CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【事業案内】 | Main | 【社会事業家と社会起業家の定義】»
プロフィール

特定非営利活動法人とちぎユースサポーターズネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド


TEAMユース 最新記事

9/4 台風10号 岩手ボランティア募集のお知らせ [2016年09月01日(Thu)]
国際医療福祉大学で災害ボランティア活動を積極的に行っている大谷津考太朗さんが、台風10号で被災した東北地方のボランティアセンターに支援に向かうことになりました。皆様のご協力、よろしくお願いします!
----------
ボランティア募集のお知らせ
台風10号に伴う記録的豪雨によって岩手県、北海道で水害が起きました。
ボランティアセンターが開設されたため、岩手県まで支援に行こうと思います。

日時:9月4日(日)
時間:9月4日朝出発、当日深夜戻り
※送迎は任せてください。
費用:無し
持ち物:長靴、長袖長ズボン、自分の食べるご飯、タオル、着替え、他必要と思われるもの。
→持ち物でわからない点があれば気軽に相談ください。

参加方法
大谷津孝太朗
09091098389
LINEID→picene
まで連絡してください。
個別に返信します!

未経験の方でも、ベテランがしっかりサポートします。

回答期限
9月2日まで!
(ボランティア保険で天災Aに入ってる方は3日まで)

定員4名です!定員に達したら募集を締め切らせていただきます!
~10/17 第4回One project エントリー者募集/株式会社Enginnier [2016年08月24日(Wed)]
ユースで初期からインターンやとちぎ手仕事プロジェクトFukuFukuの中心メンバーとして関わっている「りりー」こと郷間梨々加さんが、無料留学の企画「One project」でアイルランドに留学することが決定しました!今回はそのOne projectをご紹介します。

CCF20160824.jpg

第4回目の募集がまもなく始まるそうですよ…気になる方はお早めに…!

無料留学 One project 留学全授業料支援
http://www.enginnier.com/one-project/

郷間梨々加さんのOne project紹介ページ
http://www.enginnier.com/one-gohma-lilika/

----------

第4回無料留学One project『転機』。

アイルランド留学支援の無料留学One projectが全英語圏対応の留学ギアとタッグを更に強化。対象国は前回のアイルランド、カナダ、フィリピン、スリランカにマルタが加わり5カ国。

募集枠は各国1人。最大3ヶ月までの全授業料を支援。

今回は1人だけではなく、チーム参加も可能。世界を、夢を目指す仲間と共にOneを目指すことができる。個人応募とチーム応募を組み合わせればチャンスは2倍。

たった一度の人生。
本当は周りに転機となるチャンスは転がっている。
それに気づくことができるかどうかだけの違いなんだ。
そして動き出せるかどうかだけの違いなんだ。

留学先
アイルランド
日本人、アジア人が圧倒的に少ないアイルランド。日本語を忘れて世界中の留学生と英語でコミュニケーションを取り合う。SEDA Collegeは最大1000人規模にもなる大規模校。世界中の友人を作ることができる。本気で英語を学びたいと思うなら、母国語に触れる機会を極限まで減らすことができるアイルランド。
・国:アイルランド
・学校名:SEDA College
・コース名:General English
・週授業時間:15時間
・募集枠:1人
・学校詳細:SEDA College

カナダ
人気留学国として世界中から留学生を集めるカナダ。その質の高い授業は留学生だけでなく、企業からも信頼を集めている。CanPacific Collegeはバイリンガルコースという同時通訳者などを育成するコースでカナダから表彰されている名門校。あなたの求めている英語はここにあるかもしれない。
・国:カナダ
・学校名:CanPacific College
・コース名:「Practical Speaking」もしくは「Diploma of Business Communication Program」
・週授業時間:Practical Speaking:17.5時間、Diploma of Business Communication Program:17.5時間
・募集枠:1人
・学校詳細:CanPacific College

フィリピン
短期間でスパルタで集中して英語を学びたい。そんな人にぴったりなのがフィリピン。マンツーマン授業で講師を独り占めできるのに加え、1日6時間以上もの授業をこなす。CNE1はフィリピンから認定を受けているだけでなく、最新のITを授業に取り入れている最先端の学校。圧倒的な授業時間で英語を習得することができる。
・国:フィリピン
・学校名:CNE1
・コース名:「マンツーマン4時間+グループ2時間」もしくは「マンツーマン6時間」
・週授業時間:30時間
・募集枠:1人
・学校詳細:CNE1

スリランカ
知る人ぞ知る留学国。イギリスの植民地であったことから、公用語として英語が使われているスリランカ。フィリピンとの違いはゆったりと過ごすことができるかどうか。学校自体が少人数制でマンツーマンで授業が行われるだけでなく、ステイ先は高級リゾートを利用している。アーユルヴェーダを楽しみながら落ち着いて英語を学ぶことができる。
・国:スリランカ
・学校名:St. Josephs School
・コース名:高原リゾートプラン&ビーチリゾートプラン
・週授業時間:22.5時間
・募集枠:1人
・学校詳細:St. Josephs International English Language School

マルタ
ヨーロッパの高級リゾート地マルタ。地中海の温暖な気候のマルタには世界中から人口の10倍もの人々が集まる。リラックスした雰囲気を味わえるだけではないのがこの国の魅力。そこに集まる留学生の多くはアジア人ではなくヨーロピアン。日本、アジアとは異なる多様な価値観に触れ、各国の留学生と過ごす日々は今までの人生にはない刺激的なものになるはず。
・国:マルタ
・学校名:IELS
・コース名:General English
・週授業時間:20時間
・募集枠:1人
・学校詳細:IELS

応募方法
下部リンク先の無料応募フォームから申請お願い致します。
自動返信メールにて1次選考の書類内容が送られます。

詳細
第4回One projectのテーマは『転機』です。
1次選考提出期限2016年10月17日
留学期間、出発日は選抜者と相談の上で決定します。
チーム参加の場合、出発日などはまとまっているほうが好ましいですが、別でも構いません。
面接はSkypeにて実施いたします。
最終選考は東京にてプレゼンテーションになります。最低限の往復交通費を弊社が負担いたします。
最大3ヶ月の全授業料支援(渡航費などその他の経費は自己負担)
フィリピン、スリランカは授業料に加え、現地ステイ費も支援されます。
マルタ、スリランカは最大4週間の全授業料支援となります。
マルタは空港送迎、ホームステイ利用が必須となります。
マルタは7,8月を除く時期のみになります。
募集枠は各国1人です。

応募条件
弊社提供のサイト・イベントや発行物などへの取材協力、レポート掲載、本人紹介 (顔写真掲載含む) の承諾を頂ける方
プロジェクト参加前、参加中、参加後に、Facebookなどのオンラインメディアにおいて、弊社の定める規定に沿った積極的なアイルランド留学の広報または体験談などの掲載にご協力いただける方
プロジェクト参加後、体験談や現地で撮影された写真・映像をご提供いただける方
現状の英語力は条件、審査に一切影響しません。
個人参加、チーム参加のどちらでもそれ自体は審査に一切影響しません。

選考Step
・1次:書類選考
・2次:Skype面接
・3次:Skype面接
・最終:12月4日(日曜日)東京プレゼンテーション(往復交通費支給)

チーム参加について
第4回One projectでは個人だけでなく、チームでの参加が可能になりました。対象国は5カ国のため1〜5人までの人数参加が可能ということになります。5人1チームが全てのOneを勝ち取ることもあれば、個人5人が5カ国のOneを勝ち取ることもあります。自分の力を最大限発揮したい人は個人参加、相乗効果を期待できる仲間がいる場合はチームで参加することもできます。
チームで参加する場合は例えばアイルランドに2人で行くことはできず、あくまでも1カ国1人となります。出発時期、留学期間はチームでまとまっていたほうがよいですがバラバラでも構いません。1次、2次の選考はチームの代表者の方のみ対象になります。
チームでも個人でも審査基準は変わりません。自分の力を最も発揮することができる参加方法を選んでください。
個人応募とチーム応募を両方出すことも可能です。個人での選考、チームでの選考を並行して受けることになります。別々に審査されるため、どちらかの選考が途中で落ちてしまったとしても、もう一方の選考のチャンスはもちろん残っています。

最終選考プレゼンテーションについて
第4回One projectでは最終選考を東京に直接来ていただいてのプレゼンテーションとなります。最終プレゼンテーション進出者に関しては最低限の往復交通費を弊社が負担いたします。

詳細・お申込
無料留学 One project 留学全授業料支援
http://www.enginnier.com/one-project/
学生×集落第2弾 湯の花満喫ツアー/湯の花咲かせ隊 [2016年08月23日(Tue)]
福島県南会津町旧舘岩村に属する集落「湯ノ花」。
湯の花温泉や田代山、様々な郷土料理など魅力にあふれる地域ですが、高齢化率は35.6%。
若者不足が深刻な課題となっている地域です。

宇都宮大学の湯ノ花咲かせ隊が、地域間交流や地域資源を広く知ってもらうことを目的としたツアーを実施します。
学生でも社会人でも参加可能ですので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細は下記の通りです。


平成28年度福島県「地域創生総合支援事業」

湯ノ花満喫ツアー

【日程】
平成28年9月24日(土)〜25日(日)

【参加費】
10,000円
(宿泊費、食事代4食分、保険料、バス代、現地ガイド代含む)

【集合】
9月24日(土)8:00
宇都宮大学峰キャンパス正面集合

【解散】
9月25日(日)19:00(予定)
宇都宮大学峰キャンパス正面にて解散

【募集人数】
20名

【申込締切】
平成28年9月10日
(定員に達し次第終了となります)

【お問合せ・お申し込み】
株式会社テトラ 葵観光
栃木県那須塩原市四区町743-14
e-mail: aoi@tetora.co.jp
tel: 0287-37-7991
fax: 0287-37-7886

【湯の花咲かせ隊とは?】
宇都宮大学教育学部総合人間形成課程の「プロジェクト研究」という授業の中で、
湯ノ花集落の活性化を目標に活動する活動4年目となる団体。
「何度も訪れたいまち 湯ノ花」を目指して集落の方と活動に励んでいる。

0001 (5).jpg
0001 (6).jpg
那須烏山市 山あげ祭 [2016年07月14日(Thu)]
CCI20160714_0001.jpgCCI20160714_0002.jpg

那須烏山市 山あげ祭

国指定重要無形民俗文化財
烏山の山あげ行事
ユネスコ無形文化遺産登録予定

伝統を知り、体験し、楽しむツアー。

2016・7・24(日)
お1人様4000円(有料観覧席付き)

集合場所・時間
8:10 道の駅うつのみやろまんちっく村第二駐車場
8:50 JR宇都宮駅 西口

充実のオプションもあり

旅行企画・実施
えにしトラベル
お問い合わせ・申し込み
TEL:028-689-8782
FAX:028-665-8678

実施団体:クロスアクション(那須烏山)/株式会社ファーマーズ・フォレスト
協力:日野町若衆団/島崎酒造/農産物直売所 こぶしっ子/烏山和紙会館/食亭旦々

詳しくは画像をご覧ください。
大子の里山で、世界一の漆を造る。 [2016年06月17日(Fri)]
CCI20160617.jpg

大子の里山で、世界一の漆を造る。

平成28年7月23日(土)・24日(日)※単日での参加も受付

講師:宮林茂幸(東京農業大学教授) 岡慶一(漆掻師)
主催:大子町
協力:大子町観光協会、NPO法人麗潤館、器而庵、大子漆保存会

日時:平成28年7月23日(土)・24日(日)※単日での参加も受付
   7月23日(土)11:00〜16:30 国産漆と大子町の里山文化 交流会18:00〜
   7月24日(日) 9:00〜15:00 漆掻きと歩く、漆の森

集合場所:大子町文化福祉会館まいん
参加費:無料 ※ご宿泊につきましては下記までご照会ください。
募集人数:各日20名(最低実施人数15名)小雨決行 ※中止の場合は前日までにご連絡致します。
応募締切:平成28年6月30日(木)

◎持ち物:7/23 塗料が付着しても大丈夫な服装
     7/24 山作作業用の長袖、長ズボン、履きなれた靴・水筒・軍手・帽子・雨合羽
        ・着替え2〜3枚・虫よけスプレー・入浴道具
◎応募方法 TEL.FAX:0295-76-8123
      MAIL:muramatu@town.daigo.lg.jp
   または郵送(消印有効)
◎申込先:〒319-3526 茨城県久慈郡大子町大子635-1
            大子町地域おこし協力隊事務所/担当 村松

皮膚の弱い方、および、体質等により漆はかぶれることがあります。
国際協力レポーター2016 [2016年06月07日(Tue)]
CCI20160607_0003.jpg

CCI20160607_0004.jpgCCI20160607_0005.jpg

未来をつくる、
日本をつくる、
国際協力


国際協力レポーター2016

募集期間:2016年5月11日(水)〜7月12日(火)
派遣国:セネガル
募集人数:10名
日程:事前派遣ー9月17日(土)ー18日(日)
   海外派遣ー10月22日(土)ー30日(日)
   事後派遣ー11月26日(土)

主催:独立行政法人 国際協力機構(JICA)
後援:外務省

http://www.jica.go.jp/hiroba/program/join/reporter/
国際協力レポーターで検索してください。

熊本災害リーダー支援プロジェクト/一般社団法人フミダス [2016年05月30日(Mon)]
4月14日に発生した熊本地震にて被害に合われた皆様に、とちぎユースサポーターズネットワークのスタッフ一同心よりお見舞い申し上げます。

地震発生に当あたり、若者と地域をつなぐことによる社会課題解決を目指す全国の団体からなる組織「チャレンジ・コミュニティ・プロジェクト」では、熊本で実践型インターンシップを実施している一般社団法人フミダスが中心となり、災害復興の現地リーダーの元に人材を送り多様な現地課題の解決を加速させる「右腕事業」を立ち上げていく予定です。

NPO法人とちぎユースサポーターズネットワークでは、フミダスの右腕事業を広報協力などの面からサポートする形で熊本地震の支援を行っていきたいと考えております。

右腕事業の実施のためにも、多くの方の支援を必要としています。
栃木県支援にどう関わるか悩まれている方は、是非フミダスの動きに注目いただき、復興支援への関わり方を検討する一助として頂けたら幸いです。

詳細はこちらからご確認ください。

*震災復興リーダー支援プロジェクト*
http://www.etic.or.jp/recoveryleaders/kumamoto

*一般社団法人フミダス*
http://www.fumidas-project.com/
\はじまりのローカル コンパス/TALK EVENT [2015年09月16日(Wed)]
logo_FB.jpg
\あなたを待ってる「まち」と「ひと」/

TALK EVENT「あなたのローカル、見つけませんか?」

<日時>
2015.10.4(日)15:30-18:00(終了後、交流会)

<参加費>
無料(交流会別途 1000円)

<場所>
SHIBAURA HOUSE 5F(東京都港区芝浦3-15-4 JR田町駅より徒歩7分)

<申し込み>
http://www.hajimari-local.jp/home/talk-event/

東京から約90分で到着するニア東京「栃木県」。こんなに近い栃木にも、都会では味わえない文化や魅力的な人とのつながり、自然・文化、そしてワクワクする地域プロジェクトがたくさんあります。

地方に関わってみたい。地方暮らしに興味がある。
でも、、、、ちょっと不安。
今の仕事や暮らしに満足はしている。
けど、、、、もうちょっと刺激が欲しい。

気軽に行き来できる栃木県だからこそ、もっと気楽に、自分を活かし、地方も活かす。そんなはじめて地方に関わる人にも優しい、地方との「新しい関わり方」があります。

そんな都市と地方を行き来する新しい地方との関わりを感じられる、トークイベントを開催します!

地域活性化をテーマに全国の地域プロジェクトを発信している「マチノコト」の江口晋太郎さんと栃木でソーシャルな取り組みを行っている団体のリーダーたちをゲストに迎え、地域の姿とそこで活動する人の魅力を伝え、地域での面白さややりがい、地方暮らしを楽しむトークイベントです。


<内容>
・ゲスト講演「ローカルからはじまるこれからのコト」
・栃木のソーシャルプロジェクト紹介
・トークセッション「これからのローカルの可能性とおもしろさ」
・プロジェクト交流セッション
・(希望者のみ)交流会

<プレゼンター>
・「鹿沼宿旅館再生プロジェクトCICACU@鹿沼市」
・「那須ゲストハウスDOORz@那須町」
・「もてぎ里山らいふプロジェクト@茂木町」
・「マチナカプロジェクト@栃木市」

<こんな方にオススメ!>
・地方でできることを知りたい!
・自分の力を活かせる場所を知りたい!
・リアルを知りたい!
・今のライフスタイルを続けていくのか悩んでいる

<3つのできること>
・地方(栃木県)での具体的な情報(取り組み/暮らし)がわかる!
・栃木で地域づくりに取り組むロールモデルと具体的な接点がつくれる!
・地方での取り組み/ローカルライフに興味関心のある人たちと交流ができる!

<ゲスト プロフィール>
江口 晋太郎氏 編集者、ジャーナリスト。
1984年生まれ、福岡県出身。未来に向けた情報設計や環境デザインを実践するためのリサーチや企画プロデュースを行う。様々な領域を横断しながら、社会問題の解決をテーマにサービス開発やメディアづくりなどに携わる。まちに参加する人を増やすアクションプラットフォーム「マチノコト」を運営するNPO法人スタンバイ理事、NPO法人inVisible理事、NPO法人日本独立作家同盟理事などを務める。著書に『ICTことば辞典』(三省堂)『パブリックシフト ネット選挙から始まる「私たち」の政治』(ミニブック)など。


主催/栃木県
実施団体/NPO法人とちぎユースサポーターズネトワーク
web:www.tochigi-ysn.net


__________________________
第24回全国ボランティアフェスティバルふくしま [2015年08月04日(Tue)]
第24回全国ボランティアフェスティバルふくしま開催のご案内
”ありがとう”
未来につなごう ふくしまから
大会コンセプト:全国のボランティアのみなさまへの感謝
        復興に向けた取り組みのあり方を考える未来へつなげる
開催期日:2015年11月21日(土)13:00〜 受付開始時間12:30〜
           22日(日) 9:00〜 受付開始時間 8:30〜
会場/1日目:ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)
   2日目:ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)
      日本大学工学部 他
申込締切/10月9日(金)
主催・第24回全国ボランティアフェスティバルふくしま実行委員会
   社会福祉法人福島県社会福祉協議会
   「広がれボランティアの輪」連絡会議
   社会福祉法人全国社会福祉協議会
参加費:3000円(大学生以下無料)
    交流会は別途5000円 スタディ・ツアーは別途5000円 
    フィールドワークは別途3000円
大会ホームページ:http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/

前日特別企画
11/20(金)13:00〜11/21(土)10:30
スタディ・ツアー 〜原子力災害対応の拠点地域を巡り 想いを未来につなげよう〜
本企画は、ふくしまの”今”を視察していただき、本大会全体の学びを深めていただくために開催します。
定員:40名(最少催行人数20名)
別途参加費:5000円(11/21(土)の昼食代含む)
宿泊場所:ホテルアルファーワンいわき(別途宿泊費:1泊朝食付き6500円)

1日目 11月21日(土)ビッグパレットふくしま
   13:00〜ウェルカム演奏
          13:30〜開会式 
             主催者・来賓あいさつ
             ボランティア功労者厚生労働大臣表彰
    14:30〜基調講演
             「お金の世界」から「いのちの世界」
             「成長社会」から「熟成社会」へ
             飯館村長 菅野 典雄さん 
          15:30〜シンポジウム 未来につなぐ日ごろのつながり・支え合い
    17:30〜交流会

21日12:00〜22日15:30 お土産コーナー(2階エントランス)展示コーナー

2日目 11月22日(日)AM各分科会会場 PMビッグパレットふくしま
      9:00〜分科会
          日本大学工学部70号館にて
          B-5・次世代を担う若者のチカラを未来へ
          とちぎユースサポーターズネットワーク代表 岩井 俊宗     
          事例発表者として話します。ぜひお越し下さい。
          さまざまな分科会があります。
          詳細をホームページにて確認してください。  
         13:30〜大会振り返り
   14:30〜閉会式

会場案内:ビッグパレットふくしま
     郡山市南2丁目52番地・024-947-8010
http://www.big-palette.jp/

  日本大学工学部70号館
      郡山市田村町徳定字中河原1

有料シャトルバス有り
オプショナルツアー有り

お問合わせ
第24回全国ボランティアフェスティバルふくしま実行委員会事務局
(福島県社会福祉協議会内)
TEL024-523-1254
FAX024-523-4477
ホームページ
http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/
6/12~14 森林と市民を結ぶ全国の集い2015 in 福島~東北復興に果たす森林の役割と市民活動 〜 [2015年03月12日(Thu)]
image.jpg

森林と市民を結ぶ全国の集い2015 in 福島                 〜 東北復興に果たす森林の役割と市民活動 〜


2015年6月12日(金)〜14日(日)福島県で開催!

「森林と市民を結ぶ全国の集い」は、都市に生活する一般市民が主体となった森づくり活動の輪をひろげることなどを目指し、幅広い市民が集い交流する場として、1995年に発生した阪神淡路大震災直後の市民による被災地支援活動の高まりを契機として、その翌年にはじめて東京で開催され、その後開催地が地方と東京とでほぼ毎年実施してきました。

2011年の東日本大震災は、被災した東北地方に甚大な被害を及ぼすとともに、これからの人々の暮らしのあり方について様々な課題を提示しました。

今回の森林と市民を結ぶ全国の集い2015in福島では、復興に向けて今も大きな困難(津波、原発、風評等)に直面している福島県の現実を学び、地域の発展に森林がどのような役割を果たすことができるのか、福島県の復興に向けて、森林ができること、私たちができることは何かを全国の仲間と共に考えます。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

開催日時  
6月12日(金) エクスカーション

6月13日(土) エクスカーション → 全体会

6月14日(日) 全体会


開催場所  
@県内4エリアでのエクスカーション

(@いわき地区 A県南地区 B相双地区 C会津地区)


A全大会 フォレストパークあだたら(大玉村)


テーマ 東北復興に果たす森林の役割市民活動

主催
「森林と市民を結ぶ全国の集い2015 in 福島」実行委員会 

公益社団法国土緑化推進機構

共催
福島県緑化推進委員会

うつくしま21森林づくりネットワーク


詳細はこちら
http://moritoshimin-fukushima.jimdo.com/
| 次へ