CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年03月 | Main
最終回!!\イベントレポート/「こども」を学ぶセミナーD [2020年04月21日(Tue)]
\「ボランティア×キャリア」をテーマに、お話を聞かせていただきました!/


こんにちは晴れ

最近はコロナウイルスの影響で、日々の過ごし方や働き方が変化していますねあせあせ(飛び散る汗)

当団体も、学習支援教室は当面お休みになりました。


その代わり、通信添削という形で、子どもたちの「学び」をサポートしています。


子どもたちの返信には、


「ここ教えてください!→」


とチェックが入っていたり、


「先生も体調気を付けてくださいわーい(嬉しい顔)


というメッセージが入っていたりと、

子どもたちと文通をしている気分で、
私たちも返信が楽しみになっていまするんるん


早く教室でこどもたちに会いたいなぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)


という事で今回は、


〜「こども」を学ぶボランティアセミナー〜


最終回! 5コマ目の 


「キャリアという視点から考えるボランティア」


をレポートしていきたいと思います!

この時間は、キャリアコンサルタントである野崎千晶さんから、ボランティアをキャリアとして考える、新しい視点からお話しをいただきました。

野崎さん (2).jpg


      (写真:野崎千晶さん)


私たちが生きる今の時代は、人口減少や
AI・ロボットの発展、人生百年時代といった
変動の時代で、「働き方」「生き方」がどんどん変化している時代だそうです。
そのため、昔は


「会社が自分を守ってくれる」


「結婚すれば安泰という」


といった考え方が存在しましたが、変動の時代を生きる今、私たちは自身で人生の「キャリアデザイン」をしていく必要があります。

そして自分がどんなキャリアを歩みたいか考えるとき、自身の強みや価値観を知っておくことが重要だそうです。


そういう意味で「ボランティア」は、

自身の強みや価値観
=自身の向いていることや好きなこと

を知れる一つのきっかけにもなり得ます。

ボランティアって、色んな活動がありますよね。


私たちの団体では、子ども食堂や学習支援のボランティアさんを募集していますが、その種類、内容によって知れる事、経験できることは異なります。


そういう活動に参加してみることで、例えば


「自分は人に教えることが得意だった!」


「ご飯を作って、子どもたちが美味しそうに食べる姿が嬉しいわーい(嬉しい顔)



といった、意外な気づきがあるかもしれません。

そこから自身のキャリアを考えるきっかけになったり、就活の時、その経験を話すこともできますよね。

そういう意味で、「ボランティア」は「キャリア」と掛け合わせて考えることができる活動であることを、お話して頂きました。


最後に、自分が大切にしたい価値観を5枚選ぶ、カードゲームをしましたるんるん

ボランティア×キャリア@.jpg


ボランティア×キャリアA.jpg



わたしは「共感」「家族」「友人」
「ありのまま」「自由」を選択しました。

手札を見て、私はこんな価値観を大切にしたいんだ!と再認識することができました。

野崎さん、素敵なお話ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


本日もお読みいただき、ありがとうございましたかわいい

それでは皆さん、体調にお気をつけて、


また来週お会いしましょう〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

Posted by 中野 at 15:53 | この記事のURL | コメント(0)