CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«最終回!!\イベントレポート/「こども」を学ぶセミナーD | Main
インターンシップお疲れ様(^-^) [2020年04月29日(Wed)]
\オンライン会議をしましたTV



こんにちは晴れ

みなさん、お家ではどのように過ごされてますか?

私は休みの日は、ため撮りしていたドラマを見たり、最近はまった「鬼滅の刃」のアニメを見返したりして過ごしていまするんるん

自粛期間が長引いて、精神的に疲れてしまうこともあると思いますが、
命を守るため、一緒に頑張っていきましょうもうやだ〜(悲しい顔)



さて!

実は2月から4月までの約2か月間、
高校性の男の子が一人、
インターン生として当団体で活動してくれていました。

そして先日、
最後に活動を振り返るミーティングを、
このご時世ということで、オンラインにて行いました!

本日は彼のインターンでの様子と、オンラインミーティングで発表してもらった感想を書いていこうと思いますわーい(嬉しい顔)



彼は角田君と言って、当時高校2年生で、
「子供と関わる活動がしたい!」
ということで、学習支援に参加してもらうことになりました。

その中でも学習支援教室に参加してもらい、
だんだんと慣れてきた頃、
コロナウイルスにより教室がお休みに・・・

その後は通信添削の教材準備や、当団体が運営するキッズハウス「いろどり」、寺子屋の活動で、子どもたちと関わっていただきました。



角田君は子どもたちと距離を縮めるのが上手で、小学生から高校生まで、幅広い年代の子どもたちと自然にコミュニケーションが取れていましたぴかぴか(新しい)

また通信の教材準備でも、たくさんタスクがある中で、何から取り掛かれば良いか冷静に判断し、黙々と取り組んでくれました。


コロナの影響で活動内容が変則的になってしまったにも関わらず、角田君は文句ひとつ言わず、手伝ってくれましたもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)


角田君 通信準備.png




左が角田君です!
角田君には本当に感謝でいっぱいですもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)


そして先週、最後の振り返りとして、
当団体の職員と、代表の中野も参加し、
Zoomにてオンライン会議をしましたTV


インターン₋角田君₋Zoom.png



角田君からは

「学習支援という現場での教え方の工夫や、子どもの年代や性格による、コミュニケーション方法の違いを学べました。教材準備においても、何から処理するべきか優先順位を決めたり、みんなで情報を共有しながら、協力して取り組むという、事務的な活動の裏側を経験させて頂きました。将来まだどんな職につくか分かりませんが、ここで経験し、学んだことを色々な場面で活かしていきたいと思っています。」


といった振り返りの言葉をいただきました。


ここで学んだり経験したことが、
角田君の将来にとって、
少しでもプラスになることを願っていますわーい(嬉しい顔)

本当にありがとうexclamation×2これからも頑張ってねexclamation×2




それでは、本日もお読みいただきありがとうございましたかわいい

また、お会いしましょう〜手(パー)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント