CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«\イベントレポート/「こども」を学ぶセミナー♪A | Main | \イベントレポート/「こども」を学ぶセミナー✎C»
\イベントレポート/「こども」を学ぶセミナーB✎ [2020年03月31日(Tue)]
\「こども」との関わり方について学びましたわーい(嬉しい顔)

こんにちは晴れ

本日は3月最終日!ということで、明日からは新しい年度ですねかわいい

コロナウイルスで引き続き大変な状態が続いていますが、皆さんで予防、感染拡大を防ぐ行動、徹底して頑張っていきましょうexclamation×2


ということで、今回は前回に引き続き、当団体主催で実施した

〜「こども」を学ぶボランティアセミナー〜

の3コマ目、

「B子どもとの関わり方」

についてレポートしていきたいと思います!

中野さん.jpg



 この時間は当団体の代表・中野が、子どもとの関わり方や、子どもの行動とその裏側にある心理について、お話させていただきました。


普段学習支援をしていると、喫煙といった非行など、目立った行動をする子もいれば、挙動不審のような、気になる行動をする子もいます。そういった行動をする子どもの裏側に、誰にも相談できない家族の問題や事情が存在するケースが多々あります。


中野が紹介した事例では、連絡をしても家に帰らず徘徊する子どもの相談ケースを取り上げました。そのことを心配した親御さまと学校から相談が入り、当団体が支援することとなったケースです。この話だけを聞くと、一見わがままな子どもであるように思えますが、本人や周りに詳しく話を聞いてみると、父親からの過干渉や性暴力といった、家族の問題を抱えていました。このように子ども自身が誰にも相談できず、一人で抱え込んでしまうことは多々あります。


そういう意味で学習支援というのは、一つの気づきの機会であり、子どもを救うためのチャンスでもあります。教室に子どもたちが来てくれれば、私たち大人が異変に気付き、支援の糸口になるかもしれません。何か困った事や悩みがあったら相談できる、そういった「居場所」としても教室があり続けること目標とし、当団体も日々、活動しております。


そのためには、子どもたち自身が私たち大人を信頼してくれること、そして支援員と子どもとの関係性づくりは非常に大切になってきます。


そのうえで、中野が子どもと関わるとき、実践している方法をいくつか紹介させて頂きました。


例えば会話をするとき、始めは子どもが「Yes or No」で答えられる質問を投げかけると良いそうです。これをクローズドクエスチョンと言いますが、「はい・いいえ」で答えられる質問であれば、人見知りの子や、緊張している子でも、頷きで答えることができます。


そしてある程度子どもとコミュニケーションが図れて来たら、オープンドクエスチョンという、具体的な答えを必要とする質問をすると、話がひろがり、効果的なようです。


参加者の方々も、実践してみましたるんるん

中野さんA.jpg



また、子どもと関わるとき中野が心がけていることとして、

⑴傾聴
⑵共感
⑶支持
⑷真実を伝える

といったことを伝えさせていただきました。


子どもの話に耳を傾け、共感し、否定はせず、また真実を伝える。そういったことを心がけることで、子どもたちに信頼してもらえることが、できるのではないでしょうか。


本日も、お読みいただきありがとうございましたわーい(嬉しい顔)るんるん


それでは今週も、無理せず頑張っていきましょう晴れ
みなさん、コロナウイルスに気を付けてくださいねふらふら

また来週お会いしましょう〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント