CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月 »
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
アジアにはタイ米が余る程 ー「ウクライナ穀物輸出停止でアジア飢餓」の誤りー[2022年06月09日(Thu)]
またアノ喜劇役者の偽善ウクライナ首領の間違い演説だ。黒海の輸出用海路確保に賛成で露軍黒海艦隊旗艦モスクワ撃沈の直前に「日本の島しょ海岸部にミサイル大量増備」と書いていた私だが、「ウクライナの穀物輸出がダメだとアジアで飢餓」とか幼稚な偽善首領が抜かすのは「余計な御世話」。麦に頼る業者や一部民族は困っても「アジアには有り余るコメという穀物、特にタイ米」。「ウクライナの黒土の平原は世界で最も豊かな農地」だから「ウクライナの麦が船で輸出できないとアジアは飢える」とは大ウソ。ウクライナは麦については世界有数かも知れないが、どうせ収穫は一年一度のみの貧しい寒い地方。対して東南アジアのタイの大水田地帯では一年三回半もコメが取れる、無理せずに。そこで増産すれば飢餓など無い、アジアなのに麦しか食えない場合を除けば。

 「タイでは年三回コメ収穫可能」との話すら、そのままでは不正確と知って驚いた。「年三回半(無理なく)収穫可能」と後から聞いたのだ。これは年越しの栽培、日本では「行く年 来る年」の放送中の真冬にもコメが栽培できる事を意味し、日本人の私には驚きだったが、常夏(とこなつ)のタイなら当然だ。さすがに年4回だと前回の収穫と次回の種まきの二大繁忙期が接近し余計な雇用労働など必要らしく、さすがに12月〜1月頃はタイでもヤヤ涼しく稲の成長がヤヤ遅い。だが、温度が大変に高く水も極端に豊富なタイの平均的な大平野の大水田地帯では年三回半収穫ならアマリ無理がなく、三回に抑えると更に余裕が出るだろう。複数の田を平行して耕作・経営するから余計に余裕が大事らしい。
 「タイでは年3回コメ収穫」とは「コメが余りノンビリしたタイでは同じ水田から年3回しかコメを取らない場合が多い」とか解釈できるのは驚きだが事実なのだ。「3回しか」。コメが余っているから大量輸出するし、収穫を抑える面もあるのは戦後の高度成長期以後の日本のコメ余りと同様か。だから、例えば年3回の収穫を3回半にすれば、食糧危機など回避か緩和だろう、タイのコメを食べる周辺の東南アジアの国々なら。いや、元から麦不足など関係ないか、無知な欧米人が理解せぬだけで。「欧米のカネはなくとも食物は腐る程ある」「飢えた経験が少ない」のが東南アジア、特に平野が広く国土が集まったタイやビルマだ、欧米人の植民地支配の搾取や戦争でも無い限りは。頭の中身は完全にソノ搾取をした側なのだ、ウクライナの喜劇役者上がりの首領は。「白人が支配してやったから飢えずに生きられる貧しい遅れたアジア人」とか。これは旧ロシア帝国やソ連赤色帝国の重要な一部だったウクライナ人には当然の発想らしい。そんな理屈でロシアは極東を侵略しようとして日本に跳ね返され、反日テロばかりの韓国もアジア人を人間とみなさぬ白人帝国の支配から守られたのだが。様々なウクライナ首領の醜態は、そんな醜い本音が出ただけか。随所でメッキが剥がれて「旧ロシア帝国の同類」の正体がバレてしまうのだ。

 人類史上最悪の神に逆らう野蛮人の侵略者のうぬぼれた欧州白人の感覚では信じたくないだろうが、そんな底抜けの豊かさを奪うため欧州諸国は東南アジアを分割し植民地支配したのだ、タイを除いて。さすがにタイは王権が強く豊かさが更に底抜けなので侵略できなかっただけ。あの愚かで無知なウクライナ首領は政治屋になる前に勉強し直すべきだったな、国防だけでなく。加害者側の白人文化圏では無理か。

 それと、コメは杯の部分が簡単に取れ、ソノママ炊いただけで美味しく食べられるので麦のような面倒な加工が必要ない。粉にしてパンにして食う必要など無いから、大昔からコメを先に食べると麦よりコメを上位の作物として重視し、麦を下位の穀物するのが普通なのだ、タイだけでなく。領主の収入をコメの収穫量で測った日本だけでなく。日本は、麦を混ぜた米飯を麦飯(ムギメシ)と称して貧乏農民の食い物としたがな。
 しかも米作では水田という耕地が水で殺菌され続けるから、麦作の天敵である細菌性の連作障害が無いと来た。一つの作物を連続して栽培すると土中に有害な細菌が繁殖するなどするのだ。だからタイ米は麦の10倍以上取れた事になる。中世の欧州の典型的農業形態の一つ「三圃(さんぽ)制農場」のように耕地を三分割し、3年に一回しか麦を栽培せず、他の農地は放牧か休耕にせねばならないといった貧しい白人圏とは違う。ソレを元に当時の状況で比較すれば「3×3倍」の違いだ。しかも植物の発育の良い高温多湿の上にタイ米(長粒種のコメ)は原種に近く植物臭が抜けないが生育が早く収量が多い。結果、「タイ米は麦の収穫の10倍以上だった」となる。ウクライナ等はその欧州の農業だが。コメ栽培には寒い日本では主に年一回だけだが、タイでは上記の楽園的状況なのだ。
 それを隠したい文化論上の白人優越主義者は例のダイアモンドのように「麦はタンパク質が多いのでコメより優越」とかヌカしたがる。そんなヤツらは表面は進歩的文化人を偽装するくせに、米・民主党と同じ偽善者。そして、その民主党的偽善者の代表例の一人が被害者の味方と称して幼稚で誤った議論を「分かりやすい」と広めるアノ首領だ。ウクライナの国防準備をサボって今日のロシア軍侵攻を招きながら救国の英雄を気取り、犠牲を払ってアジアで唯一、大々的に当初からウクライナを助ける日本を「真珠湾攻撃演説」で踏みつけ裏で中韓とつながり西側諸国の離間を謀る最低のウクライナ首領なのだ、フェイクメデイアの代表格のCNNが大好きな。そんなウクライナ首領の演説で「ウクライナ穀物危機でアジア飢餓」とか抜かすから、イヤなのだ、本当に。私はウクライナ侵攻に批判的で「ジャベリン」を推奨した側だが。そしてソンなウソ話を鵜呑みにして報じる日本のTVも批判する。鵜呑みにする日本人もな。朝鮮悪魔の石井に殺されそうになった義母が助けを求めても見殺す日本人なら当然か。神を朝鮮悪魔に生け贄にして保身が当然の日本人には当然か!
義母も殺し競艇選手の夫も自殺させた石井容疑者 ー助けを求める被害者を見殺し床下に埋めさせた周囲 埼玉5歳児虐待殺人事件の底なしの広がりー[2022年06月09日(Thu)]
神戸の朝鮮人による集団監禁虐待殺人事件と同じか。「殺される」と助けを求める被害者を見殺しとは。私も類似か。「埼玉本庄の石井らによる5歳児虐待殺人」は根が深い凶悪犯罪で死体や自殺者が石井の周囲にゾロゾロ。石井という朝鮮的苗字の犯人と犯行形態、しかも担当部局や周囲が殺された被害者達を見殺した点でも他の朝鮮系凶悪犯罪や私の事件に類似する。絶対に許さない、朝鮮人も日本人も。
 朝鮮系凶悪犯罪と放置見殺し。如何にも属国化された戦後日本の典型的な事件、今の日本の人間や社会の異様さを象徴する。それを放置し神まで朝鮮悪魔にイケニエにして恥もせぬ日本人。石井の最初の夫はボートレーサー、埼玉支部のA級競艇選手で賞金総額等が年2500万に達したのに浪費家の妻(石井)の借金で自殺、ゴルフ場の木で首を吊ったと。石井の実母(バーのママ)と結婚した実父も元競艇選手で最初の夫の師匠、これも問題の家で死去かと報じられる。犠牲者達は競艇一家なのに、最後の希望の日本財団も無策か。競艇が原資の社会福祉の財団でも競艇関係者の安全に距離を置いては・・・。
 殺され床下に埋められた石井の義母は朝鮮人犯罪者達に占領された恐怖の家を逃げ出し、周囲に助けを求めたが、追いついた石井が「義母は認知症だから」と周囲をダマし連れ帰って殺したと。ソレを観た近所の者は「認知症には思えなかった」とか今ごろTVインタビューに答えるが、ソノ折に警察に事情を話せば命を救えた可能性が大きい。「トボケたヤツだ!」と私のような類似の被害者は強く感じるが、戦後日本ではソレが普通の保身法の一つ、生きる知恵の基本だったのだ。ならば滅びろ、そんな民族。そうして見殺しした私のオカゲで何でも解決してもらって巨万の富? クソを食って地獄に落ちろ、日本人。地獄に帰れ、悪魔の朝鮮人!
 その警察も「上からの圧力」とかの口実で朝鮮系犯罪を放置し保身する「凶悪犯罪の組織的幇助者(ほうじょ、助ける事)」という極めて悪質な犯罪者の代表例だ、被害者の日本人の税金で雇われ養われるはずなのに! 今回も義母脱走に対応した警察官が分かっていて放置した疑いが強い。私はその疑いの当該警察官を告発し逮捕させ裁判にかけ、少なくともその間は鉄格子の中に入れたい。そうでないから日本中が朝鮮系犯罪を放置して保身する腐敗警官だらけになったのだ。私が幼稚園の頃は、痩せ細って骨と皮ばかりの幼稚園児が大きなカバンを肩からかけて送迎用バスにも乗らずに一人で電車通園、毎朝毎午後、尾山台駅前交番の前を徒歩で通過したのに、警官は「本人から被害届が出ないので対応しないのが当然」とかトボケ抜いていたのだろうよ。それが神への反逆、全人類への反逆であり、人類が滅びるまで非難され続ける大罪なのに、警察はトボケ続けるだろうよ。これは日本人以外の手によって裁かれるだろう、厳しく。最低の主権者の日本人と共に。絶対に逃がさないし逃げられないぞ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml