CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main
九州に行ってきました🛫 [2020年01月21日(Tue)]
飛行機九州最高!!飛行機


こんにちは、今日のブログ担当は三間です晴れ
最近インフルエンザが流行していますよねあせあせ(飛び散る汗)
市内でも学級閉鎖しているクラスがちらほらあるようなので、
皆さん手洗い、うがいをして、予防していきましょうね!


今回は去年の12月23日、24日と九州に出張に行ってまいりましたので、
そのご報告をしたいと思います。

九州には、当団体が新しく始めることになった、ほうもん学習支援についての
お勉強を兼ねていくつかの団体さんに訪問させて頂きました。

一日目は福岡県福岡市にあるNPO法人「まちづくりLAB」さんと、NPO法人「いるかねっと」さんです。

まちづくりLABさんは訪問支援を中心に活動なさっている団体さんで、代表である永田さん含む職員数名と、学生ボランティアさんが主軸で活動しています。学習支援に入る前に、まずは訪問相談員が訪問をして関係性づくりをするようです。そしてある程度子どもの「やりたい」という気持ちが生まれたころ、ステップアップとして「ゆうがおサポート」という、学生さん中心の支援に移行します。この二段構えの構成で、お子さんにあったサポーターとのマッチングができるようですね。もともと「まちづくりLAB」さんの事業は、永田さんが学生の頃立ち上げた団体から始めたものであり、卒業後、NPO法人として設立し今に至ると言います。そのため現在も大学にはその母団体が存在し、学生さんたちとの連携もうまくとれている様子が伺えました。実際に支援をする側であるボランティアさんたちの声を聞くことも、とても大切なことですよね。非常に勉強になりました。


もう一つは「いるかねっと」さんです。いるかねっとさんは子どもたちへの学習支援を中心に活動している団体さんで、「マナビバ」という無料学習会を福岡県内23か所で実施しています。あらゆる機関、団体と連携しながら、非常に質の高い学習支援をしている印象を受けました。訪問学習はしていませんが、県内に多数ある「マナビバ」で、大勢の子どもへ学習の場を提供しています。中学生の公立高校への進学率は約8割exclamation と驚きの成果を残しています。実際にマナビバの学習風景も見学させていただき、勉強になることばかりでした。ありがとうございます。


そして二日目は、佐賀県にある「スチューデント・サポート・フェイス(S.S.F)」さんにお邪魔いたしました。S.S.Fさんは訪問支援事業を主軸とする団体さんで、代表の谷口さんは訪問支援(アウトリーチ)の達人と言われる非常に有名な方です。今回はその谷口さんが直々に訪問支援についての研修を行ってくださいました。谷口さんの言葉で非常に印象的だったのが、「価値観のチャンネルを合わせる」です。その言葉の通り、谷口さんはまず当事者の趣味や好きなことを自身も実践し、そこを糸口としてコミュニケ−ション、さらには学習支援も行っていました。例えばネットゲームが好きな子であれば、自身もゲームをして、オンライン上で会話をすることで交流を図ります。また音楽が好きな子であれば洋楽の歌詞を利用し英語を教えたり、漫画が好きな子であれば、題材にした漫画本を使用し歴史を教えます。このようにあらゆる方法、手段で子どもたちとの信頼関係を築き、柔軟な訪問支援を行っていました。リアルな現場での様子を聞けて、とても勉強になりましたわーい(嬉しい顔)本当にありがとうございましたexclamation×2


最後に、九州で撮った写真を載せますねーるんるん

これが博多駅です電車
yy.jpg


提灯で照らされてる橋やクリスマス時期だったので綺麗なイルミネーションもありましたーぴかぴか(新しい)
rr.jpg

ii.jpg


九州で有名な鶏ももの炭火焼きもランチで頂きましたるんるん
uu.jpg


九州で学んだことを活かして、これからも子どもたちのため、学習支援活動に勤しんでまいりたいと思います。

それでは、今週も無理せずマイペースに、頑張りましょう晴れ

お寺からお供え物を頂きました(^-^) [2020年01月14日(Tue)]
\お寺からみそ饅頭130個のお供えものを頂きましたexclamation

こんにちはexclamation×2


お久しぶりです、今日のブログの担当は三間(みま)ですわーい(嬉しい顔)
去年12月末、実は九州の方へ出張へ行っておりました。
いくつかのNPO法人さんに訪問させていただき、いろいろ学ばさせていただきました。
今度九州での出来事をブログにあげようと思いまするんるん


さて、実は先日、佐野市の一向寺さんが子どもたちの「もぐもぐタイム」のために、お供え物の佐野名物みそ饅頭130個を寄付してくださいました。

子どもたちも普段「もぐもぐタイム」に饅頭のような和菓子は出ないので、とっても喜んでおりました(o^―^o)


お供え物を寄付すると聞くと、あまり馴染みがないですよね。
一向寺の住職である東好章さんは今回、奈良のNPO法人である「おてらおやつクラブ」を通し
当団体へ寄付してくださいました。

この「おてらおやつクラブ」という団体は、お寺におそなえされる「おそなえもの」を、仏さまからの「おさがり」として全国の経済的困難なご家庭へ「おすそわけ」をする活動をなさっています。実は「おそなえもの」って、土日に行われるご法事の時などにたくさんあるようで、お寺だけでは中々消費できないようです汗食べ物だと賞味期限がありますもんね(;^ω^)


その「おそなえもの」を、今回ありがたく頂戴いたしました。東さんがわざわざ事務所まで届けてくれましたきらきらありがとうございますexclamation

jk.jpg




普段お寺の住職さんとお話する機会って中々無いので、東さんにいくつかインタビューさせてもらいましたきらきら快くお受けしてくださって、貴重なお話を聞くことができました!ありがとうございます。


Q おてらおやつクラブに登録しようと思ったきっかけは何ですか?               

A 「おてらおやつクラブ」の代表であり、奈良の安養寺の住職でもある松島さんと親交があり、紹介してもらったことがきっかけで登録いたしました。せっかく仏さまにお供えいただいたお菓子類をそのまま廃棄してしまうのはやはりもったいないので、子どもたちに食べていただくのが良いと思いまして、そのような次第でございます。
 

Q Facebookを拝見し、普段からあらゆる社会活動をなさっているいることを知りました。
その中で子どもたちと関わる活動はございますか?

A 人権擁護委員会に所属しており、担当している学校で毎年人権教室を開いています。今年は佐野小学校で「ぼくのきもち、きみのきもち」という紙芝居を致しました。相手の気持ちをよく考え、思いやりを持って接することの大切さを伝える内容です。最近では生徒に外国人のお子様がいたり、あらゆる形で差別やいじめが存在する為、全ての子供たちが学校へ楽しく通えるよう、このような活動をしています。また佐野市ではかるた大会があり、そのかるたに一向寺が出てくるので、子どもたちが課外活動や見学をしによくいらっしゃいます。


Q最後に、地域の中で、お寺をどのような場所と考えればよろしいでしょうか?

A お寺が社会、地域の中で「心のよりどころ」となってもらいたいです。この世の中で、皆さんあらゆることに悩んでいらっしゃいます。例えば学校に行くのが辛かったり、経済的につらい、生きていくのが辛いと、社会的に追い込まれている人々がたくさんいます。そういう人たちの声に少しでも耳を傾け、お寺を含めみんなで支えあっていくことが必要だと思います。お子様含め一人一人の命が尊く、大切であることを、お寺からも発信していきたいと思っております。


東さんは一向寺の住職でありながら、人権擁護委員会や、「hasunoha」という、お坊さんが悩みや相談を聞くQ&Aサービスの会員等、あらゆる団体に所属し、人々のために社会活動をなさっています。本当に素晴らしい方ですぴかぴか(新しい)今回はご寄付と、インタビューにお答えいただき、誠にありがとうございました。

Posted by 中野 at 14:51 | この記事のURL | コメント(0)