CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
blog THC
ようこそ東北HIVコミュニケーションズ(THC)のブログへ。
このブログでは、THCの最新情報を中心にお知らせします。
団体について詳しく知りたい方は、
東北HIVコミュニケーションズ公式ホームページをご覧下さい。
« 「支え合う学習会〜HIV・性的自立・セクシュアリティ」を始めます | Main | 支え合う学習会 vol.2 「セクシュアリティと社会 〜 プライド月間に寄せて」 »
最新記事
カテゴリアーカイブ
活動予定と報告・お知らせ
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
HIVと放射能被害〜わたしたちからの『健康』維持[2013年04月06日(Sat)]
支え合う学習会〜HIV・性的自立・セクシュアリティ
Vol.1 HIVと放射能被害〜わたしたちからの『健康』維持

5月11日(土) 14:30〜16:30
会場:コミュニティセンターZEL


申し込みは不要です。
お問い合わせは、
thc00sasaeau-studyあっとyahoo.co.jp
あっとをアットマークにして送信ください。

image.jpg

image.jpg
HIV・性的自立・セクシュアリティ・・・ 
支えあう学習会 〜 season1

Vol.1 「HIVと放射能被害
〜わたしたちからの『健康』維持」

2013.5.11(土) 14:30-16:30
@コミュニティーセンターZEL
仙台市青葉区国分町3-3-5 リスズビル9F
地下鉄「勾当台公園駅」公園2出口から徒歩5分。
定禅寺通り「東京エレクトロンホール(県民会館)」
東隣 1Fが松屋のビルです。
TEL/FAX 022-261-6556(開館時間のみ対応可)


福島第一原発事故の放射能被害は、
福島県の人々そして東北関東に住む人に
大きな不安を与えてしまっています。

不安の核心に触れずにいることは
今を生き抜くためには必要だけれど、
その状態にいる限り時間が進まない。
ということがあると思います。

そうした人に寄り添い、
その人のタイミングで
あえて核心に触れようとする時
すぐに共感しエンパワーして、情報提供できる、
そんな場がもっともっとたくさんあって欲しい。

公害問題、薬害問題で繰り返された同じ構造の中、
同じ市民として、
また、自分にも影響が及んでいる当事者として、
できることは何でしょう?

理不尽な「大きな力」への告発も必要でしょう。
しかし、市民が日常で不安の原因に対処できる、
具体的な行動によるリスク軽減を試行錯誤し
それをシェアできる場作りも必要です。

ささやかながら東北HIVコミュニケーションズでも
そんな場作りをしてみようと思います。
放射能のこと、HIVのこと、
誰かに押しつけられるでなく
自分から主体的にできる「健康」維持について、
ざっくばらんにお話ししましょう。

問い合わせ:thc00sasaeau-studyあっとyahoo.co.jp
あっとをアットマークにして送信ください。

主催:東北HIVコミュニケーションズ(THC)
会場協力:community center ZEL
(運営:公益財団法人エイズ予防財団 協力:やろっこ)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thc/archive/63
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

東北HIVコミュニケーションズ(THC)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thc/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック