CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
blog THC
ようこそ東北HIVコミュニケーションズ(THC)のブログへ。
このブログでは、THCの最新情報を中心にお知らせします。
団体について詳しく知りたい方は、
東北HIVコミュニケーションズ公式ホームページをご覧下さい。
« トークバック 沈黙を破る女たち チケット発売中 | Main | わたしたちにとって人権とは? »
最新記事
カテゴリアーカイブ
活動予定と報告・お知らせ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
支えあう学習会 Vol.7 わたしたちはやわらかくつながりあえるか〜性暴力とセクシュアリティ[2013年12月10日(Tue)]
HIV・性的自立・セクシュアリティ・・・支えあう学習会 〜 season1
Vol.7 わたしたちはやわらかくつながりあえるか
〜性暴力とセクシュアリティ


2014.1.18(土)14:30-16:30
@コミュニティーセンターZEL


ゲスト: 岡田実穂さん、宇佐美翔子さん
「RC-NET/レイプクライシス・ネットワーク」代表・理事


入場無料・カンパ歓迎・申し込みは不要です

問い合わせは、
thc00sasaeau-studyあっとyahoo.co.jp
あっとを@にして送信。

image.jpg


セクシュアリティは、自らのそのままの姿を見つめる
ものであると同時に、他者と繋がりあうための
よすがともなるものです。しかし、そこには
HIVなど性感染症のリスクや
暴力・支配関係が忍び込む可能性もはらんでいます。

DVなどで法制化が進む異性愛女性だけでなく、
すべてのセクシュアリティの人があらゆる関係の中で
性加害被害は生じる可能性があります。
これは、少ない相手にやっとつながることのできた
性的少数者でも同じこと。むしろ、孤立しやすい
少数者だからこそ、性暴力の連鎖から抜けにくい
という背景もあるのです。

セクシュアリティを自覚し、なおかつ互いを尊重した
繋がりを作っていくために必要なこととは、
どんなことでしょう。
サバイバーと共にあり、回復の道すじを共に歩いて
こられたRC-NETのお二人と考えます。

みやぎNPO夢ファンド助成事業

主催:東北HIVコミュニケーションズ(THC)
会場協力:community center ZEL
(運営:公益財団法人エイズ予防財団 協力:やろっこ)


◆ゲストプロフィール 「RC-NET/レイプクライシス・ネットワーク」
「性暴力とは同意の無い性行為全般のことをいい、状況や法律、個々人の判断でいろいろな呼びかたをされるが、どのような状況で誰によって引き起こされたものであれ、互いの同意のない性行為は、全て性暴力。老若男女、婚姻関係、セクシュアリティなどもそこには関係ない。」というポリシーで、団体や組織の垣根をこえて、「レイプ」という存在、そしてそこから、生きていく仲間のために、必要な情報を提供し、そして社会一般へアピールする活動を展開中。全てのレイプサバイバーのために。そして私たち自身のために。あなたの生きるこの地球上、そして地域の中に、あなたの声を聞きたいと思い、あなたが生きる姿を見たいと感じ、そして一緒に生きている、沢山の仲間がいることを伝えたい。そんな想いで活動しています。2013年にタイで行われたICAAP(アジア太平洋地域国際エイズ会議)にも参加。
ちょっとディープなお話も用意しておられるそうです。

団体HP:http://rc-net.info/
団体ブログ:http://blog.goo.ne.jp/rc-net/

この記事のURL
https://blog.canpan.info/thc/archive/80
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

東北HIVコミュニケーションズ(THC)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thc/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック