CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第11回はが路100km徒歩の旅、無事終了しました | Main | ZEN100福岡会議レポート その2»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ZEN100福岡会議レポート その1 [2014年11月07日(Fri)]

こんにちは!白鴎大3年のしおりでするんるん

10月25日、26日
「全国100km徒歩の旅 2014福岡会議」が開かれましたexclamation
はが路では…
実行委員会から、全国100km徒歩の旅副会長も務められている堀内実行委員長、鳴井団長、こぐっちゃん、カンベさん、はこっちさん。
学生スタッフから、こうた、とだっち、のぶ、みず、けーも、私の計11名で参加してきました。

まずは一日目の様子から目

羽田空港から約2時間のフライトで福岡に到着し、会場へと向かいます。
…羽田までが、集合から首都高渋滞を経て3時間かかってますがダッシュ(走り出すさま)

DSC01058.JPG

当日は13時からのスタートでした。
会場に着くと、たくさんの椅子と机がexclamation×2
今年は260名の参加者で過去最多だそうです。


全国100km徒歩の旅、梶原日出男会長の挨拶から始まり、続いてスッタフ報告へと移ります。
学生スタッフからは、「ながさき」、「寺子屋つばさ」、「常総」、「みなとのまち」、「鹿児島」の6団体、
社会人スタッフからは、「カシオペア」、「むさし」、「はが路」、「おおさき」、「つくし路」の6団体、計12名のスピーチを聞きました。

「100kmと私」というテーマのもと、6分間の、皆さんの堂々とした素晴らしいスピーチに圧倒されました。
学生スタッフのスピーチには共感する内容が多くありました。
全国で同じように頑張っている学生がいるのだと実感することができました。

社会人スタッフのスピーチでは、
はが路の代表としてこぐっちゃん足

DSC01068.JPG

そしておおさき100km徒歩の旅からは鳴井団長の妹ふーちゃんリボン

DSC01072.JPG

お二人のスピーチを聞くことができました。
100kmへの愛が伝わり、とても感動しました黒ハート
このように社会人スタッフの100kmとの関わりを聞ける機会もなかなかないので、私たち学生にとっていい刺激になりましたグッド(上向き矢印)


スピーチの後は、梶原会長の基調講演です。
何の話をするのだろう?と聞いていたところ、初めに話し出したのはなんと、「味噌汁」のお話exclamation×2
100kmの作り方を、味噌汁の作り方に例えてお話してくださり、なるほど〜と思いました。
例えば、
ベースであるだし→社会人スタッフ、学生スタッフを集める
都度味見をしていく→事業説明会、参加者保護者研修会の充実
具材を吟味し、味がぶつからないようにする→事前研修、会議、準備等
味噌を入れる→4泊5日の本番
おいしかった〜→ゴールであり、報告会
食習慣となっていく→100kmを継続していく

全国各地の味噌→それぞれの100kmのコースであり、
生きる力という味、(問題解決能力)を子どもたちに与えることが大切であることが分かりましたぴかぴか(新しい)
100kmで味わうことのできる味は、感動、達成感など数えたらキリがないくらいありますひらめき

こうして、100kmは作られていくんですね〜わーい(嬉しい顔)
…私の説明不足で分かりにくかったらすみませんがく〜(落胆した顔)



そしてフリーディスカッションに移りますメモ
会場をぐるぐるしながら、ペアになったり、何人かでまとまって与えられたお題について話していきました。
・スピーチや梶原会長のお話を聞いての感想
・学生が終わってからの関わりあい方
・100kmが100年続くためには
・100kmをやる前と今の私

などなど様々なテーマで議論を交わしていきましたひらめき
時間が足りない!と思うくらい夢中になって話し合うことができましたぴかぴか(新しい)


最後に懇親会ですレストラン

DSC01088.JPG

今度は食事を囲み、みんなとわいわいしながらも有意義なお話しすることができました。


1日目お疲れ様でしたあせあせ(飛び散る汗)
コメントする
コメント