CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«週1投稿始めます! | Main | 少しおっちょこちょい、でも頼れるお兄ちゃん兼リーダー»
もぐもぐタイムとは(・・? [2019年11月26日(Tue)]

こんにちはわーい(嬉しい顔)

投稿が遅くなってしまい申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)

今日は寒いですね。皆さん厚着で暖かくしてお過ごしくださいふらふら

一緒にこの寒さを乗り越えていきましょうexclamation×2


さて今日は、前回の記事で少し紹介した「もぐもぐタイム」について書いていこうと思いますぴかぴか(新しい)

「もぐもぐタイム」とは、私たち団体が運営している学習支援教室で、子どもたちがとる休憩時間の呼び名です。なぜそのような呼び名かというと、企業や個人様からご寄付頂いたお菓子を子どもたちが食べながらゲームしたり、お話しできる時間だからです。教室のスタッフはこの時間を通して子どもたちとコミュニケーションをとっています。


実はこの「もぐもぐタイム」、昨年度から始まった新しい取り組みなんですexclamationそれまでは、それぞれがただ休憩をとるための時間でした。しかし、より子どもたちとの交流や教室に来る楽しみが必要ではないかと、当時提案したのが当団体のスタッフである荻野さんでした。

今回は荻野さんに「もぐもぐタイム」をつくったきっかけなどをインタビューしましたぴかぴか(新しい)


Q 「もぐもぐタイム」を始めようと思っきっかけは何ですか?

A 私は4年前から学習支援に参加していますが、当時の教室は、スタッフはただ生徒の分からないところを教え、子どもたちはうつむいてひたすら勉強する図書館のような雰囲気でした。自分から質問する子も少なく、これでは教室をやっている意味がないと思っていた矢先、東京にあるNPO法人『Learning For All(ラーニングフォーオール)』の代表理事である李炯植(イ・ヒョンシク)さんの講演会を聞く機会がありました。李さんの「たった2,3時間でも、子どもたちにとっては貴重な時間。その時間で子どもたちに影響を与えられるようにするには、たくさんの準備とその為の時間が必要」という言葉を聞き、すぐに教室の改善点をまとめ代表に伝えました。その中のひとつが「もぐもぐタイム」です。


Q 「もぐもぐタイム」が始まって教室に変化はありましたか?

A はい。まず子供たちの表情が変わりました。以前より笑顔が増えて、教室が楽しい、また来たいと言ってくれる子が増えました。また子どもたちとコミュニケーションをとることができるようになり、自分から積極的に質問する子や、学校や趣味の話をしてくれる子も増えました。学習支援はまずスタッフが子どもたちの性格や特性を知らないと、一人ひとりに合った支援(教材選びや教え方)ができません。そのため「もぐもぐタイム」はスタッフが子どもたちのことを知ることができる良い機会にもなっています。教室にとって、とても意味のある時間だと思います。


Q 最後に、荻野さんにとって学習支援のやりがいとは?

A 学習という目に見える目標があると、それが成績や点数という形で結果として現れた時、子どもたちは自分に自信を持つことができます。そういう「成功体験」の支援をスタッフとしてそばでできることは貴重ですし、とてもやりがいを感じます。また学習という一つの名目があれば、子どもたちも教室に来やすく、その場で相談にものることもができます。そういう意味で教室はひとつの「居場所」としての役割も担えていると思います。私たちが教材などの準備や学習支援を頑張れば頑張るほど子どもたちはついてきてくれるし、本気で向き合う大人がいれば、子どもたちは変わります。そういう成長を見守ることができるのも、学習支援のやりがいではないでしょうか。


現在私たちが子どもたちと学習支援がしやすい関係性づくりができているのは、間違いなく「もぐもぐタイム」のおかげですexclamation

日頃からお菓子をご寄付してくださっている企業や団体様、個人様、誠に感謝申し上げます。かわいい

下の写真に写っている女性スタッフが当団体職員の荻野ですわーい(嬉しい顔)
ルイ 写真3.jpg

ここで告知です!

来週、当団体が主催で「子どもの貧困」についてカードゲームを通して考えるイベントを実施します。楽しいですよるんるん

是非、お申込みお待ちしております。 

12月05日(木)  18:30〜 | 宇都宮大学SDGsカードゲームで考える 子どもの貧困 

<参加申込>
下記URLからお申し込みください。

https://www.tochigi-yso.org/event-details/sdgskadogemudekangaeru-kodomonohinkon

それではまた1週間、マイペースで頑張りましょうね🔅
Posted by 中野 at 15:12 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント