CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月 »
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
売国観光政策再開と無理な節電 ー参院選期に真逆の愚策が続々ー[2022年06月26日(Sun)]
6月とも思えぬ異常猛暑の中の「節電ポイント」、コロナ感染者反転増加や台湾有事が迫る中での「売国観光政策再開」と、参議院選挙中なのにアカラサマな愚策が続く。間が悪いのだ、中国の新空母と同じで。
 後者の売国観光政策再開の愚は何度も非難してきたし、日本人はコロナ渦から学ばねばならなかった。そして前者の猛暑で私も眼精疲労の頭痛が悪化し、肩や腰に刺すはずの鍼灸治療の針を急きょ眼精疲労対策のツボに振り替える始末。そんな針治療も可能で有効な事を知ったのはケガの功名だが、タダでさえ針が必要な箇所が多いのに更に分散では。ゴク軽い熱中症になったのも意外だった、ココは赤道に近いタイとは違うのだし。体中に針を刺す時なのに身体を冷やすまいと厚着をして暑い部屋で発症したらしい。こんな時に政府は電力供給を増やさずに節電の呼びかけで「節電ポイント」と来たのは正に真逆だった。ウクライナ危機で世界が中国に警戒し地対艦ミサイルが増備される中での燃えやすい中国新空母の進水と同様に「間が悪い」にも程があるのだ。
 最前のコロナ規制緩和や売国観光政策再開もコロナ感染者が前週比2〜3割増加する中ではダメだろう、猛暑で少しは減るかも知れないが。外国人観光再開は感染増加と無関係ではナイと思うのに、更に人数を増やすとは。しかもウクライナ戦争で近隣の敵が如何に危険か分かるべき時に中韓人の大挙来襲を自ら招くとは。台湾有事が迫る中で世界の中国人や手先の姦国人を自ら招き入れるとは。
 自民党の代りがないのが問題なのだが、ヤハリ自民党には絶対に票を入れたくない。維新は防衛や節電問題では私と同意見でも売国観光政策の首謀者、等々で代りが居ないのだが、それでも自民党に灸(きゅう)を据えねばな、針灸治療は私が受けている最中だが。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml