CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年08月28日

公明党議員と打ち合わせ


 本日は日本若者協議会準備会で
公明党の樋口議員(青年局長)と打ち合わせでした。
先日ユースパーラメントをご一緒に開催してから、
これから改めて勉強会を開催していき、若者からの政策提言を行いたいと
勉強会の日程や段取り、政策作成までのスケジュールなどや
若者政策、特に財政健全化と年金問題について話し合いました。

11892096_924189501008649_6614133782734752735_n.jpg

 一過性のイベントではなく一緒に形をつくっていくプロセス、
大事だと思います。これからの公明党との企画が楽しみです。


2015年08月27日

自民党党成年年齢特命委員会



WS000001.JPG

成人年齢を現行の20歳でいいのか、それとも18歳にさべるべきなのか?
自民党本部で行われた特命委員会で当事者からの意見聴取ということで
若者協議会を通じ出席してきました。

お酒やたばこ、競馬・競輪・競艇から少年法、選挙権、被選挙権に関する議論がなされるなか、すべてをひとくくりに考え、同時にすべてを下げるのではなく分けて考えるべきという立場から「権利と責任という面では18歳。お酒やたばこに関しては、医学的見地に基づいて決めるべきではないかと」と発言しました。ほかにも被選挙権の引き下げについて思うことなども伝えました。

WS000000.JPG

選挙権や被選挙権、少年法はどちらかといえば権利と責任の問題、お酒やたばこは健康といった観点から立法趣旨そのものが違います。18歳を過ぎていて、自動車の運転もできる、人生にかかわる進路の決断も本人が中心となってしている、だから20歳未満でもお酒を飲んだりたばこを吸ったりする「権利」はあるのではないかという主張も理解できますし、大学生になり新入生歓迎会やサークルなどで未成年でも飲んでいる学生がいるという実情もわかっているつもりです。しかし、だからといってまだ完成していない身体に与える影響や、18歳に下げることで高校や高専での混乱、さらなる飲酒年齢の低年齢化など懸念が払拭できません。健康は二度と取り返せないこと、当事者とともに慎重に議論が進めている自民党の姿勢に共感しました。


結果的に成人年齢等の引き下げは延期されました。
写真はテレビ朝日のニュースページから抜粋 http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000057555.html (動画も見れます)

2015年08月06日

維新の党×日本若者協議会準備会 若者政策研究報告会



919b8f1c-s.jpg

 これまで6月、7月に維新の党青年局との2回の合同勉強会を行わせて頂き、政策作成を行うチームごとでも研究、勉強会を重ねながら政策を作成。

 本日は「若者政策研究報告会」と題し、維新の党からは柿沢未途幹事長はじめ、維新の党青年局の議員の皆様に、これまでの議論で若者たちの意見を集約し、維新の党のマニフェストに盛り込んでもらえるように政策作成したものを発表しました。

 私の所属する政策チームから提案したのは、
「被選挙権年齢の一律18歳への引き下げ及び供託金・推薦人制度選択制の導入提案」です。

 選挙権年齢が次の参議院選挙から18歳に引き下げされることとなりましたが、いまだ被選挙権は衆議院で25歳、参議院では30歳と先進各国と比べても高く、若者の政治への関心を低下させる要因にもつながっています。

 また、供託金の額も先進国では異常ともいえる額で年収が約200万円台の20歳代は到底立候補することは難しく、国政では300万円、重複立候補の場合は600万円です。これを供託金をなくすだけだと候補者の質を担保することが難しくなりかねないため、推薦人を一定数以上を集めれば供託金を出さなくてもよいという制度があればいいのではないかと詳しく提言いたしました。

 他のチームからは、
■子ども・若者省の設置および若者の意見を集約する若者協議会の設置提案
■審議会委員における若年世代の割合の増加
以上のふたつが提案されました。

政策内容の詳細や維新の党がこれら提案に対しどういう取り組みを行っていくのか、日本若者協議会のウェブサイトにてご覧いただけます。

 維新の党との政策立案はひとまず今年はこれで以上となりますが、引き続き研究・勉強を重ねながらよりより提言をしていくことができるように努めてまいります。


2015年07月14日

公明党×若者協議会 パネラーでユースパーラメント



11755909_865080423586778_2777030835657495401_n.jpg

  日本版ユースパーラメント〜公明党〜

 先日所属する日本若者協議会準備会でユースパーラメントを公明党と行いました。第一回の維新の党とのときは私がアメリカにいたため参加できず、今回の参加をずっと楽しみにしていました。
 私を含めて大学生、大学院生の4人と公明党議員とのパネルディスカッションでは、被選挙権の引き下げや投票率向上につなげようと投票所についてや、若者への支援といったことが提案され、私からは供託金の年齢別もしくは収入別の引き下げと推薦人制度の導入を提案しました。

11017349_865080456920108_8801598160156036097_n.jpg

いずれも提案も公明党議員の皆さんは前向きに検討してくださるといった雰囲気で、肌で若者のことを真剣に思っていただいている政党と接することができ、正直感動しました。ついその前に維新の党の国会議員と勉強会もあり、その場でも若い意見をもっと取り入れていかなくてはいけないといった趣旨の発言を議員さんからしていただき、長年の夢が実現しそうで鳥肌が経ちました。もっともっと勉強してがんばらなくては。

2013年10月28日

高野山シアトル


こんにちは!
シアトルはだいぶ寒くなってきました。気温でいうと5度〜12度くらい、ときどき2度までさがります。といってもいまよりもそんなに寒くなるわけではないそうです。氷点下にはあまりならないとのこと、雪もめったに降らないので閖上と似たような天気? 東京よりはちょっと寒いです。

そして紅葉も綺麗、高野山シアトルも綺麗に紅葉していました。
自転車で学校にいく途中で落ち葉の道が出現!きれいなのはいいのですが、段差等が見えなくなるので手に力が入ります。

1378511_534344646660359_521258959_n (1).jpg



1月前くらいから真言宗高野山で身近なことから仏教のこともまで勉強させていただいています。日本で生活していると仏教ってほんとに身近、お寺を中心とした街もあったり、寺子屋をしていたり。もちろん冠婚葬祭でも深くかかわっています。母の家族はロシア正教会、父の家族は浄土真宗で、といっても伝統的にというところ... キリスト教は勉強したことはありましたが、仏教はあまりなかったので、今回せっかくなので勉強することにしました。ちなみに父曰く石川で力をもっていた豪族富樫氏の血を引いているのですが、その富樫氏は浄土真宗の保護などに力をいれていたそうです。

いま、シアトルにきている先生はお忙しいところ、ごまのためにきてくださり臨時の5日間の滞在、いつもいらっしゃる先生は日本に一時帰国されており、来月末ごろもどられるそうです。水曜日に日本に帰られてしまうということで、それまでちょっぴり寂しいですが、毎週日曜日はお寺は開いてくださるそうです。先生の話しもためになります。なのより、お寺は落ち着きます。仏教や日本語の深さ、アメリカにもいいところはあるけども、日本が僕は一番です。日本は神道(神社)がオリジナルの宗教ですが、日本の仏教というのもインドやタイなどの仏教とはちょっと違って日本だからこその雰囲気がでていて、僕はそれが好きです!日本は月曜日、こちらは日曜日、今日からの一週間もがんばります!

1377005_534344479993709_1322875860_n.jpg


今日はお寺で家内安全と身体健康をお願いしてきました。そのあとお寺でお接待と掃除のお手伝い。天気も良く、心と身体もリフレッシュ、いいことありそうです。

ブログランキングをボランティアから政治に変更しました。
これからもみなさんのポチご協力よろしくお願いします。

政治 ブログランキングへ

2013年07月09日

豊田市のママたちとお話会


愛知県豊田市
豊田市といえば、そうトヨタで有名なまち
はじめて
豊田の街をまわりました。

以外にも豊かな自然がたくさん残っていて
ご挨拶をすると
笑顔で手を振って返してくださるかたが多く
なんだか心あたたまりました。

特に、川の横では
すずしい風ときれいな空気で
気持ちよかったです。
そんな豊かな緑を守っていきたい
改めて思いました。

さて、今日は豊田市で開かれていたオーガニック等の朝市と
お母さんたちとのお話会にお邪魔させていただきました。

1044817_361002557362415_1857773490_n.jpg

毎日の食事のことから、経済の話し
そして閖上のことまで、深いお話会でした。

特に、自分の思いを伝えていくことより
お母さんたちのお話をきいて
どういう世の中だと暮らしやすいのか
こどもを守っていくことができるのか
大切な家族、暮らしを守っていくために
深く考えることができました。

会場は地元のお寺さん
冷房もないのですが
風通しがよく、涼しく
快適に過ごすことができ、ここからも
自然との共生、考えていけました。

今日の出会いにも感謝!

2013年07月03日

公示日前日



宮城での生活にもなれてきましたが
明日からは大切な期間がはじまります。
今回、候補者との意見交換会に参加しました。
それにしても、いよいよ夏
暑くなってきましたね!!バテないように
しっかり食事と水分とって
がんばります!!

1010283_476310395797118_809822288_n.jpg

今日は藤沢で大野さんたちと交流意見交換会、
時間とともにひとが増えていきました。
81歳の大先輩からのアドバイス、
都民投票で一緒に渋谷で活動してきた高田えりさんとの久しぶりの再会などなど、
東京に帰ってきた初日、
充実した日を送ることができました。

いよいよ明日から選挙本格スタート、
政治活動の範囲でできるかぎり応援をさせていただきたいと思ってます!
まずは投票率を上げていきたい、特に20代の投票率を90台にはしたい
今回の選挙では体力の限界まで
対話を軸として
沢山のひとが政治と関われる機会を作っていきたいと思っています。

2013年06月29日

お台場で大きなアクション!


アクアシティお台場、アクアアリーナにて
ピンクシャツデージャパンサマーが行われました!

私はエグゼクティブプロデューサーに任命していただき
ほんの少しではありますが
できることから
お手伝いをさせていただきました!!

そもそも
みなさん、ピンクシャツデーとはなにかご存知ありますか?

あるひ一人の男の子がピンクのシャツをきて
学校に登校したところ、ゲイだといわれいじめを受けました。その様子をみていた学校の先輩たちが、いじめをやめさせようとピンクのシャツを買い、そして呼びかけ、いじめられたこを守ろうと、沢山の生徒がピンクのシャツをきて学校にきていじめをとめたという実話からはじまったチャリティーです。

1044935_527998777267767_709351954_n.jpg

今回のイベントは
ピンクシャツデーの渡辺さんから
メッセージがきたときに
一緒に話しましょう!ということになり
お話をうかがったら
本当に熱かったんです。彼のことばに感動して
ご協力をさせていただくことになりました。

東京から離れている日が多かったため
なかなか準備の段階から
お手伝いをすることはできませんでしたが
少しでもお役に立つことができてよかったです!
ちなみに、一緒に活動している中学生・高校生にも
来てもらって、時間をいただいて
インタビュー形式で
一緒にお話をさせていただきました!

いろいろなアーティストのかたがたや
業界人のかたがたに支えられ
多くのかたにメッセージも伝えることができたことは
日本を世界を変える第一歩になるのではないでしょうか。

アクアシティお台場という素敵な場で
貴重な機会をいただけたことに、改めてお礼申し上げます!!!!

度をこしたいじめがなくなり、助け合いが広がりますように。

2013年06月27日

松阪市 山中市長と対談 (公開討論会)


今日は三重県松阪市で、地元のかたがかにおよびいただき
市民派として、沢山のかたかた
注目を集め、またときにはモデルとされている
山中松阪市長と対談(公開討論会)の場を設けていただきました。

すでに、夕刊三重など地元のメディアでは
対談前から、対談が行われるということも
報じており、会場はちょうど満席
多くのかたにきていただきました。

1017192_223770857773299_1976618344_n.jpg

松阪市長との対談は
市長と対談するというだけでも緊張するなか
生中継などもはいり
最初は緊張していましたが
市長が気をつかってくださり
緊張をほぐしてくださいました。

市長と話をしているなかで
紳士さというのを一番に感じました。
常に低い姿勢で向き合ってくださり
対等に話をしてくださったことは本当にうれしかったです。

また、NPO活動のことから話は入っていったのですが
そのなかで、時々政治活動家等と私がみられることがあるけども
政治というのは、あくまでもNPO,ボランティア活動からの延長線上にあって
目的は政治ではないということ
この想いを共有できていたことは
本当に感動的でした。

どうしても、政治活動家などといわれることが多いのですが
あくまでもボランティア活動から入っていき
たとえば、海の問題では
大好きな海を守っていくために
一部のひとたちの利権だけで
環境破壊はしていってほしくない、そういう単純な思いで
いまも活動を行っています。

sityou.jpg

市長との対談のなかで
津波の被災地のことや
福島第一原発事故による風評被害などについても深く
お話をすることができました。
偶然にも関係者のかたがたなども
対談数日間に名取のほうにもきてくださっていたということもあり
なぜ、いま名取市に移り住んで活動を行っているのか
スムーズにお話をすることができました。

「現場」に出続けている。
山中市長にほめていただいた部分です。
理事長という肩書をもっていますが、
私は肩書よりも、実際になにをしているか
どれだけのことをしてきたのか、これが本当に大事なことだと思っています。

震災支援も、直後から被災地に出向き
泥かきからはじまり
いまでも現場に出続けることを意識しています。
小さなコミュニティでのアクション、
たとえばごみ拾いでも
ほぼ毎回、各チームの活動には参加できるように調整して
みんなと一緒にアクションを起こしていくことを意識するようにしています。

これからも、初心を忘れることなく
一生懸命アクションを起こしていきたい
今回の対談では、自分のなかで決意への想いが
こみあがってきました。

会場から、するどいご質問をいただけたり
新たなつながりが生まれたり、三重まできてよかったです。
このような機会をいただき、本当にありがとうございました!

2013年06月18日

閖上にうれしいお客さん


今日は閖上さいかい市場の豊華に
にぎやかなお客さんがきました!

しかも、わざわざ東京からです。
3月に東京都八王子市で復興グランプリ(飲食)があり
八王子の放射線ロードでお店を
閖上からだしにいったときに
お手伝いにきてくださったボランティアのみなさんと
主催者のかたが、宮城にきたので
よってくださりました。

八王子で店をだしたときは
あいにくの雨でしたが、ボランティアさんが
笑顔で元気よく一緒にがんばってくださって
多くのお客さんがきてくださりました。

東京での出店でしたが
閖上で食べましたよーとお声かけをくださったかたがたや
閖上の水餃子ですかーとお声かけをいただいたり
遠く離れたところでもつながっていることを実現できました。

なにより、、東京で1日限りではありますが
店をだすことができたのは、復興にむけて
ご支援をいただいたみなさまのおかげで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

1012296_479231818826540_813534288_n.jpg

バスの時間が限られているなか
交渉をしてくださり、豊華でお腹いっぱいご飯をたべてくださり!
笑顔で店があふれて、本当によかったです。

東京でお手伝いしてくださったボランティアさんたちが
きてくださるとは思っていなかったので、サプライズでした!!
ほんとにほんとにうれしかったです!