CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« とういんわくわくフェスタ2018実行委員会議事録 | Main | 【投稿記事】カンターレ「旧 オカリナ憩」(その3) »
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

とういん市民活動支援センター運営委員会さんの画像
リンク集
検索
検索語句
人形劇「しあわせの種」上演と講演(H30東員町人権講座・人権講演会より)[2018年05月26日(Sat)]
2018年5月26日(土) 東員町総合文化センターで、「いのちの言葉プロジェクト」による人形劇「しあわせの種」上演(鈴鹿大学の学生さんも参加)と代表 鷲見三重子さんの講演がありました。
 人形劇「しあわせの種」は16歳の少年が交通事故に遭い、残された家族・友人が死を通して、想い、考えた実話をもとにした作品です。
 『命は自分だけのものではなく、自分を大切に思ってくれる人のものでもある』という想いを人形劇とお話で伝えられました。
 また、北星高校・大崎先生から、「グレープフルーツ実験(ふわふわ言葉を書いたグレープフルーツは甘くなり、ちくちく言葉を書いたグレープフルーツはまずくなるという実験)」を通じて、日常使う言葉がいかに大切かの話や参加スタッフの感想があり、全員参加の元気なダンス(オリジナル曲)で締めくくられました。
 尚、同時開催で「いのちの灯り」の灯篭展示(同センター展示室)もありました。
鷲見さん.JPG
北星高校オオサキ先生グレープフルーツ実験.JPG
鈴鹿大学生.JPG
Posted by とういんセンター at 15:03 | 団体訪問記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/toincenter/archive/99
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント