CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
教室での出来事✎ノート2(開) [2020年02月25日(Tue)]
\生徒からの挑戦状ペン


こんにちは晴れ

さて!

今日は、わたくし三間が担当している学習支援教室に、通っている生徒について
ちょっと紹介したいと思います。

中学の女の子なんですが、その子はとっても絵を描くのが好きです。
そしてある日、ファイルにこんなものが挟まっていました!

↓  ↓  ↓

oo.jpg




なんと!私たちへのテストが挟まっていましたΣ(゚Д゚)exclamation

内容は中学一年生範囲の地理なんですが、トライしてみると難しい(;^ω^)あせあせ(飛び散る汗)
そしてきちんと考えて答えれるように、穴埋めと記述で構成されている、、、

完成度のすばらしさににびっくり致しましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

そして私たち大人も復習しないとね。。。(;^ω^)(;^ω^)
と反省するとても良い機会になりました。(笑)



こんな風に、教室には個性豊かな子どもたちがたくさんいます。
色々な性格の子どもがいて、その子たちとお話したり、関われることはとても面白いです。

もちろんあまりお話しないタイプの子や、ずっと集中して勉強している子もいますが、
そういう子どもとは毎回ふりかえりの紙でコメントを描きあって交流を図ったり、今回の女の子みたいに紙媒体で交流したり、休憩時間のカードゲームで交流したり。。。

色々なコミュニケーション方法があります。


私たちは、ボランティアさんを含めそういった子どもひとりひとりの様子を話して、
「こんなコミュニケーションのとりかたがいいんじゃないか」「こういう学習の方法がいいんじゃないか」と話し合いの時間を設けています。

そういった準備の元子どもたちと関わることで、
子どもたちも徐々に心を開いてくれて、自分から質問して来てくれたり、
「テストの点数が上がった!」「今日学校でこんなことがあってね」
と私たちおとなとコミュニケーションを取ってくれます。

そういう瞬間や、子どもたちの成長を見守れることがとっても嬉しいですかわいい



現在、私たちの団体では学習支援ボランティアさんを募集しています。
こういった活動にご興味がある方は、ぜひ下記問い合わせ先までご連絡ください。

また3/11日(水)13:30〜 宇都宮大学峰キャンパス近くのフリースペース「ミズタマリ」
という場所で学習支援ボランティアの説明会を行います。参加自由ですので、興味のある方はぜひ
いらして下さいかわいい

説明会チラシ.png


こちらの動画もお時間があればぜひぴかぴか(新しい)

https://youtu.be/Y16oy0qQxM0

【お問い合わせ】
一般社団法人 栃木県若年者支援機構
TEL:028−678−4745 MAIL:study@tochigi-yso.org

Posted by 中野 at 16:49 | この記事のURL | コメント(0)
学生さんたちの寸劇(^○^)♪ [2020年02月18日(Tue)]
\寸劇披露/

こんにちは!
じゃなくて
こんばんは〜わーい(嬉しい顔)(笑)

ブログの更新が遅くなっちゃいました(;^ω^)

最近暖かい日が増えてきましたね!
春が近づいてきましたね〜花見(さくら)花見(さくら)


今回は、以前学習支援教室に来て、寸劇を披露して頂いた大学生さんと高校生さんたち
について書いていこうと思います。

学生さんたちは、宇都宮大学で宇都宮の国際平和をテーマに活動している研究会の方たちです!


今回、子どもたちの前で
「どこまでが体罰なのか?」
をテーマに寸劇を行ってくれました!!

例えば、

生徒: 「すいません、足を怪我して、来週の試合欠場したいんですけど、、」
先生: 「何言ってんだ。来週は大事な試合なん だから、絶対に出ろ。怪我なんて関係ない。
欠場はダメだ。」
生徒:「はい、わかりました、、、。」

これは、体罰に当たるでしょうか??

正解は、✕です!
「体罰」は、私的に罰を科す目的で行われる暴力行為を指すので、実はこれは「体罰」には該当しないんです(--;)

しかし、当事者である生徒は肉体的、心理的にもダメージがありますよね(><)

体罰に当たるか当たらないか、その判断基準って意外と難しくて、先生との関係で何か「嫌な」ことがあっても、相談できずに悩んでいる子どもも多くいるみたいです 。

研究会の皆さんさん達は、寸劇を通して
何か嫌なことがあったら、それが「体罰」であるかに関わらず近くの大人に相談することが大事だという素敵なメッセージを伝えてくれました!

また、もし近くに相談できる大人がいなかった時のために、電話出来る連絡先(教育委員会や人権擁護課)を子どもたちに教えていただきましたきらきら

kkkk.jpg


kkk.jpg



先生方も人ですので、もしかしたら子どもたちに間違った指導をしてしまっていることもあるかもしれませんよね。

そういった時、第三者である大人が相談に乗ったり、介入することて、先生と生徒の関係がより良い方向へ進むかもしれません花見(さくら)


私達も、学習支援だけではなく、教室が気軽に相談できる「居場所」としても機能
するように、今後も子どもたちと接していきたいと思っています!

宇都宮国際平和と司法研究会の皆さん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


それでは今週も、マイペースで
頑張りましょう( ੭ ˙꒳˙ )੭


〈お知らせ 〉

来月3/11(水)に、ブログでも度々書いている学習支援教室のボランティア説明会を行います!
時間は13:30〜14:00と短いお時間ですので、お気軽にご参加ください!!

場所は宇都宮大学 峰キャンパス近くの
「フリースペース ミズタマリ」
を予定しております。

詳しくは下記チラシをご覧下さい!!

説明会チラシ.png



ご参加お待ちしておりますきらきらきらきら
Posted by 中野 at 19:15 | この記事のURL | コメント(0)
\1月の学習支援の様子/ [2020年02月04日(Tue)]
\1月の学習支援の様子をお届けしますペン


こんにちは!
いまの時期、ちょうど中高生は受験シーズン真っただ中ですよねペン

私たちの団体でも中学・高校生への学習支援をしています。
今回はその教室の様子を上げていこうと思いますかわいい


年明け初めの月、子どもたちの気持ちがゆるんでしまっているんじゃないかと少し心配でしたが、受験生の中学3年生は全くそんなことはありませんでした。正月明けの1月6日から教室に元気に来て、学習に一生懸命に取り組んでいました。

1月は3年生は徐々に志望校に合格し、受験が終わる子も出てきます。教室を分けて、受験生が頑張れる環境を整えつつ、合格した生徒も高校生になってから学校の授業に追いつけるように、私たちはサポートしていきます。

2年生は、春が近づくにつれて徐々に学習意欲も高まり、息をつく間もないくらいに質問がとんできます。1年生は、勉強嫌いだった子も「英語が楽しくなってきた」「この科目をがんばりたい」と少しずつ意識に変化が見えてきましたぴかぴか(新しい)
                    B16C5548-2953-43D7-82AD-A377A87DD11D.jpeg




生徒たちの学習への姿勢を保ち、子どもたちと関係を築くためには、いただいたお菓子などいただきながら、ゲームをしたり、雑談をするもぐもぐタイムがとても大切です。

先日、以前このブログでも紹介した佐野市の一向寺の住職・東好章(あずまこうしょう)さん、以前頂いた味噌まんじゅうを作っている「有限会社味噌まんじゅう新井屋」さん、東さんもご参加されているお坊さんがお悩みにこたえるそうだんサイト「hasunoha」さんにご支援いただき、またまた沢山のみそ饅頭とマドレーヌをご寄付してくださいましたもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)

本当にいつもありがとうございますexclamation

IMG_2641.JPG

生徒たちも、とってもおいしそうに食べていましたかわいい一口食べた瞬間に「もう1個ください!」「それはダメ!!笑」というような、生徒と先生間のやり取りもありましたわーい(嬉しい顔)(笑)

84264885_178952156523354_8516655109831131136_n.jpg



今回ご協力、ご支援してくださった、一向寺さん、「味噌まんじゅう新井屋」さん、
「hasunoha」さんのホームページのURLを下に載せたので、ぜひチェックしてみてください!

それでは今週もマイペースで頑張りましょう晴れ


【リンクURL】
・佐野市 一向寺
 http://ikkouji.com/

・有限会社 味噌まんじゅう新井屋
 https://www.misoman.co.jp/

・お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト「hasunoha」
 https://hasunoha.jp/
Posted by 中野 at 16:14 | この記事のURL | コメント(0)