CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«5/24.25 幼児教育と働くパパママを支える「認定こども園引っ越し」プロジェクト | Main | 6/28 Ototomo vol.1 × 大友良英/HUG Cine 益子»
プロフィール

特定非営利活動法人とちぎユースサポーターズネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド


TEAMユース 最新記事

6/14 茂木町竹原竹林整備プロジェクト かぐや姫bamboo隊/NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク、NPO法人トチギ環境未来基地 [2014年05月19日(Mon)]
今回は茂木町竹原 竹林整備プロジェクト 「かぐや姫Bamboo隊」をご紹介します。
主催は当団体NPO法人とちぎユースサポーターズネットワークで、当事業はNPO法人トチギ環境未来基地とのパートナー事業となっております。
筆者も竹の伐採を体験したことがありましたが、のこぎりをひいているときはなかなか大変ではありますが、竹が倒れる瞬間はある種の気持ちよさを感じたのも事実。
体を動かすことが好きな方はぜひこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか?
イベント詳細は以下の通り。

若者は里山へ竹を切りにいきました。
かぐや姫bamboo隊.jpg

茂木町竹原 竹林整備プロジェクト
その名も「かぐや姫Bamboo隊」はじめました。


Vol.1 2014/6/14(土)

目的と活動内容
1)竹林の間伐活動@茂木町竹原地区へ参加する。  
2)竹の新しい活用アイデアを考える。
3)里山整備に取り組む色んな世代の方々と交流する。   
(※内容は変更になる可能性があります。ご了承ください。)

活動先 :栃木県茂木町竹原地区
定員  :6名程度
参加費 :1,000円(昼食・夕食含む)
時間  :8:00〜21:00
集合  :JR宇都宮駅西口パセオ前
活動内容:・オリエンテーション
     ・竹伐採活動
     ・懇親会
対象  :大学生、専門学校生、社会人など、10〜30代の方
     <<こんな方たち大歓迎!!>>
     ・森林や里山の問題に興味関心がある
     ・身体を動かすのが好き

※現地集合、途中解散可。お問い合わせください。
(申込の際に、集合場所の希望を「JR宇都宮駅」か「現地集合」がご記載ください。)
※切った竹はお持ち帰り頂けます。

Q.どうして里山の竹を切らなくちゃいけないの?
森林・林業を支える山村において、過疎化や化学製品の登場等によって、地域住民と森林との関わりが希薄化し、森林の手入れが行われなくなったことで、村の侵入等による里山林の荒廃が進んでいます。竹は生育が早いため、木々の生育を妨げます。進行すると、植生が貧しくなり、生態系が衰退していってしまうのです。日本の多様な生態系を育み、守ってきたのが里山です。タケノコ、キノコ、お米といった食べ物を支えてきたもの里山です。そんな里山の荒廃を防ぐために、僕らにできることをはじめませんか?

お問合わせ/お申込み
NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク
〒320−0808
宇都宮市宮園町8−2松島ビル2F
TEL/FAX:028−612−3341
Email:ysn_office@tochigi-ysn.net/
現地パートナー:NPO法人トチギ環境未来基地

詳細&お申込みはWEBで!
http://goo.gl/84ieaP
コメントする
コメント