CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年02月12日

横須賀で海プロを主催



  今日の海とふれあいプロジェクトは晴天にも恵まれ最高でした。 この企画は、私が発足当時より主催するもので、CWPJの活動の柱となっている大切な活動です。「海が好き、だから海を守りたい」そんな思いに賛同して多くのボランティアの方々に支えられながら活動を行っています。 

 今日は、埼玉・千葉・東京・神奈川とそれぞれ遠いところからもいらっしゃていただいて、また清掃活動では多くの拾えきれないゴミにめげることなく一緒に拾ってくれました。また危険で重いゴミも多く力持ちの男手が多く助かりました。

 ゴミ袋に入ったごみで回収できたのは約15袋ほどで、ほとんどがゴミ袋に入らないゴミ(大きな発泡スチロール、竹、流木)でした。今日の総重量は100kgを超えたほどではないかと思います。




 また、海岸清掃を実施した後はかねよ食堂という海すきにはもってこいのおしゃれなレストラン&カフェで対話形式でトークをしながら楽しみました。仲代奈緒さんと大田区議の奈須さんにトークには加わっていただき、まただいご君という中学3年生の子にも一緒に話していただいて、原発のこと、そして放射能の事を3時間にもわたってお話をさせていただきました。

 今回、話を聴いていて面白かったのは原発を維持していくべきだと考えている人と、原発はもうやめた方がいいんじゃないかなって思っている人とでお話ができたことだと思います。原発をなぜ維持しようと考えているのか?なぜ反対しているのか?それはお互いに共有していかなくては一向に原発問題の解決への一歩を踏むことはできないのではないでしょうか。
posted by clubwpj at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 富樫泰良
この記事へのコメント
きみはまだ若い。
色々やってご覧。

時がきたら、まず、経済的な自立をすること。
それができた上での、慈善活動が望ましい。

大人は無関心だけど、それは、自分のことで精一杯なんだよ。きっと。

みんなが君のような高い志は持てない。持つ余裕も能力もない。
その辺を考慮すると、もっと良い活動ができるかもね。
Posted by カプラン at 2012年02月18日 12:09
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック