CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月 »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
中国軍機の台湾識別圏侵入 ー騒ぐばかりで能が無い論調ー[2021年10月10日(Sun)]
中国軍機が大量に台湾の防空識別圏に侵入と大騒ぎだが、何を今さら。しかも騒ぐだけで能が無い。スクラップ同然のオンボロ中古空母を買い取って総トン数を水増しする弱兵だらけの世界最悪の軍隊もどきの中国軍なんぞ戦闘になれば逃げてゆくだけ。世界最低の腐敗軍隊の世界最悪の弱兵。戦えば必ず負けた、カネをかけた装備の良い部隊でも。それは過去数百年にわたって実証済みだが、それが習近平の腐敗撲滅運動で急に変わる訳がない。バカ抜かすな。中国軍がコワイと言うだけで既に中国の大ウソ情報戦略に乗せられているのだ!
 台湾は危機だ危機だというなら国防予算を全国家予算の3割に上げろ。日本は防衛予算を3倍にして古い装備の破棄・引退も止めろ。どちらもコンピューターシステムを最新型にバージョンアップしたF22を米国に輸出させれば良い。不法侵入の中国軍機などトルに足らなくなる。だが、しょせん、台湾は口では反中と言っても内実は半中(半中国)。「戦うなんてイヤ」「カネかかるなら統一(降伏)」だろうよ、パイナップルを買ってもらっても中国の反日活動の一環で日本製農産物を輸入停止にしたままだった台湾人だからな。
 日本人も現在の防衛予算がGDP1%以下とかいう自民党内左翼分子の決めた話を口実にしてばかり。しかも首相がハト派で大ウソ慰安婦問題A級戦犯の岸田と来た。防衛費倍増よりマズ、対韓対抗措置をサボるヤツだろう。
 日本も台湾もイイ加減に懲りたら? 神にタダ乗りするだけで何もしないヤツらは、徹底的に痛い目に遭え。いい気味だが、今後は更に激化するぞ。見てオレ。キサマラのせいだ!
首都圏JR大停電 ー変電所の爆発火災?で10路線ストップー[2021年10月10日(Sun)]
「北海道一斉停電」の厚真の大地震の再来か? 天罰テキメン! 首都圏JR大停電で10路線停止だと。 埼玉県の蕨(ワラビ)の変電所の爆発火災?により電圧変化等の影響の予防的緩和で電線が繋がるJR10路線が停止した、地震で停止した厚真の発電所からの影響を防ぐため北海道全体が一斉停電したように。蕨の電気を必要としない路線から運転再開、更にバックアップで他の変電所から電気を回して8時半にヨウヤク全体で運転再開予定だが、蕨の状況次第で間引き運転等の影響は明日も残る恐れがあると。
 通常なら緊張する国際情勢下で中朝(南北)等の反日外国勢力のテロ等を警戒すべきだ。何度も爆発音が響いた「爆発火災」は爆弾テロかもしれないと。首都圏鉄道用変電所等は本来は原発並みにセキュリティーを厳にすべき重要インフラだから。だが、今回は7日夜の10年ぶりの首都圏地震で最も揺れたのが脱輪した日暮里舎人ライナーも走る東京北部から埼玉県方面だから、そのダメージが今になって出た可能性がある。保守予算不足等が全般的一般的な背景だろうが、現下ではコロナによる作業の制約等も考えられる。
 いずれにせよ、JR等の一連の民営化の頃に盛んに論じられた「上下分離」「公設民営」のかけ声の「インフラへの公の補助の上に乗った民間企業経営の合理性の実現」は全くダメらしいな、日本の政治は世界最悪だから。主権者の日本人自身が主権者として最悪だから当然か。

 私が鉄道インフラ整備を強く唱え続け、岸田自身が令和所得倍増と抜かすのに、新政権は経済政策の二本柱の公共投資に触れない惨状を鋭く突く「JR10路線停止」。しかも先日の所信表明演説の前夜の大地震の影響があると疑われる。岸田は如何に言い訳するのか。東京の鉄道は元から深刻な輸送力不足で先進国とは言えない状況(惨状)の上に、先日のような大地震等の災害に備えますますバックアップ用の輸送力の増強も必要だ、「密の緩和」のためだけでなく。しかも各鉄道会社の投資は公共事業予算でなく運賃値上げを認めてやれば済む話で、それはテレワーク促進策にもなるし、ソレが及ばぬ新線建設にだけ公費を出せば良い。タダ予算をケチるだけの「新自由主義的」な財務省の次官と同じ側ではないが、運賃値上げが原資の分では国の懐は痛まない、実に都合の良い話だ。各社の輸送力増強投資に利息補給して「無利子融資」にしてやる程度をカネを出せば良い。それでも検討すら口に出さない長期的な金融専門の「日本長期信用銀行(旧)」の出身の岸田とは何なんだ? そんな私の怒りに同調するが如き「首都圏JR大停電」だ。

 正に天罰だよ。「天罰とは人間の愚かさや醜さを鋭く突く」「人災を導き出す災害こそ最も恐ろしい天罰」とか何度も書いてきた、中国の四川大震災以来は特に。その通りだ! 少しは懲りて従え、日本人。しかも浅田真央の「真」の字の付く「真備(大水害)」と「厚真(地震の大停電)」の連続災害も思い出させる内容だ。地震による電気関係施設の破損の影響の緩和のために逆に被害が大きくなるとは。しかも私が特に注目する(政策上のホームグランドとも言うべき)鉄道インフラでだ。これが天罰で無くて何なんだ?! 
 どうせマタとぼけるだろうよ、政治屋もマスコミ屋も国民も。先日もテレ朝の朝の番組で「コロナ後のテレワークの時代にリニア新幹線なんてムダ」式のマスコミ屋の幼稚軽薄な言を聞いたが、正にコロナという禍(わざわい)に学んでいない。「日本はモウ疫病対策なんぞ不要だから保健所も専門病院も要らない」式の予算削減を持ち上げていたのに反省も無いのだろうよ、こんなヤツらは。リニアは高速化による経済波及効果、東海道新幹線の過密の緩和、航空機や自動車の出す温室効果ガスの削減だけでなく、「西日本大震災」という大災害での揺れや津波で海岸沿いの東海道新幹線がやられた折のバックアップにもなるのに。今回の首都圏JR大停電と同じ構図だ!
 私がリニアへの支援を止めたのは、日本に必要な事業への支援を止めるのが、私を踏みつけタダ乗りする日本への制裁だからと思ったのだが、日本はマスコミ屋も政治屋も国民もバカで売国だから大切な事業を止められれば逆に喜ぶらしい。
 そのバカの売国の代表例が安倍や菅だけでなく、その政策を「新自由主義的だから止めよう」とか口ではのたまう岸田なのだ。これは全く期待できないというより、最初からムチャクチャだ。それを見事に突いたのが、今回の地震とJRストップだった。コレで岸田への批判は全世界的になろうな、表には出なくても。岸田は直ちに態度を改め、神に降伏し、私に償い始めろ。放置すれば更に天罰が激化する。ポツダム宣言は出たのだ。見てオレ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml