CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月27日

Mother Earth Festivalで出演・出展して



ご報告が遅くなりましたが、葛西で行われた第4回マザーアースフェスティバルに出演・出展してまいりましたのでご報告します。
 マザーアースフェスティバルとは、名前の通りママがプロデュースする、女性・ファミリー・地球へ贈るメッセージイベントで、ひとつぶでも多くの思い、 ひとりでも多くの 地球市民をつなげたい。『ママだからこそできる』行動を起こします。また、このイベントは年ごとに環境→子ども→コミュニティーと循環するようにできており、今年はコミュニティーがテーマ―でした。

 あいにくの雨模様でのイベントスタートとなりましたが、スタッフの方々の熱い思いが天に届いたのか、それほど大粒の雨がふることもなく、開催中はそれほど支障はありませんでした。このイベントに今回、クラブワールドピースジャパンの活動を広めていくため展示させていただいていたのですが、もともと実行委員長の永野さんとは、お会いしたことはなかったのですが、お子さんといつも一緒に活動させて頂いておりお世話になっており、そこの繋がりがあり出展させていただきました。

 また、プログラムの中で実行委員の方々でトークする時間があったのですが、特別にゲストとして迎えていただき、ほぼアドリブで司会のサポート(受け手)をさせていただきました。写真で筆者の右で司会をされているのが実行委員長の永野さんです。

 出展のブースでは、被災地のこどもたちへの応援メッセージを送るコーナーと、普段の活動の様子をパネルにし展示したり、活動にご支援いただくために募金箱を設置しました。以外にも多くの方に立ち寄っていただき、今年初めての出展でしたが、無事におわり良かったです。

 このイベントには、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故により被害を受けている福島県の農家の方が福島の野菜を売りに出店されていました。ちょうど、私たちの出展ブースの正面だったのでお話を伺わせていただきましたが、原発の事故による当事者からの思いを聴かせて頂き、またどうにか福島の復興を支えたいんだけど、どうしたらいいのかわからないという方々と情報共有をさせていただきました。

 このイベントが開催された葛西の地でも、東日本大震災ではすぐ横の浦安で大変な液状化の被害に見舞われ、当団体では浦安で3月に泥かきボランティアをさせていただいていたので、このようなイベントを開催できたことで新たな復興の一歩を感じることが出来大変良かっと思っています。

これからも、このイベントには関わらせていただきますので宜しくお願いします。



posted by clubwpj at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 富樫泰良
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック