CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月 »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
菌はいても発病しない新型肺炎感染者 ー潜伏期とは別の概念「保菌者」ー[2020年01月31日(Fri)]
武漢からチャーター機で救出された日本人の中に少数だが新型肺炎感染者がおり、発病しないのに菌(新型コロナウイルス)は持っているという中途半端に見える状況の存在が確認された。潜伏期か否かとは別に考えるべき「保菌者」で、厚労省などは「無症状病原体保有者」とか表現しているようだが、厚労省の小役人らしく「想定外」だと。
 だが、不思議な事なのか? 厚労省という感染症対策の責任者なら当然に想定する必要があった。日本には結核菌だけは持つ保菌者の戦前生まれの老人が多い実例は把握しているはず。新型肺炎対策でも空港のサーモグラフィーで発熱だけ見る、自己申告に頼る、ではダメと推測すべきだった。厚労大臣等は、やはり即・辞任すべきだ。

 私は最近も何度も、「老人には結核菌の保菌者が多いので我が家でも注意している(嫌がっている)」とか書いてきた。抗生物質など無かったり使えなかった昔の日本。高齢による死去で大幅に減ったとは言え、戦前生まれの高齢者は日本が結核大国で結核が国民病と言われた頃に育っている。一方で、最近は結核がほぼ撲滅され警戒心が薄くなった事もあってか、90台以上の老人は結核を発病しなくても結核菌だけは保菌している可能性が低くないそうだ。
 我が家の場合は自称・祖母が結核患者だったから余計に深刻だ。薬物治療など無かったために結核の治療の手術で肺を半分取り除いていた祖母だ。自称祖父は祖母の療養のために様々な方策を採りまくり、その特殊な健康法で我が家には湯と水の風呂桶が二つあったりと。自称祖母は40年近く前に他界したが、家族と称して現在も私の周囲にいる者は皆、この結核患者から菌をもらった保菌者の可能性を疑うべきだ、生活を共にし濃厚接触し続けていたから。第一に本人達が戦前生まれの高齢者なのだ。
 だから、私は我が家の中では気をつけねばと思ってきたし、自称母親の悪魔女が結核を発病したと聞いて「やはり!」と思い、家の中では飲食も何も分離した。今は食事も相当部分が電子レンジ等を使った自炊だが、風呂場等は別にできないから、大いに不安だ。プラズマクラスターで浴室などを殺菌しながら入浴してはいるが、湯の中まではね。
 だからこそ、長年にわたり私を殺そうとし続け、いまだに結核菌をまき散らし、虐待によって発症したゼンソクを抱える私を恐怖に陥れる悪魔の隔離をと書き続けているのに、無視されている。為替問題で千兆円も儲けさせてもらいながら。相手が神なのに。これでは一千万円分以上の募金を集めながら病人本人には30万しか渡さずに横領し病人の学生を死に至らしめた中国政府管理の中国の腐敗した慈善団体より悪い。

 この「保菌者」の話まで、偶然の一致には見えない。ちょうど、巨大な天罰と考える東日本大震災では私に関連する話が連日のように目白押しだったのと似て。しかも中国新型肺炎の爆発的拡大は神話(旧約聖書)の神罰の疫病そっくりだし、私が反対した売国観光政策を痛打しているし。この「保菌者」の話も当然ながら神の警告の一つだろうし、大いに保菌者の恐怖にも怯えると良い。正に天罰だよ。キサマラがやっていることがキサマラに跳ね返るのだから。
 だが、日本人は、またぞろ警告を無視だろうな、気付かぬフリで。それとも悪の山本弘のようにフテクサレて神を罵るのか? そうは問屋が卸さない。モウおしまいだよ、キサマラは。新型肺炎感染者拡大も神の警告だと言う事実を忘れるな、地獄に落ちた後もな。
遅すぎたWHO緊急事態宣言 ー中国に屈して引き延ばした醜態ー[2020年01月31日(Fri)]
ようやく緊急事態宣言だ。つい先ほどWHO・世界保健機構が中国のワイロや圧力に屈して引き延ばしていた中国新型肺炎(新型コロナウイルス)での「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言したが、遅きに失した。

 WHOのテドロス事務局長はアフリカのエチオピア出身。エチオピアも他のアフリカの国と同様に政治浸透を図る中国の大量の金がばらまかれているため、WHOという国際機関も決定が歪められたと言われる、事務局長の個人的な都合で。腐敗で。
 中国政府は緊急事態宣言だけは避けようと盛んに圧力や工作を掛けたようだ。いくら国際的な話と言っても、ここまで中国内で爆発的に感染が広がったのが公にされてから緊急事態宣言とは。もはや日本のような愚鈍で無責任な国さえWHOをアテにしないかも。日本政府はWHOの緊急事態宣言を待って、WHOのせいにして、中国新型肺炎の「指定感染症」「検疫感染症」の指定などを行おうとしていたのに、日本が先になった程だから。

 一応、これでWHOは加盟各国に渡航制限や空港検疫強化等を勧告でき、加盟国はそれに従って感染拡大防止策を進められるが、相手が中国だと圧力やワイロなどで歪められる恐れが強い、特に日本のような国では。事務局長の都合もあって散々中国への配慮で決定を引き延ばしたWHOも、緊急事態宣言に関して中国への渡航や貿易の制限は必要ないなどと断わったり、中国の対策を賞賛したり、中国新型肺炎の話なのに「緊急事態宣言は中国に関することではない」とか訳の分からぬ事をわめいたりと、中国への配慮が(深く)にじんだと報道されたほどだ。

 もう日本もWHOもダメなのだ。墓穴を掘ったのだ。赤魔中国の崩壊後は後ろ指を指されるだろうが、その前に消滅させたい、神の敵はな。
武漢脱出の自国民の隔離観察を妨害する醜い韓国人 ー新型肺炎感染の有無の経過観察ー[2020年01月31日(Fri)]
韓国人が武漢から脱出した自国民の隔離・経過観察が近所で行われると聞いて醜い反対運動で大騒ぎし、自国民の被害者を差別抑圧して大いばりだ、いかにもパワハラ文化の朝鮮人らしく。隔離施設からはメッタに病原菌は流れ出ないはずだが万事ずさんな韓国では心配なのかと思いきや、やはり醜い自己中心的で隣人愛など全くない朝鮮人だからだ。
 ところで、原発被災者の受入を拒む一部住民?の大騒ぎという似た光景を東日本大震災の日本でも見た。日本型ムラ社会では内部の相互扶助が完璧だがヨソ者には警戒心があるためかとも思った一方で、一万年来の世界最高水準の村社会秩序を持つ日本人には違和感がある騒ぎだったので、時間が経ってからは「これも韓国スパイの仕業か」とか疑った記憶がある。その疑いは当たっていたようだな、今回の騒ぎを見ても。
 そう、千年に一度の大災害でも略奪一つ起こらないのが普通という日本社会の秩序に驚いて評価した声が世界に満ちあふれたのに怒って妬んだ朝鮮人が一部の日本の地域に入り込んで地元住民のようなツラをして原発地域避難民を排除し、日本の評判を落とそうとしたスパイ活動だったのだ。中国が背後に付く北朝鮮勢力も深く入り込む韓国の国家主義的な国策情報スパイ活動だから、直ぐに反日ナチの米国などの海外のマスコミが連動してワザとらしく大きく取り上げて「日本には失望した」とか大騒ぎしたのを良く覚えている。
 韓国の原発事故風評被害アオリや東京五輪妨害騒動の連続する現在、特に中国を背後に持つ北朝鮮シンパ勢力が大統領官邸まで抑えて大きな力を持つという韓国の異常な実態が明確な現在でなら、簡単に推測が付く話だったが、東日本大震災当初は分かりにくかったかも知れない、私にも。だが、今回の隔離施設追放騒動で、それが韓国人自身によって証明された形になったのは、皮肉なのか、当然なのか。天罰覿面(てきめん)、自業自得と言えば、その方が良いな。
中国人韓国人訪日観光は中国の横領慈善団体と同じ ー中韓人ばかりもうける訪日観光ー[2020年01月31日(Fri)]
集まった一千万円以上の募金の内30万のみを病気の貧困な学生に渡して後は横領した中国政府管理下の中国の大ウソ慈善団体の話には触れたが、中国人や韓国人の訪日観光も似たものだ。日本旅行で使われる金の大半は中韓人に渡って日本人には渡らず、日本側は出費と損害ばかり押しつけられる。日本側の出費・犠牲で中韓人のモウケを支えているのだ。
 これは違法なバックカントリースキーの遭難者?のバカ外人の操作器救費用を全て日本側が押しつけられ、そのバカ外人の宿泊費は中国資本のホテルの入るのと似ている。これが売国観光政策でなくて何なんだ? しかも、そのホテルの客がおかしなニセ日本料理を高値で出して客を外に出さず、経済効果を期待した地元商店街は不動産価格の上昇によるコストアップで軒並み撤退してシャッター街となるのだ。もうけるのは税金が増える自治体やその議員で、これはワイロで簡単に操れるだろうよ、IR汚職のように。
 不景気で貧乏な中韓人が日本観光をダシに日本でカネモウケするだけで、カネの流れからは単なる中韓観光の日本版にすぎないから、ちっとも日本の得にはならない。しかも、「インバウンド、インバウンド!」「日本経済はインバウンドに依存」とバカやTVが騒ぐ割には訪日観光消費額は日本人の年間個人消費支出の100分の一で、これも中韓の手先の日本のTV屋などのスパイのウソなのだ。
 この「日本観光、中韓人の訪日観光でもうけるのは中韓人ばかり」の話は、今回の中国新型肺炎騒動での日本国内の感染者の多くが中国人観光客や中国人ガイドという事実を見ても分かる。感染した中国人観光客相手の中国人ガイドの国籍を日本の役人やTVがナカナカ報道せず、最初は日本人だとウソをついたのも、この「訪日観光でもうけるのは中国人ばかり」という事実を隠したかったからだろうよ。中国人ガイドは内容のズサンさやカネの流れの不透明さで特に問題視されることが多い職業だ。TVや役人は「観光立国」「観光は経済成長の柱」などとウソをワメク安倍売国政権にソンタクするだけだからな、結局は。

 さて、どうするのだ、バカ日本人。主権者としては最低だから、こうなるのだ。神の目は絶体に誤魔化せないぞ。神は忘れないぞ。
禁止スキー外人が雪崩遭難 ーバックカントリースキーの法規制と厳罰化をー[2020年01月30日(Thu)]
これもIR汚職や中国新型肺炎対策不備と同根だ。禁止区域のバックカントリースキー(コース外の林野や林道等での禁止スキー)を法規制、厳罰化せよ、直ちに。特に中国資本のホテルに泊まるヌスット猛々しい野蛮な白人も、無責任な自治体や政府についても。いくら売国で無能無責任な日本のスパイ政治屋どもでもヤレ、選挙前くらいな。いくら売国最優先の卑怯で無責任な最低の主権者の日本人でも。桜を見る会も安倍の問題を示すから重要だが、中国新型肺炎やIR汚職問題を含む売国観光政策の見直しの方が余ほど重要、最優先のはずだ!

 バブル期に開発されたがバブル崩壊後は日本では時代遅れとなって中国資本等に蚕食されるスキーリゾート北海道トマムで、フランス人という自称文明人の野蛮なバカ外人が禁止区域にスキーで侵入して8人ほど自業自得で雪崩(なだれ)に巻き込まれ、一人が意識不明の重体だ。報道される規模の今回の雪崩は危険区域に侵入する人間自身が引き起こす場合も多いとの事だから、そうだとすれば全く自業自得としか言い様がない。いや、後述のように「観光テロ」だ。
 続報ではフランス人は留学生と。日本で何を学んだのか。規則を守り秩序を保つのが普通という日本社会の状況を日本に居て何一つ学ばず理解しないばかりか、自らそれを破壊しようとするとは、余ほど出来の悪い学生だったのだろう。あるいは、母国から来た悪いフランス人どもに頼まれ、いい気になって違反行為へと案内したのか。それとも、中韓などの反日国のスパイ資金でワザと違反行為をしていて自分が犠牲になったのか・・・。いずれにせよ、差別的で鼻ばかり高いが中身はズサンで文化レベルが低く秩序を守らず自己中心的な野蛮人というフランス人らしい。
 このブログでも何度も書いたが、人間の性格や性質は一万年程度の間にできたもの。農業文明という野蛮な侵略略奪文化が始まって以後の歴史の差が反映されているのだ、遺伝子には。これは中韓人と日本人との性格上の巨大な差を見れば分る。その一万年の大半を野蛮人として生きて遺伝子が出来上がっているフラン人もドイツ人もイギリス人も野蛮人にすぎない点は絶体に忘れてはならない。フランス人を文明人と考えるヤツは共犯になるぞ。

 日本での無法が目立つ野蛮なオーストラリア人等の外国人による危険なバックカントリースキーは今までも問題視されて来た。私自身、昨日あるスキー場でのオーストラリア人の迷惑・違反行為スキーと、それを注意する監視員の特集を民放TVの夕方のニュースで見たばかりだ。これも偶然ではなかろう、神の目に触れたのだからな。
 だが、政治、特に国政レベルではバックカントリースキー等の問題行為は、ほぼ放置同然だったようだ、売国観光政策の言い訳で、日本でなく中韓人の利益のために。観光立国と抜かすなら様々な外国人対策に力を入れるべきなのに、全くやらないでワイロばかり取るのだろうよ、売国政治屋どもは。自分では何もしないでワイロだけ取り、迷惑な外人の増加を自分の手柄だとワメキ、負担・犠牲は全て一般人や自治体等の被害者に押しつけ、理性的な批判者の口を封じているのだろうよ、中韓人のスパイ活動の用心棒として、私にやっているように! それを支える主権者完全失格のクソ日本人と共にな。
 そういえば、貴重な文化財の保護のために公開を渋る学芸員を「ガン」と呼んだ自民党の国会議員がいたが、これも叩けばホコリならぬワイロが出るのでは。貴重な竹林がハングル(韓国語)始め刃物できづつけられる落書きだらけになって回復不可能なのは、このような売国政治屋のためだ。ガンは自分なのに。次の選挙では確実に落とせ、いくら主権者としてはクソ以下の日本人でも・・・。

 日本は真の経済大国で観光に頼るべき貧乏国ではない。中国のような返すアテのない借金や無法な補助金や数値ゴマカシだけのニセモノ経済大国ではない。個人消費支出が一年300〜400兆円の日本がナゼ、一年で3〜4兆円しかカネを落とさないのに大変に迷惑で有害な外国人観光客をワザワザ招き入れるのか。しかもカネの大半は違法移民やスパイの中韓人のフトコロに入るだけでなく、水源林の中国人による違法取得のような政治・経済侵略のステップになるだけ。それはIR汚職問題に端的に表れている。
 更に強調したい事だが、日本国内の観光産業での支出の8割はいまだに日本人によるそうだ。考えてみれば当然か。日本人は一年間ずっと日本に居るのに比べ、大半の外国人観光客は極めて短期間しか居ないのだ。外国人は一部の有名地域に集中して荒らして悪い意味で目立つだけ、売国TVで取り上げられるだけらしいから、余計に売国観光政策は問題なのだ。やはり中韓人をもうけさせるだけの政策だ、ワイロで動かされる。何が「インバウンドは巨大」「日本はインバウンド依存を深めている」だ。大ウソだ!
 そんな、損害ばかり大きくモウケは小さい観光立国などになる必然性は全くないし、イケナイのだが、中韓の手先のスパイ政治屋には実に都合の良い売国の手段なのだ、観光立国なるタワゴトは。どこからどんなワイロを取っているのか。選挙のたびに中国企業(政府)の手先の在日の朝鮮系コンサルタントから百万円かね?

 太平洋で最大の厄介者、対日クジラ・テロに代表される文化上でも最も好ましくない太平洋の侵略植民国家、飲んだくれの野蛮人・英国人の罪人の流刑地でもあったオーストラリアからの自称観光客が、無法なバックカントリースキーの常習犯として今までも有名だった。南半球で季節が逆でもあり。
 だが、今回の違法スキーでの自業自得の雪崩(なだれ)遭難は非英国系野蛮人のフランス人だ。ギロチンで人を殺しまくる結果となったフランス革命を徹底して持ち上げる秩序軽視の野蛮な暴力革命論者のフランス人では、スキー場で(日本人なら遵守する)縄で囲った侵入禁止区域に入る程度は朝飯前の日常茶飯。それを日本側のせいにして大事件を起こすのだから、迷惑どころではない。「観光公害」でも済まない。これは立派な「観光テロ」。テロリストとして取り締まれ。テロリストをオモテナシするな、バカ日本人。テロの共犯(正確には幇助・ほうじょ)だぞ!

 フランスは文明レベルが低い野蛮な旧ガリア殖民地(ローマ帝国領)だった所にローマ帝国を亡ぼした野蛮なゲルマン人(ドイツ人)が侵入したり、フランス王国とイギリス王国の貴族達の領地が混じり合うなど全くアイデンティティーもない歴史しか持たない。フランス革命で妬んで殺したフランス王室の表面的な見栄え重視の王宮文化をまねて奪って自分の文化だと抜かし始めた文化レベルの低い最低のパクリ屋のドロボウだ。それがフランス人の正体だ。だから私はフランス人を「ヨーロッパの韓国人」と呼んで批判している。
 そのフランスは、自称・民主主義革命のフランス革命の真逆の結果として登場した独裁者・皇帝ナポレオンの大陸侵略で世界最強の陸軍大国を気取った。が、結局ナポレオンは無理の挙げ句に敗れた。中国でもインドでもない黄金半島をインドシナ半島と呼んで侵略した無能な甥(おい)のナポレオン三世の時代に陸軍も時代遅れになってドイツ(プロシア)に完敗して弱体をさらしてしまった。最強の海軍国は英国だったし、最強の陸軍国という看板を失ったフランスは、代わりに(苦し紛れに)「文化大国を宣伝のタネに」と、侵略と人殺しの武器を銃や大砲から自称フランス文化に持ち替えただけ。人を傷つけ侮辱し踏みつける手段として最大限に「文化」を悪用した最低の野蛮人だ。そう、フランス文化とは汚い危険な最低の凶器(武器)なのだ。それを国際戦略の国家戦略として徹底して内外に宣伝する内に、世界の国々をだまし、自分にも自己催眠を掛けた状態になっただけなのだ。それを克服する必要がある、世界もフランス人自身も。まあ、自分では無理だろうが・・・。

 昔、有名な料理モノ(食文化)劇画「美味しんぼ」に、フランスの首都パリの有名レストランの日本出店の話があった。
 若い主人公と対立する傲慢(ごうまん)な実父で高名な美食家の芸術家(陶芸家)が、主人公らと共にこのレストランの開店パーティーに呼ばれる。記憶によれば、この傲慢な父親の美食家は、まず「フランスのパリから出てきたからと有り難がる必要は無い」とか言った後、店の一番の名物料理「鴨肉のロースト 血のソース」をケナし、「この見事な鴨肉ならショウガをきかせた酒蒸しの方が良い」とか。鴨の血とブイヨンからなる店の名物ソースでなく(日本式の)持ち込んだワサビ醤油で鴨肉を食べるよう周囲に勧め、それを実践し感心する日本人客も現れた。そして「料理人の指定する以外の食べ方でもウマいとは、しょせんフランス料理の完成度は日本の懐石料理に及ばない」とか結論づけたように記憶する。
 これに対して、若く進歩的で国際的?な、いかにも戦後型日本人的な息子の主人公は、「文化(料理)国粋主義の発露とでも言うべきで傲慢でみっともない」「新しい発見である血のソースでなく慣れ親しんだワサビ醤油に頼るとは」とか何とか厳しく父親を非難し、親子の料理対決に発展するストーリーだったとか記憶する。
 まだ左翼全盛時代の名残が強かった30年前だし、劇画の原案は更に古い時代の状況に立脚するだろう。私を含め当時の読者の多くにとって主人公の意見が常識だった、無批判に。だから、主人公と共に父親の芸術家の傲慢さに反発したと思う。だが、日本や欧州の白人の国々や米国などの文化比較を、その長い歴史に遡って考えるようになった後の私には、傲慢で国粋主義と批判された父親の美食家・陶芸家の方が、より正しく感じるようになった、特にフランス人等の白人相手の文化の話をする場合には。上記のような汚い誤った文化の扱い方をし、文化を他者、特に植民地支配する有色人種を踏みつける道具に使ったフランス人の醜い実態を理解した後は。
 「傲慢でみっともない(凶暴な)排外的な文化国粋主義」とは決定的にフランス人の側であり、国際的な舞台でそれに対抗して防戦するには傲慢と見えるくらいの自己主張も正当な手段の一つだと感じるようになった、それだけではないにせよ。日本人もフランス人に踏みつけにされ抜いた有色人種の一つなのだし。だから、この一見傲慢な芸術家・陶芸家は一部に熱狂的な信奉者が居たと言う設定も成り立つのだと思う。言論無能で戦後型の表面的な国際主義や平等主義や無責任で売国的で空虚な理想論にとらわれがちな日本人には言いにくい事を堂々と言えるから・・・。
 そんな事も思い出したので、付記しておいた。

 何でも最近のフランス人は、東日本大震災時の日本の社会秩序の異常な良さを見た後の世界に同調して「日本文化へのリスペクト」が流行だとか。しかし、日本文化の裏には神が居ることも理解せずに、世界の流行に乗って理性ぶるだけの表面的な嫌らしいポーズに過ぎない場合も多いらしくリスペクト(尊重)するはずの日本人と中韓人の区別も付かない。本当に日本文化と日本人を知っていれば、人間の外面に出でる特色、雰囲気だけでも、ある程度は両者の区別が可能なのに。何ともお粗末なフランス人の実態をさらすのが、今回の東洋人の無差別差別だろうよ。それを神に見られてしまうとは、正に自業自得だ。排外主義?の極右や大女優を始め、せっかく神に従順なフリをしてきたのに、フランス人は・・・。

 ただし、一つだけ気になることがあるので、それも付記しておく。少数でも、私の文章が伝わった可能性があるからだ。
 私は今回の中国新型肺炎も「天罰」と考えるが、罰する対象は全ての面で不潔で腐敗した最低の後進国の中国人だけでなく、私の問題を放置しながら私に頼り続けて巨額の利益だけむさぼる日本人もだと考えている。特に感染症の話だから、我が家の結核の保菌者(発病者)の悪魔女の隔離をいくら求めても無視し続ける日本人も「病原菌」とか呼んで非難したのだ。
 それを理解しているフランス人がどれほどいるかは不明。大半はタダの嫌らしい白人優越主義の暴力革命論の暴徒どもだろう。が、マクロン政権を批判するフランスの「黄ベストデモ」は、ゴーンを犠牲にしてしまった自動車会社問題に関する私のマクロン批判に連動するように拡大した。だから一部のコアな東洋人ウイルス扱いの者は、「中韓人は悪魔、日本人も悪魔の手先、病原菌」という私の考えを反映しているのかも知れない。
 それを忘れるな、日本人。今回の「中国新型肺炎に関するフランス東洋人差別問題」も、朝鮮人という悪魔に神をイケニエにささげながら、その殺させようとした神のオカゲで巨万の富を得てむさぼるだけの日本人への天罰なのを忘れるな。


 話を戻すが、フランス人がフランス革命で妬んで惨殺したフランス王室でも特に妬みや誤解の最大の対象だったのが、欧州一の名家・ハプスブルク家の文化先進国オーストリア帝国の出身のマリーアントワネットであり、フランス宮廷文化だった。その批判の的だった宮廷文化をフランス人暴徒の貧民がコピーしただけのフランス文化は更にレベルの低いパクリ品でしかなかった訳だ。フランス自体が後進国だったのだし、フランス革命の前にはパリには一般人向けのレストランなどほぼ無かったそうだ。同時期の世界最大の文化都市だった日本の江戸には食を始め庶民文化が大いに花開き、基礎教育水準も最高だったから、多く出回る料理屋の番付表を一般人が見て店を選ぶことなど普通だった。これだけでも、フランスの後進性は一目瞭然だ。
 マリー等がオーストリア宮廷からもたらしたり、ルネサンスの母国のイタリアから移入した先進文化を、汚い残虐な有色人種の植民地支配で得た金などを使ってアレンジし豪華に見せただけのものがフランス文化だ。当然ながら、ほとんどフランスの風土や歴史や民族性に根付いた地場の文化ではなかった。この辺は一万年来の世界最高のムラ社会文化と日本の国土に根付いた日本文化とは全く違う。正にパクりの根無し草なのだ、フランス人もフランス文化も、韓国人のように。
 「フランスのブドウで作るワインはフランスそのもの。気候風土に根付いたオリジナル」とか言うだろうが、ソコでは不正、虚偽表示が影で盛んにウワサされる。関係者は知っていても語らないだけだそうだ、「実はネコの小便臭い」という関係者のワイン評のように。フランスの有名産地でも二級の貴腐(きふ)ワインと称して単なる遅摘み(おそづみ)の完熟ブドウワインを売っていた話は有名だそうだ。本当の貴腐ワインを産み出す特殊なカビを発生させる特殊な霧はフランスの該当地方のオリジナル、正に天の恵みだが、他はダメだった。しかも、その有名産地でもワイナリーの管理が良くなく、日本の会社がワイナリー経営に乗り出したら、ソコだけ急に評価が上がったそうだ。フランスのオリジナルの文化の象徴が、そんなレベルだった訳で、フランスの文化の真実の事情がうかがえるのだ。

 文化とは何かのためではない。あくまで自然発生的なもの。目的であって手段ではないはず。文化とは純粋に文化のための文化なのだ。だが、フランス人は他者を侮辱し傷つけ侵略し奪う手段・武器、有色人種を踏みにじる侵略と殖民地支配の言い訳として文化を乱暴に振り回し宣伝した。他者の文化を盗用してデッチ上げた上で悪用した訳だ。「我々は(戦争は弱いが)文化レベルが高いから有色人種を支配し差別し殖民地とする当然の権利と資格がある」と世界中でわめいてタイ王国からも領土を奪い、インドシナ半島の東部を長年の地獄に変えた。その旧フランス領のベトナムで米軍の威を借りて集団強姦や集団虐殺をほしいままにしたのが悪魔の韓国人だが。
 フランス人はそんな大罪人だが、特に文化を語る資格が最も無い連中だ。最近も、中国新型肺炎を口実に中国人ではない日本人や台湾人までアジア人だと差別して気勢を上げる行為はフランスで最も激しいそうだ。ナチ野郎のドイツよりヒドイとは。形式上も中華民国の台湾の人間の言葉や文化は中国人に近いが、日本語は全く発音も違うし、第一に日本人は言論無能で自己主張も全く弱いし行儀にこだわるから見た目の雰囲気も中国人とは全く違うのだがな、文化圏が違うだけでなく・・・。
 そんなフランス人のような奴らが日本で自分で違反行為をして自分で雪崩を起こして遭難したのだ。自業自得どころではない。徹底して責めろ。捜索・救助費用を払い、泣いて反省するまで叩き続けろ。相手は「ヨーロッパの韓国人」だぞ。決して被害者として助けてはならない。奴らは大罪人だ。中韓のスパイマネーを背景とする観光テロリストだ。

 オーストラリア人と共にフランス人もスキー(観光)入国のビザ発行を停止せよ。自治体ツブしだけでなく、日本ツブしの先兵だぞ。ツブされるのが大好きな売国スパイ政治屋を選ぶような日本人の国だが。

 こんな規則違反の自業自得の野蛮人のテロ犯罪者なのに、イザ遭難となれば、捜索・救助にはスキー場関係者や地元消防組織等だけでなく、県警のヘリや陸上自衛隊まで出る大騒ぎとなる。捜索が大人数なだけではない。一機ヘリが出るだけで費用は巨額だ。だが、こいつらドロボーの観光テロの外人は自治体の肩代わりする捜索・救助の費用など一切払わずに地元自治体を破綻の危機に追い込みながら、「禁止区域の綱など見えなかった」「禁止を明示しない日本人の罪」「地元にカネを落としてやったから捜索費くらい負担しろ」とか大イバリだそうだ、ホテルの中国資本だけにモウケさせながら。

 このように、極めて悪質なテロ的なバカ騒ぎは白人や中韓人がヤリ、モウケは中国資本ホテルに入り、負担は日本人がコウムりと、まさに売国観光政策そのものだ、中韓のワイロで動かされる売国奴やスパイの政治屋の後押しのもとで。コンナ惨状、構造的腐敗は、IR汚職に良く現れているが、ほんの氷山の一角だろうよ。売国最優先の戦後型日本人なら当然と思うべきかな。

 今回遭難したフランス人と名乗る野蛮人は、繰り返すが、被害者でも何でもない、加害者だ。「観光テロリスト」だ。日本侵略と日本破壊の先兵だ。こんなルール無視の野蛮なバカ外人が多く侵入禁止区域のバックカントリースキーを目当てに日本のスキー場に詰めかけ破壊テロ活動にいそしむのは有名な話だ。「日本でバックカントリースキーをやろう!」と言われているそうだ。
 これは極めて悪質なテロの呼びかけなのだが、日本の売国政治屋やスパイのTV屋は、あまり触れない、今回のバックカントリースキー遭難事件に関しても。それも含めてテロ、反日国による情報スパイ活動ではないのか。反日国の中韓の政治進出の激しい国から来た自称観光客ほど、悪質な落書き(器物破損)等が目立つのはそのためだろう。これはタイ人などと比べ大きく違うから気になっていた。一般にタイ人は悪質な意図的な落書き等は聞かないが、中韓の進出が著しいタイの隣国のビルマ(ミャンマー)の人間にはヒドいヤツが目立ったから。
 オーストラリアでも中国の浸透が激しい。経済的進出だけでなく、大量の平和的?中国系移民が票も握って政治侵略の先兵となるそうだ。反日の象徴・クジラテロ(反捕鯨テロ)問題で最も熱心なのはテロ集団の基地であるオーストラリアとニュージーランドだ。白人社会の最底辺の犯罪者などの隔離された地でもあり、両国民の潜在的な劣等感は強烈だが、それを誤魔化すために更に下を探そうとアジア人への異常な差別に血道をあげる異様な文化的側面を強く持つから大嫌いだ。昨今はそれを反日国に徹底して悪用されているわけだ。
 それを思い出すと、オーストラリア人に浸透する日本についての様々なウソ情報や悪質な問題行為も裏が見えてくる。例えば、「日本では商店のシャッターに落書きしても良いと聞いた」と言い訳した渋谷の落書き犯人はオーストラリア人のガキだった、渋谷は外国人を自ら呼び込んだ側面があって問題があ点では自業自得ではあるがな。上記のスキーリゾート等で組織的とも思われるようなキャンセル料発生直前の大量キャンセルで旅館の経営に大きな悪影響を与えるのも主にオーストラリア人だそうだ。これらは反日国の垂れ流すウソ情報を鵜呑みにしたり、それを信じたフリでテロに励む一環だと思われる。
 日本の秩序は軽視されなめられている、徹底的に。日本人が徹底した政治愚鈍でスパイ防止法すらできないから。「観光立国」との言い訳で政府や政治屋も組織的に反日スパイ活動をしている。ソコにつけ込むのが中韓のスパイだ。「日本での違反スキーの宣伝(呼びかけ)」をネットで続けるだけなら、大した手間もカネもかからず、中韓のスパイ(移民)自身が手を汚さなくても多くの(無意識を含む)テロリストを日本での破壊活動「観光テロ」に動員できるから。それでスキー場の地元自治体を財政難に追い込めれば、ますます自治体も政治屋もスパイマネー・ワイロで操りやすくなるし!
 こんな売国を絵に描いたような観光立国化など、すぐやめろ。やめさせろ。

 繰り返し強調するが、ここ数年間の異常円高為替の改善で日本が得た利益は全体では千兆円とかだ。一方、外国人訪日観光の収入は一年で多くても5兆円程度で多くは中韓人の懐に入る。しかも、中国人のミヤゲ名目の転売用物資の大量買い占め「爆買い」への批判で更に金額は下がりつつある。異常な円高為替の改善を後見してキサマラに巨額な利益を与えてやったのは、私への償いの原資とするだけでなく、悪夢?の民主党政権の始めた売国観光政策なんぞに頼らずとも金を得るためだろう? 中韓人の観光産業にモウケさせて日本がモウたつもりになるだけの売国観光政策なんぞ最低だ。直ぐやめろ。中韓人が反日スパイ活動資金を日本で得て手先の売国政治屋にワイロを渡すだけだ。

 直ちに違反スキー名目のテロ行為への徹底した法規制と厳罰化を急げ。中韓のワイロで生活する日本のスパイ政治屋はやらないだろうから、主権者の日本人が売国奴どもを徹底していじめて少しでも促せ、少しでも理性が残っているなら。地獄の裁きを少しでも軽くしたいなら。全ては主権者として最低のクソ日本人自身の責任、イヤ、罪だ。テロの幇助(ほうじょ、助ける事)の犯罪者め。悪魔の朝鮮人に従って神をウジ虫呼ばわりした悪魔の手先め。雪崩で地獄に落ちろ。いや、地震や津波による国家財政破綻か・・・。
なぜ肺炎感染バスガイドの国籍を隠す なぜ検疫拒否の武漢帰りの二人を帰宅させる ー外国人等の人権は日本人より優先ー[2020年01月30日(Thu)]
なぜ、バス運転手と共に中国新型肺炎に感染した大坂の中国語通訳兼バスガイド(バス同乗のツアーガイド)の女の国籍を隠すのか、当初は日本人二人目の感染者だと報じていたのに。中韓人だからプライバシー保護の名目で批判が中韓に向くのをゴマカスのか? あり得る、中韓人の人権を保護すれば日本の政治屋やTV屋は売国スパイ活動の目的を果たせるし、小役人どもも保身できるが、日本人の人権など守っても大した手柄にはならないから。
 それとも、「二人目の武漢渡航歴のない日本人感染者が出たら(対策不備として)関係大臣は全て辞任せよ」と私が書いたので必死に回避しようとしているのかね・・・?

 今回のチャーター機による武漢からの避難民の中にも、二人ほど検疫を拒否し帰宅した者がいるそうだが、それこそ怪しいし、強制的方策を採るべきなのに、やらないのだ、日本の政府や政治屋は。社会不安を煽ろうとする中韓系の反日スパイ活動の一環ではないのかとすら感じる、大いに。
 そう考えると、感染バスガイド(ツアーガイド)の国籍を明かさないのは、不法就労や不法移民、見せかけ結婚等の違法行為とか、それを操る背後の何者かにソンタクしたとか、圧力を掛けられたか、そいつ自身がスパイでは、とすら感じる、こんな状況では。そんな裏を隠したくて日本のスパイ政治屋どもが国籍隠しや検疫逃れのために一斉に圧力を掛けたのではと、首里城(放火)炎上事件のモミケシように。

 明確にしないで情報を隠すから余計に疑われるのだ。それに、そんな困った状況を黙認して保身するのが最低の主権者である日本人の姿だしな。首里城も、ガイドの国籍も、検疫拒否者も、問題は同根ではないのか。

 さて、このよう醜態が全て日本人の罪としてカウントされているのだぞ。モウおしまいだな。
沖縄首里城炎上事件うやむやで幕引き ー放火事件の疑いを揉み消す?ー[2020年01月30日(Thu)]
反日テロによる放火と疑われる沖縄の象徴・首里城の炎上事件について、警察は事件性ナシとして幕引きを図る。何も出ないので事件性がないとか抜かすが、何か分からないから放火テロ事件の疑いが濃いのだ。首里に続いて有名な合掌造りの里でも同様の配電盤付近での不審火があったのにウヤムヤにされているが、これも同様に中韓等の反日国民によるテロと疑われるのだ。中韓とも観光推進策のために世界一文化レベルが高い強力すぎるライバルの日本の観光資源は徹底して邪魔だし、そうでなくても日本で破壊テロをやれば英雄となれる狂った反日テロ悪魔の国・民族だ。
 どうせ今回の首里炎上の捜査でも韓国の手先の国会議員等の政治屋や安倍官邸の圧力等に警察が日和ってウソ捜査をしたのだろうよ、私への長期にわたる連続毒物殺人未遂事件と同じでな。だからスパイ防止法は改憲より優先だと言っている、真にタカ派的な側から見て。やはり安倍は全く骨のない見せかけ愛国タカ派の売国奴だった。だから改憲という看板でスパイ防止法も皇室問題もサボったのだろうよ。モウ安倍は辞めろ。辞めないなら亡ぼす、クソ日本人と共に。
ロシアスパイ事件と北方領土地震 ーソフトバンク情報漏洩事件ー[2020年01月30日(Thu)]
私が韓国の敵対行為の激化の中で「改憲よりスパイ防止法が先」と主張している中で起きた朝鮮系のソフトバンクでの機密情報のロシアスパイへの漏洩事件。その悪役のロシアが盗っ人猛々しい反応を示した直後の28日午前10時36分、ロシアが不法占拠する北方領土で最も北海道に近い歯舞諸島を震源とするM5.4、最大震度4の地震が起きた。日本側は北方領土とは表現せずに「震源は根室半島南東沖」とするが、いかにも日本人らしい売国のゴマカシ。歯舞などの北方領土ではない根室方面の震度4が最大震度となったのは致し方なかろうが。だが、北方領土を不法占拠するロシア人は更に激しい揺れにさらされ青くなったのではないか。これぞ神の警告だからな。「そうだ、ロシアが悪い。ザマを見ろ」などと抜かすのかね、日本人は。だが、日本人自身が神の敵だから、その点は大笑いだ。

 今回のソフトバンク絡みのロシアスパイ事件ではロシアが悪いのは当然だが、スパイ防止法という国際常識も持たない造らないクソ日本人の主権者としての最低の愚かさも際立つのだ。ソコに付け入られたのだ。これでは、ロシアも日本も両方悪いな。

 ところで、北海道東部の大型地震は予想発生確率が特に高いモノの一つ。私が「北方領土大震災」と呼ぶモノだ。これはロシアの罪への天罰となろう。欧州に近い地震の少ない地方や草原の遊牧地域でできたロシア文化では耐震とか防災とか言う考え・意識が極めて低いから、津波に襲われれば壊滅的大打撃か。それを救ったりしないことだ、バカ日本は。西日本大震災の大津波災害の後は、東日本大震災の折とは異なり、私は一切助けないと決め、世界人類にも災害後の円高為替への介入や軍による救援などしないようクギを刺している、東日本大震災の折とは逆に。ロシアの泥棒ネコ、いやドロボウ熊も助けないように、北方領土大震災では。
一日一都市で感染者15万人増加! ー中国新型肺炎で香港大が推計ー[2020年01月29日(Wed)]
「中国新型肺炎のピーク時は中国で一日一都市だけで感染者15万人増加」との推計が香港大で出たと報じられた。官民とも万事ズサンで不潔な中国だから私には当然に思える。推計では、遅くて抜け道だらけの強権強硬策でも中国武漢発の新型肺炎は簡単に収まらず、感染拡大のピークは三ヶ月後の4〜5月までズレ込み、ピーク時には震源地の武漢だけで一日で感染者5万人増加、同じ長江流域で人口の多い重慶では一日で感染者15万人増加という大きな推計値だ。驚くべき数値にも見えるが、現在判明した中国新型肺炎の感染力の大きさや中国の一般人や行政のずさんさや中国の超不潔文化、そして封鎖前に武漢から500万人が脱出した事実を考えれば、当然の値とも言える、やや幅はあろうとも。
 
 中国新型肺炎は「人・人感染の明白な証拠はない」とか当初は語られたが、大変な誤りだった、私が危惧した通り。しかも新型肺炎の感染は潜伏期間中にも起こる点で、症状が出てから感染したSARSより対策が取りにくい、見えない敵との戦いだから。その上に日本と違って中国は超不潔文化で一般人の衛生意識などゼロに近いし、中国では役人にも医療関係者にも日本人のような職業意識なんぞ求められない。結果、「人から人への感染は一人から1〜2人程度だから怖れるな」とか自称専門家が抜かしていたのに、最近は「一人から3〜4人程度に感染の可能性」と言われ始めたのだ。
 今回取り上げている上記の香港大の推計は、このような最新の大きな感染力の推計値に基づくだろう。当然ながら中国社会の惨状による感染拡大の実際の経験値や、「武漢封鎖前に500万人が武漢から脱出」という中国政府が認める驚くべき事実にも考慮していると思われる。感染力が当初の予想以上で、しかも500万人が武漢から中国中に広がった事実を考えると、「ピーク時の4〜5月には重慶だけで感染者が一日で15万人増加」との推計値も妥当な範囲にあると思われるのだ、推計値だから幅はあっても。反日教育で有名な重慶のある四川省からは武漢へ多数の出稼ぎも出ていたろうし。

 さて、日本人はどうするのだ? 政治屋もテレビも中韓のスパイだらけなのは、最近の日韓関係悪化に関する異様な報道やIR汚職捜査でも明らかだ。日本人がバカで無責任だから、こうなった。自業自得だ。習近平政権の強権発動による武漢封鎖の前に500万人が市外に出てしまったのだ。直ぐに中国人の日本への個人旅行の受け入れを停止すべきなのに、普段から政治屋を放し飼いで無関心で無責任だからスパイ政治屋やスパイTV屋ばかりになってしまい、イザとなると、どう政治屋に言うことを聞かせるのか分かりもしないのだ。直接的には政府を指導すべき政治屋どもが最も悪いとしても、その売国政治屋を選び支えてきたのはクソ主権者のクソ日本人自身だ。まさに自業自得。まさに天罰だよ。

 私は心配する疫病である一方で、私の意見が事ごとに実現する天罰でもある、不思議なことに。イヤ、当然か。東京五輪による人間爆発対策としても、売国観光政策の停止による中韓人の観光名目の大量侵入の削減を唱えてきたし、習近平国賓訪日の停止も実現性を帯びてきた。結果として、私の声の通りに世界を導く新型肺炎でもあるわけだ。
 これが神の裁きだよ。クソ日本人は良く思い知れ。もう完全に遅いけど。東日本大震災を思い出せ。赤魔中国における中国新型肺炎の爆発的な拡大は旧約聖書にある神の罰の疫病と似ている。モーゼの十戒で有名な「出エジプト」だ。つい先日も、古代の4大河文明は疫病対策が楽な乾燥した痩せた土地に発達したと書き、超不潔文化の中国文明だけでなく砂漠同然のエジプトの例も挙げたがな。神の裁きを知れ。そして大いに怖れよ、政府の手先の自称専門家やスパイTV屋のタワゴトと逆に。完全に遅いけど・・・。
香港が中国本土からの個人旅行禁止 ー無為無策の日本を尻目に当然の措置ー[2020年01月29日(Wed)]
香港が中国本土からの個人旅行客の受入の停止を決定したと報じられた。中国側が団体旅行を停止したので中国人(本土人)の香港旅行は難しくなる。中国本土の北京政府べったりの香港の行政長官(香港の代表)だから北京の習近平の強硬策に追随した結果らしいが、独立国の日本よりハルカに対中強硬策なのは皮肉というべきか、日本が無為無策無能だから当然と言うべきか。日本もせいぜい、習近平に媚びて強硬策をまねて中国人受入停止でもしたら? 機嫌がとれるよ、国賓として招待する習近平の!
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml