CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月 »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
潮位上昇の原因は超大規模噴火の空気振動 ー太平洋外にも届く強烈な衝撃波ー[2022年01月16日(Sun)]
不可思議・不気味なツナミのような潮位上昇はトンガの異例な超大規模噴火の異例な空気振動・衝撃波の影響だったと報じられた。トンガの噴火は大型の海底火山の大噴火で千年に一度の規模、爆発の雲(キノコ雲?)は半径300キロ以上と北海道も隠すほどで、衛星画像はアニメ「エヴァンゲリオン」の生物絶滅を招く巨大爆発的現象「インパクト」の描写にも似ていた。同映像では衝撃波もシッカリ見えたと話題になっていたが、それが数千`離れた海水を圧迫などして潮位上昇や波の発生を招いたため、津波とは日本到着の速度も潮位変化の度合も異なり、気象庁も予測できなかった。
 千年に一度の噴火では衝撃波も巨大だ、例え海底火山でも。遠いスイスでも気圧変化が観測された程だ。大西洋側にまで達した強烈な衝撃波だから太平洋中に影響するのは当然で、あちこちで直ぐ起きた潮位の上昇や小さな波が太平洋のヘリの日本近海でヤヤ時間が経ってから重なったようだ、トンガからの波だけの場合と異なり。そのため津波予想経路では津波がホボ無いのに日本近海で津波的な変化があったと解説される。
 東日本大震災の折に「二人の今村助教授」と書いた一人の今村教授が言うのだから大きく違っては居るまい。災害予知・対策の専門家として関東大震災の危険と対策を説いた東大の地震学の今村助教授と東北大の津波学の今村助教授(当時)の二人を並べて書いたのはつい先日のようだがな。
 これもミッドウェー海戦と似ている。攻撃する日本海軍側はミッドウェー方面に米空母が出てくると予想して潜水艦等による警戒線を張ったが、その前日に米空母は通過と。暗号電文が解読されたか偶然か。「警戒線に掛からなかったから米空母は居ないのだろう」と判断を誤った(日本側は大敗)が、「津波到達経路に津波が無いから来ないだろう」の話は似ているように感じる。

 さてさて、千年に一度の巨大噴火で太平洋沿岸各地で津波現象だ。遠く離れた日本も米国の西海岸も含め。千年に一度とはタダ事ではない。正に天罰だ。私は2015日本国際賞の騒動の年の5月に似てきたと書いてきた。2015年5月29日の口永良部島の爆発噴火(全島避難)は当然ながらトンガの噴火と共通し、翌30日の私の誕生日のM8.1の巨大地震(国内全観測点で有感地震の観測史上初の地震)は世界中を波立たせる巨大な衝撃波と似ていると強く感じる。だが、千年に一度の巨大噴火では同じく千年に一度の東日本大震災に近いか。
 いずれにせよ、2015年の騒動で全く神の側からの妥協も信用も不可となった安倍・菅政権や米オバマ政権は翌2016に渋谷事件まで起こして熊本大地震という天罰を招いたのみならず、米の政権交代やタイ王崩御まで起こし、2015日本国際賞にお呼び立てした平成帝は異例の生前退位となった。その年のようなのだ、今は。ならば米国も日本もトップの交代だな。
 バイデンにも岸田にも辞職せよと書いてきたが、ここまで来てマダとぼけたり開き直ったりするのか、きさまらクソ人類は。神に逆らう悪魔の手先は滅ぶしかない。トットと辞めろ、岸田もバイデンも。これ以上の天罰が望みか? モウとっくに「今回の大天災はキサマラのせい」といわれているだろうに! イイカゲンに神に降伏せよ。南洋の巨大噴火はマダ序の口。この程度の警告の内に辞めておけ、更なる巨大天罰の責を問われて千年も万年も恨まれないように。

●追記 風の精霊 大暴れ
 我が家のネコは身体は死んでも魂は風の精霊と一体化したと書いてきた。「かみかぜ(神の風)」とは良くいったものだな、神と救世主と精霊は一体とするのがキリスト教正統派だし。Xmasの前に米国を襲った巨大竜巻の大群も、当然ながら風の集合体。先日の命日に寺院の本堂にまで付いてきたのも風。そして大気中を進む空気の揺れの衝撃波も風の親戚だろうよ。「我が家のネコが大暴れだ」。そんな感想しか持たない。私は元から水の精霊に近く、私の怒りは津波や洪水の形を取って表れてきた。風神と雷神。大谷への卑怯なテロの後に海の近くの潮風で腐食したコンドミニマムが崩壊し、ハリケーン崩れの低気圧がNY付近に大雨を降らせて地下鉄を水没させ何十人か水死させた。次の天罰も大体は想像は付くが、後はドコに何が来るかだ。貴様のせいで貴様の隣家が崩壊し、貴様の故郷が壊滅し、一万年間、恨まれるぞ。ザマを見ろ。当然の天罰だ!
本当に津波なのか ー日本近海のみ? 不可思議な潮位の上昇現象ー[2022年01月16日(Sun)]
科学的には良く分からない。不可思議で不気味。情報に振り回されているだけなのか。今回の津波とされるものは一応はトンガの噴火が原因とされるが、日本への津波の到達(通過)経路で高い潮位の津波が観測されなかったりで「日本近海等の気圧変化によるのか」とか、原因が解明されていないようだ。トンガ噴火由来の津波でなければ、何なのか。基盤が火山からの津波でも、大騒ぎの潮位変化は日本だけを狙った未知・未経験の特殊・異常現象によるのか。
 とにかく、神の警告としか感じない、私は。この考えをどれだけの日本人が共有できるのか。共有する文化的基盤、「一神教の伝統」が無いのが日本だし、例え共有したとしても、その後の政治的行動が全くに近いほど期待出来ない世界最悪の「政治愚鈍」と基盤とナル「言論無能」ではな。それで人類の神まで朝鮮悪魔への生け贄にしたヤツらだし。いずれにせよ、ソコまで含めた日本への大きな神の警告が続いているのだ。ソレをトボケる日本人なのだ。もうダメだと言う事くらい理解しろ、日本人め。地獄に落ちる前に。
トンガの噴火でトカラと奄美に津波警報 ー海底火山噴火で日本にも津波ー[2022年01月16日(Sun)]
つなみ! にげて! NHKTVの画面に大きな警告が出ている。遠く南洋のトンガの大規模火山噴火で日本にまで津波が来た。噴火した火山が海底火山のため地震のように津波が起きた。それで何度もここで触れた「トカラ列島」に津波警報を出させる津波が来るとはな! コレを書いている最中に奄美に津波が到達したと。続いて東日本大震災の被災地や西日本大震災の想定被災地にも1mより低い程度だが次々に津波が到達している。

●追記
 トンガの噴火とは「海底火山の大規模噴火」「フンガ・トンガロフンガ・ハアパイ火山の大規模噴火」とか、津波の直接の原因も地震によるとか、爆風によるとか、現時点では報道の情報が整理されていない面がある。気象庁は上記火山の噴火による、爆発噴火の気圧変化が原因か、日本近海でも突然の気圧変化か、とかしている。日本近海の気圧変化の可能性とは、トンガからの津波の伝播の経路で津波が観測されていなかったからとか。本当にトンガの噴火だけによる津波なのか等、不明点があると。それとも他の海域の地震によるものが混じる可能性でもあるのか。不可思議で不気味だ。だが、それこそが天罰、神の警告なのでは。     

●追記
 岩手県沿岸では津波注意報が津波警報に格上げ。日本近海だけ?の津波的現象とイイ、不可思議で不気味。経験からでは予測不可能。これぞ日本への神の警告か。      ・・・・・追記終わり

 日本の国防で南洋の島嶼(とうしょ)部にミサイルと共にレールガン兵器の配備をとか書いたら直後(翌日昼)に遠い南洋(南太平洋)のトンガの大規模海底火山爆発だったのは既述だし、世界人類の神による天罰なら国は問わないはずだ。とにかく場所が遠く、さすがに偶然の可能性もと思ったが、私が大反対した我が家の朝鮮系スパイの國を挙げての表彰という2015日本国際賞の2015年に似てきたとも書いた。2015年5月29日のトカラ列島の口永良部(くちのえらぶ)島の爆発噴火と全島避難の翌日の私の誕生日の5月30日には日本の全観測地点で有感地震の観測史上初のM8.1の巨大地震で、次はそれに似た事が起きるのかとかも書いたが、そのトンガの津波がトカラにまで来ては、モウ偶然とは言えまい。明らかに天罰だよ、私の考えに従って起きた! ソコのオマエ、どう責任を取るんだ!
 次の2015年5月30日の巨大地震に相当するモノとは何かな? 全てキサマラが悪い! 死、以外には無い! 今度こそ岸田もバイデンも辞職せよ。海兵隊がオミクロンをばらまいて神が居る東京にまで到達させた沖縄もトカラ列島の近くだぞ! いよいよ大詰めだぞ、岸田もバイデンも日本人全体も。相手は全知全能の神だ。一体化した存在を踏みつけにされ続けて怒る究極の権力者、創造主だ。中途半端なゴマカシでは絶対に済まないぞ! 
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml