CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月25日

広島から報告



先日、広島では国際交流・協力の日に合わせ
クラブワールドピースジャパン広島支部が出展してきました。
広島支部長の上野は、就任あいさつの際に、広島という地を生かし平和を発信してい行きたいと訴えていて、企画を重ねて今回初めて広島で形にしていくことができました。

「国際交流・協力の日」は、主に広島市内で国際交流・協力活動を続けている市民団体、企業などが中心となって平成12年度から毎年開催しているイベントで、今年で9回目の開催となります。「学び」を基調とした様々な国際交流・協力に関する事業を行い、来場者の皆様方に楽しみながら外国文化に触れることができ。子どもから大人まで楽しめる内容になっているそうです。

もちろん、筆者も行きたい気持ちは山々だったのですが、残念ながら用事が重なってしまっていたのと、いくらなんでも東京から広島に出張できる余裕がなかったので行くことはできませんでしたが、来年にでもぜひ伺いたいと思っております。

 クラブワールドピースジャパンは、現在では次世代の育成活動を柱として活動を行っておりますが、もともと途上国の支援のためになにかできることはないかと思い集いました。だんだんと自分たちのそれぞれの役割、やらないといけないことが明確になってきてそれぞれの支部で軸は同じだけども違った事業を進めているのが私たちの特色でもあります。






広島支部と、
ClubWPJ全体の事業の報告とワークショップへの参加等をしてきたそうです。
今回、広島支部のメンバーが不足していたということで
多くの方に臨時のボランティアを募集してご支援をいただき、受付等していただいたと支部長からご報告をいただきました。これからも、宜しくお願いします。