CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年06月 | Main
プロフィール

特定非営利活動法人とちぎユースサポーターズネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド


TEAMユース 最新記事

『宇都宮市民によるシティープロモーション大募集!』のお知らせ [2018年07月18日(Wed)]
シティプロモ表.pngシティプロモ裏.png
宇都宮市や経済・まちづくり団体、市民などで構成する宇都宮ブランド推進協議会では、同市ブランド戦略指針に掲げる「市民の誇りの醸成」と「市外からの憧れ(来訪意欲)」をより一層促進するために、市民自らが、新しい視点で宇都宮の魅力を発見・発信する事業で、波及効果が期待できる活動を支援します。募集は8月10日まで。


この事業は、市民や事業者が全国初や日本一、ギネス世界記録に挑戦などの宇都宮の魅力を全国に発信できるような事業で、餃子やジャズ、自転車など宇都宮に豊富にある地域資源を活用するような取り組みについて、同協議会が補助金を交付するもの。学生団体支援コース(補助対象経費の9/10、上限50万円)と、事業者支援コース(補助対象経費の1/2、上限100万円)の2つがあります。


詳しい情報は下記URLまで。募集期間迫っております。希望の方はお早めにお申込みお願いします。

http://tiiki.jp/news/01_news/4026.html(地域ブランドNEWSへ外部リンク)
『愉快ライター募集!』のお知らせ【期間間近】 [2018年07月18日(Wed)]
愉快ライター表.png愉快ライター裏.png

■愉快ライターとは
宇都宮市に住む人々によるリアルな楽しい情報を発信するFacebook「宮のコト」などで情報を執筆する市民ライターを「愉快ライター」と呼んでいます。
宇都宮の魅力について月1〜2回程度の記事を書いていただける方を募集します。
(活動期間は平成31年3月まで)



■応募資格
15歳以上の宇都宮市在住者または通勤通学者で、インターネットを使った執筆・投稿などの作業ができ、原則として全3回の研修に参加できる方。
地域の魅力を自ら発信したいと考えている方。(18歳未満の方は保護者の同意が必要です。)



■お申込み
応募期間は平成30年7月25日㈬17時まで。定員10名程度。参加費無料。
チラシ裏面の申請書に記入をしたうえで、事業事務局(裏面)まで持参してください。



<<詳しくはチラシをご覧の上、記載の提出先までご提出ください>>
【団体紹介】一般社団法人えんがお [2018年07月18日(Wed)]
えんがおチラシ表.jpgえんがおチラシ裏.jpg

高齢者の孤立化。その現実を変えてゆく。

■一般社団法人えんがお

-Vision-

「人とのつながりを感じられる社会」

-Misson-

「地域の様々な人の力を活かして、高齢者の孤立化の予防と解消ができる地域の仕組みを作り、実践していく」

「若者の存在を受け入れ、成長の場を作る」


■団体の事業内容

*世代間交流事業
「学生・若者と地域がつながる場を作る」ことを目的に様々な世代が交流出来るイベントを実施。

*生活支援事業
主に介護保険適用外の生活支援を学生や元気な高齢者などを巻き込んで対応。
活動者には、地域の契約店舗で特別サービスを受けられるボランティアチケットを配布。

*地域つながり合い研究会
地域福祉に関心のある人たちを対象に月一回程度開催。知識共有やグループワークを実施。



■団体設立の物語
「一週間に1度しか会話しない」と答えた高齢者の割合は栃木県で約5000人以上。そのうち独居高齢男性で、「困ったときに頼る人がいない」と答えた人は20%に上る。

一般社団法人えんがおの濱野氏は『人生の締めくくりの大切な数年間をだれとも話せず、だれにも頼れず、孤立化して終わる。この現実が悔しくて会社を立ち上げました』と語る。


”制度はある。でも、制度だけでは届かない人たちがいる。
一方で、地域貢献したい!という意欲のある学生が沢山いる。
元気な人たちの力を生かして、高齢者が孤立化しない地域の仕組み(モデル)を作り、社会に広めていきたい。”




一般社団法人えんがおのこのモデルが全国に広まり、高齢者の孤立化の解消のモデルとなり、社会課題が解決されうる時がくるかもしれない。
団体の詳しい内容は公式HPにて。



■一般社団法人えんがお
HP:https://www.engawa-smile.org/