CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月27日

ブンイトー市、タップマー市、野毛坂グローカルのオンライン協力協定署名式



126004809_10224432291225011_2690599959876628691_o.jpg

理事を務める国際NGO野毛坂グローカルにて
タイ王国のブンイトー市、タップマーと協力協定を結びました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、移動が制限されている中、
オンラインで協力協定を締結しました。

今回、締結したのはコミュニティーベースでの統合型高齢者ケアに関するもので、ブンイトー市との取り組みは、国などの助成金に頼らず、自立した地域包括ケアシステムを構築することのモデルとして、注目されており、タイ国内の様々な自治体からお声がけが入るようになりました。

社会保障制度は、日本国内においても、人・モノ・コト・おカネの限られた資源をどう配分するかが課題となっています。そうした中で、ブンイトー市ではデイケアセンターの利用者(受益者)の負担と、経済的余裕がない方々に対しては、コミュニティー内の人による支援体制と、基金の運用による体制を構築しています。

127187656_10224432289304963_5479065329906978334_o.jpg
タイ王国側では市長、保健省のみなさを始め、地域の方々、100人以上の方々にご参加いただきました。自助・共助・公助のバランスについて日本国内でも議論が増えているなか、新しいモデルを国を超えて提供することができれば幸いです。
posted by clubwpj at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良