CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年06月22日

政治のリアル 私たちの政策はどの党の公約に?


みなさんこんにちは!

参議院選挙公示日ですね!
私の住民票は東京なので、東京選挙区となります。
昨日、6議席を争う選挙区に30人以上が立候補か?と報道されていましたが
どれくらいの候補者がでるのか、楽しみですね。

13435447_10209761223173290_1158324943760116938_n.jpg

おかげさまで、初めての著作
「ボクらのキボウ 政治のリアル」
選挙に間に合わせることができました!
好評発売中です!ありがとうございます。

さて、参議院選挙
党で選ぶのか?候補者で選ぶのか?
僕は両方を見る必要があると思っています。
よくも悪くも、組織となると
パワーバランスのこともありますしね...

さて、今回の参議院選挙に間に合わせるため
自民党、公明党、民進党、おおさか維新の会に
政策提言、折衝、そしてロビングをしてきました。
政策を反映させるため、
様々な角度からアプローチをしてきまして、
しっかり重点政策に入ったところもあります。

それでは実際、どの政党が本当に私たちの提案を受け入れたのか
各党の公約・重点政策や回答等をみて改めて整理しましょう。


被選挙権年齢の引き下げ

●自民党 引き下げについて検討
●公明党 引き下げを目指す
●民進党 5歳引き下げ(30→25 25→20)
●大阪維新の会 18歳から付与

供託金の引き下げ
●自民党 選挙における供託金のあり方について検討

若者省・担当大臣の設置や若者議会
●公明党は重点政策に
「若者政策を担当する大臣・部局の設置・明確化」と書きました。
また、この政策は日本若者協議会からの政策として公明党もオフィシャルに公表しています。

●自民・おおさかは討議のときには若者議会等やっていくという前向きな姿勢もありましたが、公約等への反映はまだ見えていないです。

給付型奨学金について
●自民党 子供たちの夢を徹底的に支援するための教育費負担の軽減を参議院選挙の総合政策集に明記
●公明党 返済不要の「給付型奨学金」の創設、無利子奨学金の拡充を重点政策に明記
●民進党 返済不要の給付型奨学金を創設しますと重点政策に明記
●おおさか維新の会 能力を伸ばすチャンスを平等にする必要 右向き三角1 教育無償化を公約に明記

いまのところ、私たちの提案した政策・要望については上記のような形。
もちろん、若者政策全体や
いままでの実績をみると
どの政党が若者の味方なのか、
感じ方が違ったりするのかもしれません。

しかし、今回の提案の反映度合いからいうと
超党派で活動しており、
後援会や支持母体に属しているわけでもありませんが、
こうやってみると
「公明党」の公約が
一番私たちの声を反映させたように思います。
そして、自民党・おおさか維新の会が追いかける形でしょうか。

特に、選挙以外で
日常から若者の声を反映させる制度を構築するという
大事なところを重点政策に明記されたことは
画期的なことではないでしょうか。

選挙前、政策折衝・提言・ロビングを日本若者協議会としては、
以上の4つの政党としかすることができなかったため、
のっていない政党とはそういう背景を含めて
フェアにみていただければ幸いです。

また私たちが提案したこと以外にも、
各党、若者向けの政策を公約にのせています。
すべては紹介しきれていませんが、
先週出版した
「ボクらのキボウ 政治のリアル」に詳しく
しかし、わかりやすく書いてありますので 
ぜひご購入いただければ幸いです!

紀伊国屋書店のウェブストアではこちら!
Amazonではこちら!
また全国各地のメジャーな書店をはじめ、多くのお店で販売されています!
応援、よろしくお願いします!

※当ブログ内容は会としての意見ではなく個人としての意見です。
各党バイアスかからず、
皆さんの思いを大事にフェアに見ていただければ幸いです。





この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック