CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月30日

エコリーグカフェに参加して参りました。



エコリーグカフェとは、東日本大震災からの復興の支援に、若者の環境団体は何ができるのか、林業の再生と復興支援を兼ねたプロジェクトや、津波などの被害を受けた地域の環境修復のプロジェクトの紹介を通じ、環境サークルなどの若者の環境団体だからこそ取り組む意義のある
行動についてみなさんと考えていくもので、夏に参加したESD(持続可能jな開発のための教育)のフォーラムで知り合った福島さんのご紹介をうけて今回ご参加させていただきました。

 会には、趣旨の通り多くの若い人たちが集まり、短い間でしたが質の高い時間を送ることが出来たと感じています。筆者も含めて、東日本大震災の被災地で活動してきた・支援してきた・支援していきたいと考えている人たちが集まって話していくことが出来たので、それぞれの課題や改善点が見えてきたり、これから行っていく活動の輪を広げていくことができました。

 事例紹介では、被災地で自然を通して(ビオトープなど)被災したこどもたちの心を支えながら、環境の保全と被災地の復興に向けて実践的に活動しておられるNPOさんの発表があり、未曾有の震災ということで、なかなか難しいところもあるんだけども、そこを乗り越えどのように活動しているのかを伺うことができました。

 参加された方の中には、学生だけではなく社会人の方もご参加されていて、世代を超えた議論をすることができました。そもそも、エコリーグは青少年を中心に環境活動を行っているグループで、活動内容はクラブワールドピースジャパンとも近いところがあります。ぜひこれからも、このような議論を重ねながら、学び合いながら、輪を広げながら活動をエコリーグさんとも行っていくことが出来ればと思っています。
posted by clubwpj at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック