CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月30日

署名提出・会合の報告


                      山根副大臣とCL-Net代表団

2011年5月5日から7月31日の間にCL-NET主催で児童労働反対の署名運動が行われみなさまからご協力を頂いた、「世界から児童労働をなくそう!署名」は、最終的に21万2346筆集まりました。 先日、そのひとつひとつを厚生労働省、文部科学省、外務省の3省へ提出いたしました。
厚生労働省での報告は、先日おこないましたが、外務省・文部科学省の報告は
CL-NETのホームページでの公開をしてからということで、先日公開されたので
外務省に提出した際の報告をします。

FTCJのこども代表委員として2011年10月5日(水)山根副大臣に「世界から児童労働をなくそう!署名」を提出しました。
山根副大臣は、「震災後アフリカ諸国から支援やメッセージが届き、世界の連帯を実感できた」と賛同して下さり、「ODAの予算は減少しているが、日本としてできることをやっていきたい」とおっしゃいました。

今年の署名提出の中では、一番長く意見交換をすることができ
筆者以外のFTCJメンバーも自分の思いを十分に伝えることができました。
筆者は、今年3回目の署名提出ということで話す話題のネタがだんだんとなくなってききたもので考えるのが大変だったのですが、ちょうど署名提出を行った週がノーベルウィークであったことからノーベル平和賞から関連ずけてお話をさせていただきました。
「ノーベル平和賞を受賞した方々の活動は、女性であったり奴隷解放であったりするが、それもこどもを中心・対象として活動したことで受賞した人はいない。
それは、世界でもこどもに対しての支援活動が今だ広まっていないということを
表しているのではないか」「国内でも今だ児童買春などの問題が残っているので先進国の一つとしても早期に解決してほしい」
「世界のこどもの意見を聴きながら政策を練ってほしい」というような話をさせていただきました。こどもは大人になり、大人は年をとり年寄りになってきますが、大人も年寄りもこどもに戻ることはありません。なのでこどものことを考えるということは非常に難しいことです。
こどもの福祉の充実・児童労働の撤廃にはこどもが立ち上がっていくことこそが大事だと筆者は考えています。



                   意見交換の様子
posted by clubwpj at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良

2011年10月26日

TERRAへ祈るの報告



東日本大震災があり、報告をしていませんでしたが
東日本大震災直前の3月3日に、TERRAへ祈る〜世界を知ろう、未来を変えよう〜にアクションキッズとして出演させていただきました。

実は、このイベントで5月に開催した際に来ていただいたアンディさんと彩花-iroha-さんと知り合いになることができ、震災約一週間前に行われたこのイベントは今の筆者の活動に大きな影響を与えています。
TERRAとはラテン語で「地球」や「大地」という意味がありますが、「自分」や「日本」よりも、
「地球」という大きな視点で世界の問題を考え、平和への願いをかたちにするイベントを実施しました。

主催:TERRAへ祈る実行委員会
協力:全日本仏教青年会 全日本仏教青年会支援の会 NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
後援:カナダ大使館 協賛:UCC上島コーヒー で恵比寿ガーデンホールで行われたこのイベントは
ユーストリームでの生中継もされました。

世界の現状を知ろうと、様々な活動が行われていますが
このイベントのように、芸能人のかたも呼んで楽しく行っていくことで
もともと、世界の問題にあまり興味がなかった人でも参加できる環境を整えることで
また一つ、世界の問題が解決されていく手段が広がります。

このイベントは震災直前に行われたものですが
3月11日を境に、世界からの支援を受けたことによって
日本人のなかでも、このとき以上に世界で苦しんでいる人たちに目を向けれるようになったと思います。




posted by clubwpj at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良

2011年10月24日

いよいよ事務所



みなさんこんにちは!
秋が深まっていくのかなぁ〜と思っていたら最高気温27度の予報という
10月下旬らしくない感じがします太陽
筆者としてはあたたかいほうが好きなのですがウインク

さて、いよいよClub World Peace Japan(東京)では、
これから活動を今以上に活発化させていくためにも、
体制の立て直しを行っていくためにも、事務作業をメンバーがそろって行う必要があり
電話対応・事務所での相談等を行っていくことも必要になったため、
お父さんのようにお世話していただいているアントレハウスの松村さんにお願いをし
アントレハウス駒沢にて、日程・時間等は限られていきますが事務所としてつかわせていただけることになりました!
ぜひ、近くのかたや興味のある方は遊びにいらしてください(要予約)

これにより、これから改めてメンバー一同一つになって
福岡支部にもまけないように(笑)全力で取り組んでまいりますので
改めて、よろしくお願いします!



●住所
〒154-0012  
東京都世田谷区駒沢1-3-2-102 アントレハウス駒沢内

●電話番号
電話 03-6804-0604   クラブワールドピースジャパン (アントレハウス駒沢内)
■当団体スタッフ対応時間(祝日を除く)
 月曜日 水曜日 木曜日 16時30分〜21時30分まで (それ以外の時間は、当団体スタッフ以外が対応します)

(交通)
最寄り駅:田園都市線『駒沢大学駅』より、徒歩2分
駒沢公園口を出て自由通りを150m歩き、
最初の信号を右折3軒目
マンションの1階です
posted by clubwpj at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良

2011年10月18日

人が人でいるためには?

みなさんもご存じかと思いますが、中国で、非常に残酷な事件が起きました。
これに対し、中国国内のみならず世界中から非難の声が殺到していますが
どうして、こんなことが起こってしまったのでしょうか?

この事件は中国で起きたものですが、今の日本でも十分起こりうると筆者は感じています。それは、今の日本人の中でも特に若者に「無関心」という問題が広がっているからです。しかも、アメリカでも倒れている男性がいたところを素通りしていくという事件がありました。これから、多くの国でこのようなことがおこる可能性は否定できません。
 これこそ、筆者がまえまえから訴えている地域コミュニティの崩壊(電子ゲーム機器等の普及によるものではないか)が原因ではないかと思っています。
 秋葉原の連続殺人等もそうですが、いわゆるゲーム感覚で生きてしまっている人が増えているのも事実です。どうにか、コミュニティを再生させて
人間が人間でいることができるようにしていく必要があると思います。
 無関心の問題というのは、命に対して大きな影響を与えていることは間違いありません。
 


記事 ライブドアより引用
http://news.livedoor.com/article/detail/5954205/



道徳崩壊の女児ひき逃げ放置事件、世界の主要メディアも報道


広東省で13日に発生した2才の女児が車にひき逃げされ、事故の一部始終を目撃した18人が見て見ぬふりをした事故が中国で波紋を広げているが、世界の主要メディアも大きく報じている。環球時報(電子版)が19日付で報じた。
 英紙インディペンデントは、今回の事件は中国人に驚きと恥辱を与えたと報道。人びとのあいだでは、「中国はすでに道徳的指針を失ってしまったのか、激しい議論が交わされている」と伝えた。米CNNは、見て見ぬふりという冷酷な態度に、多くの人が憤(いきどお)ると同時に、女児を助けた女性の行動に希望の光を見出していると報道。「この清掃員は良識に従って行動したが、多くの人びとがすでに良識を失ってしまった」と伝えた。
 また、ロイター通信は、多くの中国人が他人を助けないのは、自分が加害者とされかねないためだと分析したほか、CNNは「近年の中国では事故などの被害者を助けるべきか否かの議論がされているのは、事故の被害に遭遇した一部の老人が、高額な医療費をねん出するために、助けてくれた人を加害者として法廷で訴えるということがあったため」と報じた。
 そのほか、米タイム紙は、「中国政府の関連部門が過去に、老人が倒れていても、すぐには助けないように、と国民に忠告していた」と紹介し、この提案の結果が非常にはっきり表れていると伝えた。また、米ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国には「勇気を持って正しい行動をする」ことを支持する法律が欠如しており、他人を助ける親切な人を保護することができないと分析している。(編集担当:及川源十郎)
posted by clubwpj at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良

2011年10月16日

持続可能な開発のための教育




認定NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)が主催するESDフォーラムに出席してきました。

〜ESDとは〜
Education for Sustainable Developmentの略です。
ESD-Jは、環境・開発・人権・平和・ジェンダーなど、様々な社会的課題や教育にたずさわるNGO/NPO・教育関連機関・自治体・企業・メディアなどの組織や個人が参画しています。
社会の課題と身近な暮らしを結びつけ、新たな価値観や行動を生み出すことを目指す学習や活動です。例えば、持続不可能な社会の課題を知り、その原因と向き合う。それらを解決するためにできることを考え、実際に行動する。そのような経験を通じて、社会の一員としての認識や行動力が育まれていきます。
また、豊かな自然といのちのつながりを感じたり、地域に根ざした伝統文化や人びとと触れながら、人と自然、人と人との共存や多様な生き方を学ぶといったことも、ESDのアプローチのひとつです。
ClubWPJでいえば、海とふれあいプロジェクトやサマーキャンプなどは、環境保全と地域活性化、こどもの育成(次世代のリーダー)活動等にあてはまり、これはESDそのものといってもいいかもしれません。

--

もちろん今回のフォーラムに、いわゆるこどもというのは私以外1人も来ていませんが、まぁそれはなれたことですので(笑)
今回は、分科会で私が積極的に意見を言わせていただいたおかげか、途中からファシリエイタ―の中に登壇させていただけました。
登壇することができたこともあり、多くの方と名刺交換・お話をすることができました。NPOの活動というのはやはり横のつながりが重要で、つながりが強ければ強いほど活動もより充実したものになりますし、広がっていきます。
また、次のESDのフォーラムにも日程次第ですが参加させて頂こうと考えています。それにしても、このフォーラムでも知り合いが同じ人というのでしょうか、ある程度つながりがある方がいらしていて、面白かったです。今日も充実した一日を送ることができました!
お会いした方々のお力を借りながら、これからの活動につなげていければと思っています。

写真、舞台の真中に偉そうに座っているのが筆者です!
posted by clubwpj at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良

2011年10月02日

署名関係の報告

署名関係の報告は、CLNETで報告が掲載されたのち
みなさまにご報告しますので、少々お待ちください。

文部科学副大臣・外務副大臣
posted by clubwpj at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良

2011年10月01日

更新について


現在 中間テスト前のため
ブログの更新を見合わせています。
いましばらくお待ちください!

目指すは、全教科トップ3!!
posted by clubwpj at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良