CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年03月 | Main
\イベントレポート/「こども」を学ぶセミナー✎C [2020年04月07日(Tue)]
\「こども」との接し方について、皆で考えました!/

こんにちは晴れ

先週はブログの更新が滞ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
申し訳ありませんもうやだ〜(悲しい顔)


みなさん、いかがお過ごしですか?
最近はコロナウイルスで、日々の変化が目まぐるしいですね、、、

ニュースを見ていると、他人事じゃなく、みんなで気を付けなければならないウイルスなのだと痛感しますもうやだ〜(悲しい顔)力を合わせて、一緒に乗り越えていきましょうexclamation×2



ということで、本日は前回に引き続き、

〜「こども」を学ぶボランティセミナー〜

の4コマ目、

「子どもとの接し方」

についてレポートしていきたいと思います!



 この時間は当職員の荻野が講師を務め、実際に学習支援の現場で子どもと接するきに困ったケースを紹介し、その対処法や、心がけることを、グループワークで話し合いました。


紹介した事例は

@「ずっと話続けて中々勉強に身が入らない子ども」
A「言葉を発さずコミュニケーションが難しい子ども」

です。


当団体職員が下の写真のように、生徒と先生役を演じた動画を、皆さんにご覧頂きました(笑)

スクリーンショット (1).png


スクリーンショット (4).png



@「ずっと話続けて、勉強に身が入らない子」については、

「気の済むまで話を聞いてあげる」
「タイミングを見て、プリントを提案したり、勉強の話題を出してみる」


A「言葉を発さず、コミュニケーションが難しい子」については

「頷きで答えられる質問をして会話をする」
「こちらからプリントを提案し、一緒にやってみる」
「子どもの持ち物から、趣味や興味を聞き出す」

と言った意見が出ましたぴかぴか(新しい)



そしてAの事例については、みんなで出した案を、ロールプレイしてみました。
生徒役・先生役に分かれて実践するのは、より具体的で、見ている側もイメージしやすかったですわーい(嬉しい顔)



教室では、漢字をひたすらやっていたり、教科書をただぼーっと眺めていて、効果的な勉強ができていない子もいます。そういった「学習面」も踏まえ、色々な性格を持つ子どもたちに、どのように対応すればいいか、参加者の方々の意見を聞けて、わたしたちもとても参考になりましたexclamation
ありがとうございますかわいい



本日もお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)


大変な日々が続いていますが、みなさん無理せず、一緒に頑張っていきましょーexclamation×2

それではまた来週ぴかぴか(新しい)