)。

この森フェスでは、大きなアンプで音楽が流れることはありません。
会場では、人々の賑わう声と、ワークショップの木削りの音、一歩森に入れば、鳥の声、遠くからヤッホーの声も届くかも。渇いた落ち葉を踏み締める音や、風に揺れる葉ずれの音にも気づきます。

森は静か、と思いがちですが、じっと森に佇むと、森は実に賑やかです。そして、そんな森の素材を使って奏でられる楽器や、自然をモチーフに作られたメロディも実に馴染むものだなあと思います。

森で、耳をすませる。このことだけでも十分に非日常です。ぜひ、会場で森の賑やかさと、アコースティックな音色を楽しんでください。

2024-04-28 23.40のイメージ.jpeg

▼山口ライアーAily
DSC_0060.JPG

▼萩の風音
DSCF0716.JPG

▼Kotofl
F森の音楽会 (2).jpg

Posted by 松本 at 09:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【森論3 森で食べると100倍おいしい】[2024年05月01日(Wed)]
5月4日(土祝)は、みどりの日。
『第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』を開催します。
 ここでは、森フェスをより楽しむために、会場の秘密やとっておきの楽しみ方をお知らせします。

第4回目は、「森論3 森で食べると100倍美味しい」です。
お外で食べるご飯って美味しいですよね。自然に触れた後は、お腹が空いたり、喉が渇いたり、感覚が鋭敏になっているのもあると思いますが、外で食べる時にはいつもより唾液がいっぱい出ていて、美味しく感じる、という研究もあるそうです。
自然由来のこだわりのごはんを一口噛み締め、この一粒のお米はどこから来たのか、森の向こうからの長い旅に思いを馳せると、一粒で2度3度美味しいひとときになること請け合いです!

2024-04-28 23.37のイメージ.jpeg

▼やまぐちシードル
 阿東 徳佐りんごのジュース、ハーブティでリフレッシュ♪
Hごはん・おやつ (4).jpg

▼うふふごはん
 子どもも食べられるカレーライスと焼き菓子をお持ちします
Hごはん・おやつ (2).jpg

▼とくぢ健康茶企業組合
 徳地で採れたカワラケツメイ茶を使った茶そば&ラテ

▼蓬莱堂
 徳地の老舗お菓子屋さんが作る、懐かしい味のスイーツ!
19fes (27).jpg

▼mobaileBARみやざき
 お米うどん&チキンフォー、有機米の麺でグルテンフリー!
miyazaki.jpeg

▼超民家やまね
 大鉄板でジュウジュウ焼き上げる、山口名物かわらそば!
19fes (39).jpg

▼大人のクレープ彩月茶房
 大人気!世界3大バター使用、本場の味フランスクレープ
Hごはん・おやつ (9).jpg

▼コンパスグループ・ジャパン株式会社
 自然の家の食堂特製・徳地みその野菜たっぷり豚汁です
19fes (35).jpg

▼三丘文庫&三丘パン研究会
 店主自ら育てた小麦と、薪を燃料に焼き上げたパンです!
ごはん・おやつ (6).jpg

▼あとう畑Plus
 阿東米のおにぎり&タコライス・・・酒粕クッキーもお試しあれ!
Hごはん・おやつ (10).jpg

▼さやまエコビレッジ
 鶏出汁香る具だくさん雑炊、無添加で長時間煮込んだ逸品
Hごはん・おやつ (5).jpg

▼山口県立山口農業高等学校
 学生が実習で手作りしたパン・焼菓子・ジャムなどを販売
山農ベーカリー.jpg

▼徳地商工会青年部
 地域を支える若手事業者がspecialな軽食販売 熱々ポテトを提供します!

▼キッチンcafeさわ
 山口県産のお米と野菜を主に使った、優しい味のお弁当♪
sawa.jpeg

▼藤原米殻店CoiCoi
 管理栄養士による健康志向の”森フェス限定弁当”です
huziwara.jpeg

▼LUCKY Man Coffee
 農薬化学肥料不使用中心のスペシャリティ珈琲体験をお届け

▼cafe KOTI
 徳地産いちごやカワラケツメイ茶のタピオカドリンクです

▼地球食堂
 森フェス特製のベジ弁当、野菜の美味さここに極まれり!
地球食堂.jpeg

▼ハイカラ製作所
 阿東や徳地の地元の季節の素材を使ったスイーツをご用意しています
haikara.jpeg

Posted by 松本 at 10:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【森論2 不思議と森が効く】[2024年05月01日(Wed)]
 5月4日(土祝)は、みどりの日。
『第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』を開催します。
 ここでは、森フェスをより楽しむために、会場の秘密やとっておきの楽しみ方をお知らせします。

 第3回目は、「森論2 不思議と森が効く」と銘打たれた、いわゆるお体のケアなどのプログラムを紹介します。
 森林セラピーは、薬や手術のように、特異的に病気や怪我が治る、というものではありません。でも、屋内のジムで運動するよりも、森の中を歩く方が長く歩けたり、気持ちがスッキリすることは多くの方が知っていると思います。
 自然の中で自然に由来するものが、心と体を健やかにする。ヨガや、アロマセラピー、体のバランスをみたり、鍼灸で体を温めたり…、不思議と森が効く、そんな時間をお届けします。

2024-04-28 23.36のイメージ.jpeg

▼森のヨガ
 ヨガを通じて自然と調和、健やかなこころとからだへと導きます
D森の癒し (1).jpg

▼森のアロマハンドトリートメント
 県内のアロマセラピスト大集合!ナチュラルなキレイと森の香りをお届けします
D森の癒し (4).jpg

▼タイの薬草で作るハーブボール
 植物の効用+好みの香りで作る自分専用ハーブボール、使い方伝授!
hikarira.jpeg

▼森の鍼灸院
 鍼灸師による美活・温活を意識したお灸体験、じんわりポカポカ、セルフケア
D森の癒し (3).jpg

▼からだケアハート︎バランス整体
 整体師の手法で骨格の歪みを矯正、頑固な痛みとサヨナラしよう、術後はスッキリ!
泰バランス療法.jpeg

Posted by 松本 at 09:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【森論1 元気=森×人2 】[2024年05月01日(Wed)]
 5月4日(土祝)は、みどりの日。
『第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論』を開催します。
 ここでは、森フェスをより楽しむために、会場の秘密やとっておきの楽しみ方をお知らせします。

 第2回目は、「森論1 元気=森×人2」です。
これは、森で誰かと誰かが出会うと元気になる、という公式です。

みんなで何かを探したり、一緒に森で夢中になると、いつの間にか元気になる!という意味です。

 この森フェスでは、森の案内人をはじめとして森林でのリラックス・リフレッシュを促す、素敵なガイドさんや、プログラムが皆様をお待ちしています。
 森論1 元気=森×人2 ぜひ、証明してみてください!

2024-04-28 23.35のイメージ.jpeg

▼森林セラピーガイドツアー
 森歩きで五感にフォーカス!森デビューのお子様や乳幼児さんも大歓迎!
nakamura.jpg

▼日暮ケ岳健康登山
 眼下に広がる癒しの森!歩行距離約4km、標高差300m、ゆっくりと登ります。
C森で遊ぶ (16).jpg

▼樹木図鑑作家と歩く!葉っぱ観察ツアー
 樹木図鑑のあり方をデザイン・構築した林さんのガイドによるスペシャルツアー!
hayasi.jpeg

▼森の体験隊〜目覚めよ本能!遊びの達人
 森を遊び歩くミニハイキング!お子様対象(保護者無料です)
iinami.jpeg

▼ネイチャーゲーム体験
 感性磨く自然遊びでLet’s シェアリングネイチャー!
C森で遊ぶ (2).jpg

▼森の謎解きツアー
 森林インストラクターとともに、森の不思議を解き明かします。
C.jpg

▼出張★1日プレーパーク
 ひろびろとした野原で遊びに全集中!子ども達が生み出す遊びをプレーリーダーが見守ります。
A会場の様子 (2).jpg

▼ツリークライミング体験
 専用のギアに身を包み、いざ樹上の世界へ!
59335001_289945445285059_7978443845912231936_n.jpg

▼ブッシュクラフト体験
 究極の野遊び!天然木のミニマムチェア、ヒノキの色えんぴつ、バードコールを作ります。
C森で遊ぶ (11).jpg

▼空中テント体験
 イギリス生まれの空中テント「テントサイル」傍で広島県安芸太田町のPRもあり!
C森で遊ぶ (5).jpg

▼草すべり絶叫体験
 ソリに乗り込み思い思いの言葉を叫んで緑のゲレンデに滑り出ようー!ぎゃーーー!
A会場の様子 (4).jpg

▼ポン太シュタイン博士を探せ!
 ポン太シュタイン博士に出会ったらハイターッチ!みんなで元気=森×人2 を証明するのだ!
IMG_9498.jpeg

▼森のハンモック&スラックライン
 木陰のハンモックでゴロリとひと休みするも良し、スラックラインでドキドキ感を味わうもよし
C森で遊ぶ (8).jpg

▼ポン太のスタンプラリー
 森フェス会場に置かれたスタンプの数々、コンプリートしたら秘密のアイテムをGETできるかも
IMG_2834.jpeg

▼木へんの漢字クイズ
 木の国ニッポン、たくさんある木辺の感じ、知れば知るほどなるほどクイズです。
fes (12).JPG

▼子どもの木育広場
 おもちゃコンサルタントがおすすめする木のおもちゃが勢揃い。小物づくりのワークショップも予定しています。
C森で遊ぶ (7).jpg

Posted by 松本 at 08:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【森論0 ポン太シュタイン博士って誰だ?】[2024年04月30日(Tue)]
 5月4日は、第9回森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論〜です。
 ここでは、森フェス当日に会場をより楽しむために、会場の秘密やとっておきの楽しみ方をお知らせします。

 第1回目は、森論0 と題して「ポン太シュタイン博士って誰だ?」という秘密に迫ります!

これまで知られていなかったポン太シュタイン博士って、一体誰??と思われた方もあると思います。
ポン太シュタイン博士…実はこの方です!ジャジャーン!

IMG_9498.jpeg
※やまぐちケーブルテレビ 「まちかどNEWS」撮影時に撮影

ポン太ってタヌキじゃん…、と思われた方はまだまだ、よく飲み込んでおられません。ポン太は国立山口徳地青少年自然の家の家の妖精なので、タヌキではありません。
そもそもポン太シュタイン博士はポン太ではないのです!(キッパリ)

ポン太シュタイン博士は、徳地の森の奥深く、元気がもりもり生まれる場所で、『元気=森×人2』、という公式を発見した方です。滅多に姿を見せられないので、徳地も森でお会いできるのは5月4日くらいかも。

当日は、会場で、お会いしたり、もふもふしたりできると思いますので、ぜひ5月4日は森フェス〜ポン太シュタインの相対性森論〜にお越しください。

会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

Posted by 松本 at 08:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【第9回 森フェス 〜ポン太シュタインの相対性森論】[2024年04月30日(Tue)]
いよいよ「第9回 森フェス」が近づいてまいりました。
これから、開催日まで、随時ご紹介します。

今回の開催テーマは「ポン太シュタインの相対性森論」です。

徳地の森の奥深くには、元気がもりもり生まれる場所があるという…、ポン太シュタイン博士が導き出した公式は『元気=森×人2』、元気を秘めた森のチカラを証明しよう!です。

森の元気?森論?もりもり生まれる???
そして、ポン太シュタインが導き出した公式とは???
これまでと一味ちがう体験があるはず!
ぜひ、森フェスの会場で、森論の数々を証明してください。

(以下、公式ウェブサイトから転載)

2024-04-28 23.50のイメージ.jpeg


第9回 森フェス 〜ポン太シュタインの相対性森論

開催日時
 2024年5月4日(土祝:みどりの日)9:30-15:30
 ※受付時間内(9:00〜15:00)にお越しください

開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家(山口市徳地船路668)

参加費
 入場無料(一部有料の企画あり)

主催
 森フェス実行委員会

問合先
 [TEL] 0835-56-5234(森林セラピー山口)
 [メール]ytherapy@c-able.ne.jp

定員
 各企画によって設定あり(当日受付制)

持参物
 昼食、軽食、飲み物、散策しやすい服装と靴、帽子、敷物、虫よけ、マスクなど

雨天時
 少雨実施(荒天中止)です。
 (荒天等で中止する場合は前日までにHPでお知らせします)

申込方法
 事前申込は不要です

駐車場・入場受付
 専用の駐車場があります。
 (係員の指示に従って駐車してください)
 (入場時「参加申込書」の記入が必要です)

内容
_詳細は「チラシ」からご確認ください
_各体験料の一覧は「こちら」からご確認できます。

来場にあたって
@発熱等の症状がある方は、参加をお控えください。
A会場内では基本的な感染症対策にご配慮ください。

Posted by 松本 at 08:00 | 森フェス2024春 | この記事のURL | トラックバック(0)

【森の案内人養成講座へおいでませ〜その3 松本さんからのお誘い〜】[2024年04月29日(Mon)]
私たち、森林セラピー山口の森の案内人の会では、新しいメンバーを募集しています。
第13期の森の案内人養成講座は、5月25・26日、6月9日に開催されます。

とはいえ、三日間の講座に参加するのは、ちょっと不安・・・、という方もあるかもしれません。
すでに活動をしている森の案内人さんから、お誘いのメッセージをいただいたので、ご紹介しますね。
3回目は、森の案内人松本さんです。

森の案内人の松本です。
私は、昨年12期の養成講座を受講して、森の案内人としてまだ1年目です。

今の私の喜びは、みんなと一緒に一期一会の発見ができることです。
日頃は保育者として、日々の保育の中で、子ども達と季節の草花や虫に触れています。

受講のきっかけは、「もっと森や自然を知りたい・魅力を伝えられるようになりたい」という思いから。
実は、森の案内人になるまで、森を歩いた経験はほとんどありませんでした。

matumoto.jpg

正直、こんな自分が森の案内人と名乗っても大丈夫?…との思いが先にありましたが、いざ、森の案内人として活動を重ねると、森に魅了される日々!

もうすっかり森にハマっています。

そんな日々を支えてくれるのは先輩案内人の方々です。
交流の中には知的な刺激もあり、一緒に森を歩く心強さもあり、森林セラピーを実感する時間もあり、「今日はどんな宝物が見つかるだろうか」と、ワクワクとした幸せを感じています。

そして、森の案内人活動で得られた実感は、これからの仕事の中でも活かしていきたいと思っています。子ども達だけでなく、保護者の方にも、森や自然の魅力とともに、自然に触れる機会が大切だと思っていただけたら嬉しいです。

わたしたちと一緒に、森や自然を楽しみましょう。

森の案内人養成講座のお申し込みはこちらをご覧ください。

Posted by 松本 at 11:30 | 2024森の案内人養成講座 | この記事のURL | トラックバック(0)

森の案内人養成講座へおいでませ その2 小村さんからのお誘い〜[2024年04月26日(Fri)]
私たち、森林セラピー山口の森の案内人の会では、新しいメンバーを募集しています。
第13期の森の案内人養成講座は、5月25・26日、6月9日に開催されます。

とはいえ、三日間の講座に参加するのは、ちょっと不安・・・、という方もあるかもしれません。
すでに活動をしている森の案内人さんから、お誘いのメッセージをいただいたので、ご紹介しますね。
2回目は、森の案内人小村さんです。


森の案内人の小村です。

春ですね。
今年は、恒例の山菜採りを楽しんでいます。コシアブラ、タラの芽、ヨモギ、コゴミを天ぷらで頂きました。今年の1番のヒットは。葉わさびのしょうゆ漬け。美味しくできました。

omura1.jpg

森の案内人になったのは、森歩きのイベントに一人で参加したのがきっかけでした。ご案内いただいた森の案内人のみなさんが、優しくて、何より楽しそうで、もっと関わりたいなあと話していたら、森フェスや山登りの活動に誘っていただきました。

最初はボランティアスタッフとして交流するうちに、自然と森の案内人養成講座に申し込みする流れに。やってみようと背中を押してくれたのは、この活動を続けてきた人たちの存在です。様々な経験を持たれた、それぞれオンリーワンな皆さんと会えるのは、今も毎回の楽しみです。

私自身は、森の案内人になって、自然の中にいることが心地よく、自分にとって大切な時間、人生の一部になりました。体力もついて、元気になったとも思います。そして、自然の大きさに触れるたび、ありのままの自分でいいんだなぁ、みんなちがってみんないいなあ、と気持ちがゆるくなってきています。

もし、森の案内人養成講座にご興味がおありでしたら、ぜひ一歩を踏み出していただけたらと思います。新しいことを始めるときって、ドキドキすることもありますが、一緒にワクワクを楽しみましょう。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

森の案内人養成講座の申し込みは、こちらをご覧ください。

Posted by 松本 at 09:00 | 2024森の案内人養成講座 | この記事のURL | トラックバック(0)

森の案内人養成講座へおいでませ〜その1 中本さんのおさそい〜[2024年04月26日(Fri)]
私たち、森林セラピー山口の森の案内人の会では、新しいメンバーを募集しています。
第13期の森の案内人養成講座は、5月25・26、6月9日に開催されます。

とはいえ、三日間の講座に参加するのは、ちょっと不安・・・、という方もあるかもしれません。
すでに活動をしている森の案内人さんから、お誘いのメッセージをいただいたので、ご紹介しますね。
1回目は、森の案内人中本さんです。

森の案内人の中本です。

森の案内人養成講座の時期になりました。
自分自身が、申し込みをしたときに、新しいことを始める不安と、新たな出会いへの期待が入り混じった気持ちを思い出しました。

私は、今、5月4日に開催される森フェスでの森林セラピーガイドツアーのご案内の準備と、同時に会場で開催する写真展の準備、それから3ヶ月後に向けて夏山登山の計画を立てることなど、こまごまと行なっています。

nakamoto.jpg


森の案内人になって、私のライフワークは森のことでいっぱいになりました。
花や樹木に関する資料をインターネットで調べたり、森の案内人の友達が増えたり、何より、森に入ることが楽しくなりました。

ノルディックウォーキングとの出会いも、森林セラピーがきっかけで、今では、インストラクターとして、健康をお伝えする側に。
自分自身、心も身体も、暮らし方も健康になったと思います。

森の案内人養成講座に申し込みをしようか、どうしよう…と、もし迷っておられるのでしたら、不安かもしれませんがぜひ一緒に楽しく案内活動をしましょう、とお伝えしたいです。

徳地の森を歩くと、それだけで気分は爽やかですよ。
徳地の森でお待ちしています。

森の案内人養成講座の詳細は、こちらを参照ください。

Posted by 松本 at 08:00 | 2024森の案内人養成講座 | この記事のURL | トラックバック(0)

【受講生募集】森の案内人養成講座(第13期)[2024年04月22日(Mon)]
令和6年度になりました。山口市では「森の案内人養成講座(第13期)」の受講生を募集しています。

森の案内人とは、山口市認定のガイドで、基地での活動を通して、森林セラピーを体験的に伝え、提供する人のことです。

開催日時は、5月25日(土)・26日(日)、6月9日(日)の三日間です。詳しくは、公式ウェブサイトをご覧ください。

活動のイメージが気になる方は、5月4日(金祝:みどりの日)開催の第9回 森フェスに、ぜひお越しください。
一緒に森で活動したいあなたのお申し込みをお待ちしています。


IMG_4207.jpg

以下、公式ウェブサイトから転載

森の案内人養成講座(第13期)
【開催日】2024年5月25日㊏・26日㊐・6月9日㊐(全3日間)

山口市徳地森林セラピー基地は
東大寺再建のふるさとと称される由緒ある森です
「森林セラピー」とは
森の持つ癒し効果を心と身体の健康づくりに活かす取り組みのこと
この森で活動する「森の案内人」は
森林セラピーを伝え、提供することを通じて
人と森と地域の元気づくりを目指しています

この講座は森の案内人になるための最初の一歩
知識と体験、交流を楽しみながら学びを深めます
わたしたちと一緒に、森林セラピーを始めてみませんか

講座日時(全3日間)
 [1日目] 5月25日(土)9:30-16:30
 [2日目] 5月26日(日)9:30-16:00
 [3日目] 6月9日(日)9:30-15:30

内容
 森林セラピープログラムの体験・講義・実践ワーク

受講条件
 @18歳以上で森の案内人として活動を行う意欲のある方
 A全3日間の講座日時に参加できる方(途中退出不可)
 B人が好きで人のために関わりたいと思う方
 CメールまたはFAXで情報を受け取ることができる方
 ※資格取得・リサーチ・自身の学習のみを目的とした受講はお控 
  えください。

認定要件
 全3日間のカリキュラム履修
(履修後は山口市より認定証を交付します)

開催日時
 2024年5月25日 @ 9:30 AM – 2024年6月9日 @ 3:30 PM

開催場所
 国立山口徳地青少年自然の家
 山口市徳地船路668

参加費
 6,000円(1日目のみ、別途癒しの森弁当代1,000円)

主催
 山口市(企画運営:一般社団法人もりとわ)
 TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235

募集人数
 20名程度

持参物
 申込受付後、二次案内で詳細をお知らせします。
申込期限 5月20日(月)まで※定員になり次第締め切らせていただきます
申込方法 以下の必要事項をご記入の上、
郵送・メール・FAXのいずれかでお申込みください。

【申込時の必要事項】
@氏名(ふりがな)
A生年月日
B郵便番号・住所
C連絡先電話番号(携帯・ご自宅)
Dメールアドレス
E職歴・経験
F受講の動機・きっかけ
G趣味・ライフワーク
Hその他(質問等:体調面で心配なことやお聞きになりたいことなど)

申込メール
 ytherapy@c-able.ne.jp

個人情報の取り扱い
 受講申込書にご記入いただきました住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、保険加入のほか、講座参加の目的にのみ使用させて頂きます。また、いかなる場合でもこれを開示いたしません。

Posted by 松本 at 09:00 | 2024森の案内人養成講座 | この記事のURL | トラックバック(0)

【イベントレポート 12月3日(日)『大海山健康登山〜ふりさけみれば瀬戸の海』】[2023年12月03日(Sun)]
令和5年12月3日(日)、『大海山健康登山〜ふりさけみれば瀬戸の海』を開催しました。
参加者は、一般13名、スタッフ9名の合計21名です。

会場は山口市秋穂にある大海総合センター、銀色の宇宙船みたいな建物(通称:らんらんドーム)が目印です。

1.jpg

今回は、森の案内人の企画立案による健康登山のイベントとして、大海山の立岩コースを登ります。
歩行距離は約5q(周回)、標高差約300m、コースタイムは上り約2時間、下り約1時間30分です。
集合後、準備体操などをはさみ、いざ出発。

登山口に到着、衣類調整・水分補給を促して登山を開始しました。

2.jpg

落ち葉いっぱいの登山道に注目。口々に「褪せた紅葉も綺麗」「カサカサした音もいいね」。

3.jpg

ゆっくり歩けば色々なものが楽しめます。
息が上がるタイミングで、五感で植物を観察し、楽しみながら登り進めます。
段差が大きな場所にさしかかると、安全な登り方を確認します。

4.jpg

「ふりさきみれば〜」を合言葉に、途中途中で絶景鑑賞。

5.jpg

開始から約1時間で「第一立岩」に到着、目の前には開放感あふれるこの景色。

6.jpg

このコースにあるネズミサシをひと嗅ぎ「良い香り〜」。
ジンの香り付けに使うことで知られており、果実はほんのりヤニの香り。

7.jpg

尾根道歩きを経て、11時20分に山頂到着。
あたたかな日差しのもと、気温は11℃。
山頂からの眺めは霞がかかってふんわり柔らかで、和気あいあいとランチを楽しみました。

8.jpg

準備を整えて下山開始。
森の案内人から草笛のレクチャーがあり、賑やかに吹いて遊びました。

9.jpg

午後のおやつはシャシャンボの実。
和製ブルーベリーとも例えられる美味しさでした。

10.jpg

急な下り道は、注意喚起と見守りを徹底し、用心深く難所をクリア。

11.jpg

全員無事に下山し、その後は不動滝や札所を経由して、道沿いにあるごちそう(カマツカ・フユイチゴ・イヌビワ・ムカゴ)の味を楽しみながら戻りました。
歩行距離は約4.5q、消費カロリーは680キロカロリー、ヨシ!

12.jpg

14時30分に帰着、整理体操を行って順次解散となりました。

この日の参加者アンケートでは満足度100%の評価をいただきました。
お寄せいただいたコメントの一部をご紹介しますと…

〇険しいところもあったが、山道の変化や樹木の香りを楽しみながら登れた。
〇地元の山に登り、地元のきれいな風景を楽しめて、郷土愛が育まれた。
〇ゆっくり色々な草、木、花、謂われ、地域のことを説明していただきありがたかった。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

次回の健康登山イベントは、
令和6年2月25日(日)『火ノ山連峰健康登山〜稜線ギザギザ絶景なり』です。

また森でお会いしましょう!

Posted by 岸本 at 22:45 | イベントレポート | この記事のURL | トラックバック(0)

【11月12日(日)ちいさな森カフェを開催しました】[2023年11月12日(Sun)]
令和5年11月12日(日)、地域と連携した森林セラピー体験イベント『ちいさな森カフェ』を開催しました。

この度は森林セラピーにつながる8団体が出展。
〇森の案内人の会
〇林業女子会@山口
〇森林インストラクター山口会
〇すみだ鍼灸院
〇COCOKARAヨガ
〇山口県立山口農業高等学校
〇株式会社樹
〇国立山口徳地青少年自然の家

森歩きや山登り、焚き火やカフェ、ツリークライミング、クラフトやリラクゼーションメニューなど、森や自然を楽しむ体験を提供しました。

会場は国立山口徳地青少年自然の家。
主催は一般社団法人もりとわ(共催山口市)です。

開催時間は9時30分〜15時。
天気は曇り、気温は12月並みで北風ぴゅーぴゅーな一日。

合計192名(一般122名、スタッフ70名)が森に集いました。

今回、森の案内人の会は「やまぐち森林づくり県民税事業」の支援を受けて企画提供を行いました。

開会後は、受付から焚き火に直行!
火のまわりは暖をとる人で賑わい、カフェコーナーの温かいおもてなしにも人だかり。

焚き火・薪割体験 (2).jpg

森のカフェ.jpg

早速、「森林セラピーガイドツアー」が始まりました。
参加者の希望により、ツアーの内容も色々です。

森林セラピーガイドツアー (1).jpg

森林セラピーガイドツアー (2).jpg

森林セラピーガイドツアー (3).jpg

森林セラピーガイドツアー (4).jpg


「森の鍼灸院」は、鍼灸師の指導のもと、温活・美活に効果のあるツボに施灸。
毎日のセルフケアに取り入れたいですね。

森の鍼灸院.jpg

「日暮ヶ岳健康登山」は、歩行距離約4q、標高差300m、山頂から癒しの森を一望しました。

日暮ヶ岳健康登山 (1).jpg

日暮ヶ岳健康登山 (2).jpg

「山農ベーカリー」は、山口農業高校の学生たちが実習で作ったジャムやシナモンロールが並び、午前中で完売。
売り切った高校生たちは参加者に混じってアクティビティを体験していました。

山農ベーカリー.jpg


「森のクラフト」は、木の実の標本箱を作る体験。
森林インストラクターが集めたぴかぴかの木の実たち。
どれをチョイスするか楽しい悩みが続きます。

森のクラフト.jpg

「ツリークライミング体験」の舞台はエノキの巨木。
登り方のコツさえつかめば、自分のペースで、自分の世界。
森の妖精ポン太くんも遊びに来てくれました。

ツリークライミング体験 (1).jpg


ツリークライミング体験 (2).jpg

「竹あかりをつくってみよう」は、文字通り、竹のあかりを作るワークショップ。
竹筒にデザインシートを貼って、大きさの異なるドリルで穴を空け、素敵な灯りが完成していました。

竹あかりをつくってみよう.jpg

「子どもの木育ひろば」は、おもちゃコンサルタントが厳選した木のおもちゃでいっぱい。
このコーナーには「木のカトラリーづくり」もあり、それぞれがクラフト体験に没頭されていました。

子どもの木育ひろば.jpg

木のカトラリーづくり.jpg

「森のヨガ」は、会場から離れて、奥まった静かな場所で実施しました。
午後、太陽礼拝のポーズをとる場面で、突如、雲が晴れ、陽の光に包まれるという…。
参加された方の印象に強く残った瞬間でした。

この日の参加者アンケートでは満足度100%の評価をいただきました。
お寄せいただいたコメントの一部をご紹介しますと…
〇自然を感じながらの一日、とても幸せな時間だった。
〇全て良かった、こんなに楽しいイベントがあることを家族にも伝えて次はみんなで来たい。
〇この世で一番楽しかった、サイコー!

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
地域と連携した森林セラピー体験イベントは来年度も開催します。

また森でお会いしましょう!

集合写真.jpg

Posted by 岸本 at 22:07 | ちいさな森カフェ2023秋 | この記事のURL | トラックバック(0)

【11月12日(日)ちいさな森カフェの確認事項】[2023年11月11日(Sat)]

11月12日(日)は、国立山口徳地青少年自然の家で、ちいさな森カフェが開催されます。


すでに天気予報を見て、実施は決定済み!今日は、明日のご来訪に向けて、ここだけは!という確認事項をお知らせします。


smallmoricafe.png


1 自然の家は、山口市中心部から50分程度です

 国立山口徳地青少年自然の家は、徳地地域の中心部堀から13km程度です。県庁や防府市中心部からだと50分程度は見込んでおいてください。周南市からだともう少し。思っているより遠いかもわかりませんので、事前にカーナビ等で、ご確認ください。

 ※細い道でナビされる場合もありますが、山道なので国道489号線を通る大きい道がお勧めです。

2 会場には、お弁当販売やキッチンカーはありません

 今回、会場でお口に入るものは、山農ベーカリーのパンと、焚き火コーナーのお芋や、カフェコーナーの徳地の野草茶やコーヒーの試飲、森の案内人の手作りシロップのジュースくらいで、キッチンカーやお弁当の販売はありません。

 9時30分から15時までの間、お昼ご飯を食べるようになると思いますので、お弁当など、お持ちいただければと思います。

 会場近くには、コンビニや食堂はありません。一番近いのは、徳地堀の丸久徳地堀店と、ローソンです。そこを過ぎたらお弁当は購入できませんのでご注意ください。


3 配布チラシにないプログラムも登場しています

 今回のちいさな森カフェのチラシがリリースされてから、いくつかのプログラムが追加されています。

○山農ベーカリー(山口農業高等学校)

 山口農業高等学校の生徒さんたちが、焼き菓子とパンの販売をされます。知る人ぞ知る山農ベーカリーは、とっても美味しいと評判で、農業高校のお祭りでは、あっという間に完売の人気ぶりです。お楽しみに。


◯竹あかりを作ってみよう(株式会社樹)

 竹を活用してふるさと徳地を元気にする活動をされている株式会社樹さんが、ちいさな森カフェに初登場。今回は、竹を使った灯りづくりを行なわれます。

 これからクリスマスのイルミネーションの季節になりますが皆様のお家用に、とっておきの灯りを作ってお持ち帰りいただけたらと思います。


◯木のカトラリーづくり

 森の案内人の会が「やまぐち森林づくり県民税事業」の補助を受け、岡山県西粟倉村で作られたヒトテマキットを用いた木のカトラリーづくりを行います。ヒトテマと言いながら、木を削り、磨いて、手触りも香りも素敵なカトラリーを作る時間は、まさに全集中!

 オイルを塗って仕上げたら、予想とちがったすっきりした時間になること請け合いです。


フィールドは、一年で最高の時期です!

 ここ1週間程度の活動では、まさに最高の秋晴れ、とっても素晴らしい森ととっても素晴らしい空に出会えました。木々も様々に色づき、季節の移り変わる様子を目で見て感じるひとときになると思います。

 雨の心配は少ないと思いますが、朝は少し肌寒かったり、風が冷えたりする可能性もありますので、一枚上着をお持ちいただいたり、汗をかきそうだったら脱げるように重ね着しておくのがおすすめです。


明日が良い1日になりますように

 暦の上では、立冬を過ぎ、このちいさな森カフェが過ぎたら、いよいよ師走の足音が近づいてきます。

 森歩きや山登りをしなくてもいいんです。焚き火を囲んだり、寝転んだり、スプーンを作ったり、年末の忙しさとかは、一日おいておいて、様々な森の活動を通じて、ゆっくり森を味わう時間になればと思います。


 それでは、皆様、明日11月12日(日)ちいさな森カフェでお会いしましょう!


Posted by 岸本 at 07:42 | ちいさな森カフェ2023秋 | この記事のURL | トラックバック(0)

【イベントレポート 11月3日(金祝)『紅葉の狗留孫山トレッキングツアー』】[2023年11月03日(Fri)]
令和5年11月3日(金祝)、9時より
徳地体育館集合で『紅葉の狗留孫山トレッキングツアー』を開催しました。
お天気は晴れ、気温26℃予報、準備を整えて出発です。

参加者は一般6名(大人4名、お子様2名)、森の案内人3名。
この企画は定員を少なくして募集した、いわば、マンツーマンのツアー。
徳地の目抜き通りを通って法華寺(通称:庄方観音)を通過。

9時41分 (1).jpg

お寺の裏にある登山口に到着。
立て看板でこれからのルートを確認して、登山を開始しました。

9時54分.jpg

前半の上り坂を経て鳥居をくぐり、奥の院参道と重なった登山道を進みます。
ペースはゆっくり。森は少しずつ紅葉が始まっていました。
途中途中で水分補給や衣類調整を図りながら樹木の香りを楽しみます。

10時46分.jpg

「御詠歌岩」の前を通過。
岩に刻まれているのは「八重かすみ 峰よりかけて 狗留孫の 仏のちかい たのもしきかな」という信仰をたたえる和歌です。

11時10分.jpg

次第に奥深くなる森の雰囲気の中、ふたつのピークを目指して歩き進めるも…「おなかすいたよ〜」と言うお子様達の様子を見て予定変更。
鷲ヶ岳は断念し、狗留孫山山頂で昼食にしました。

11時55分.jpg

山頂の眺めよし。
たっぷり休憩をはさんだことで、お子様たちもすっかり元気に。

9.jpg

身支度を整えて、下山を開始。

13時01分.jpg

復路は「悪人戒めの岩」に立寄ったあと、草笛を吹いたりムカゴを収穫しながら、15時過ぎに元気に帰着となりました。

13時27分.jpg

アンケートは満点の評価をいただきました。
参加者のコメントの一部をご紹介しますと…

〇皆さんと一緒で楽しかった。
〇割とハードなコースだけど、色々なものを紹介してくれたので飽きずに楽しく登れた。
〇草木や実の味や香りを楽しみながらの登山になった。

ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。
またお会いしましょう。

Posted by 岸本 at 22:08 | イベントレポート | この記事のURL | トラックバック(0)

【森の案内人の会が令和5年度山口県農山村振興賞を受賞しました】[2023年10月24日(Tue)]
森の案内人の会は、令和5年度『山口県農山村振興賞』を受賞しました。
この賞は、地域において創意工夫と自助努力により、地域農林水産業の振興に顕著な実績を上げている団体・個人に対して表彰されるものです。

森の案内人の会は、平成19年の団体設立以降、森林セラピーガイドツアーや地域と連携した体験交流イベントを実施し、地域活性化に寄与していることが評価されました。

10月24日、山口県庁において、会長 栗林憲一が会を代表して村岡嗣政知事より賞を受け取りました。

森の案内人の会 栗林氏.jpg

県内で様々な活動をされている団体とともに、記念写真を撮りました。

IMG_2675.jpg


平成18年に森林セラピー基地が開設され、平成19年に会を発足して以来、森林セラピーをキーワードに様々な活動を行ってまいりましたが、これは一重に、ご指導いただいた森林・林業関係の皆様、健康・福祉の領域や、自然体験活動等の講師をはじめとした関係者、行政の皆様、熱心に活動を育んでこられた先輩方、そして、徳地の森に足を運んでいただいた皆様のご支援、ご協力があってこその受賞だと考えております。

この賞に恥ずかしくないよう、これからも真摯に活動を培い、森林セラピー山口の目指す、人と森と地域の元気づくりに貢献していきたいと思います。

これまで応援いただき、ありがとうございました。
引き続き、森林セラピー山口 森の案内人の会をどうぞよろしくお願いします。

また森でお会いしましょう!


Posted by 岸本 at 22:09 | トピックス | この記事のURL | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
最新記事
タグクラウド