CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年06月05日

山梨の若者が米ふぇすと!を作った?


こんにちは!
6月5日、知り合いの大学生が山梨で
地域を盛り上げるためにと、
「米ふぇすと」というのを開くと聞き
中央道を通り、山梨に行ってきました。

タイトル、米を「こめ」と読むのではなく
「マイ」と読んで、マイフェスト(マイ・マニュフェスト)
おにぎりを握りながら、
地元の山梨の学生
県外から働きに、学校にきている方々
福祉やNPOに関わる方
そして地方議員さんが集まっていました。

CkKBW6kVEAAQlHP.jpg

若者から大人まで社会の1員が集まって
おにぎりを握りながら
「未来の山梨」について
アイディアや政策をゆる〜く集めていく
だれでも気軽に参加できる場所
それも地方で!

しかも!
会場は!
地元の大学生が運営しているカフェiira!

ワークショップでは
現状の問題点から
少子高齢社会対策、交通アクセス、UIJターン、
特産物、武田信玄についてなどなど
様々な角度で議論が出ました。

面白かったのは
信玄餅はなぜきなこ?の議論がはじまり
様々な観光地で歴史上の人物の名前をとったりして
○○アイスや○○餅などあるけども
本当の意味で
○○餅がその地域とつながっていないのは
改善していったほうが良いよね〜という話し。
たしかに!と思いましたね!

理想を語るだけじゃなくて、みんな地に足をつけて
毎日毎日現場で努力していて、
どの意見も説得力がありました。

20160609025315.jpg

私でできることは限られていますが
これからずっと応援していきたいです。

参加した今回がはじめての会で、これからがスタート!
ぜひ、周りの皆様、彼らを応援してください!


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック