CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
猫の恩返し? ーネズミを持ち込む近所のネコー[2021年09月23日(Thu)]
近所の男の子のネコがガラス戸の前にネズミの死体を置いていった。致し方なくネコの墓の脇に埋めたが、飼い猫には良くある話、相手は他家のネコだが。遊びに来るとオヤツをヤルし、ガラス戸の前でくつろいでいるから、私の所が安全な基地・テリトリーとでも思うのか、人間に報告したり褒めてもらうためか、それともマグロの刺身への礼なのか。ネコは家族を持つ哺乳動物だから、慣れた相手に対する態度や行動は人間に近い。「いつもどうも。ほんの気持ちです」とかな。
 これは他家の猫だが、飼っていたネコにはゴキブリを私の枕元まで持ってくる男の子もいた。「パパ、こんなモノ取りました」とかな。しかし私は寝ているから見てくれない。諦めて自分で食ってしまい、朝になると目の前にゴキブリの足だけ残っていた。
 すると、風の精霊と一体化したとか解釈しているネコの魂が台風を持ってきたのかね、私の所に。「こんなの捕まえました」とかな。最近も何度も続いたが。東京直撃で超巨大水害を招いた「あやみ台風(2019年19号台風)」もネコの精霊が引率してきたのか、「こんなの持ってきました」。2019年10月の19号台風、堤防決壊140カ所以上、統計開始以来最大の被害額となった「令和元年東日本台風」だ。チト慌てたがナ、あの時は。東京の家の真上を巨大台風が通過の異例な事態だったから。

 さてさて、私の周囲には不思議なことが続く、私には不思議ではなくとも。ネコですら、そこまでするのだ、私には。ネコにはネズミは大変な獲物だから、それを報告したり捧げるのも大変なことだろう、ネコとしては。本能か信頼か感謝か。
 ちょうどネズミを発見した朝のNHK・BS1の世界ニュースでタイのネズミ養殖の話が出ていた。コロナ渦の混乱の中、ゴム農家の経営多角化で敷地内でネズミを飼って増やし、食肉用に売るのだと。丸焼きが人気だそうだが、日本では忌避されるメニューだし、仏教徒も嫌うハズだが、中国系の習慣かね。その放送の直後だったから余計に印象に残った、ネズミの死体の置き土産は。
 そういえば、NHK・BS4Kで昔の映画「スーパーマン」を放送した直後、同じネコがガラス戸の前のセラミックタイルの上でウツ伏せのまま手足を完全に伸ばし切っていて、「まるでスーパーマン」と感じたが、偶然か、それとも何者かの細工や指示か。人為的かも知れないが、精霊が関与するならマタマタ大変な話だな、私には不思議では無いけど。

 対して人間はどうか。私が日本人にやったのはマグロのブロックどころではない。最近だけでも、異常円高為替の改善による超巨額利益、多数のノーベル賞、東京五輪誘致、しかもヒドイ大会にして・・・。返礼はネズミでは済まないはず。なのに、この状況で悪魔女も我が家に放置し財産を半分渡すと。日本人は中朝人のような悪魔ではなかろうが、この面ではネコに劣るのも確かだ、ネコに生まれ変わりたいとは言わないが。その円高為替改善の利益を上手く使えば、やれ新自由主義からの脱却だ令和の所得倍増だ、とかの前に、売国観光政策を煽って中国人からコロナを遷されたりせずに済んだはず。なのにダメだった。安倍政権は私がヤレと言うことでも特に重要な工事など全くやらなかった。ネコにも劣る神への服従、能力の欠如。そんなヤツらが代表選びだと。ネコにも劣るヤツらがネコにも劣る政策の発表会か、結局は大した事は出来ないのに。
 とにかく、為替改善の利益の千兆とか言われるカネについても「そんなモノ頼んでいない」とトボケル以上は返却せよ、直ちに。賠償ですらない、その以前の話だ。悪魔の隔離と返却・賠償の開始。それをやらない内は完全に神の敵のままだ。滅びろ。
岸田の政策案は財務省系 ー財務省出身の側近が描く岸田政策 消極財政派が積極財政を説く?ー[2021年09月23日(Thu)]
デタラメではないか? 自民総裁選候補の岸田の政策案は財務省出身の側近らがまとめたとか聞いた。保守本流派閥の長だから無難(ぶなん)で官僚人脈も豊富かとか書いたが、政策上の仲間が財務省だけだと偏る、と言うよりウソになる。財務省は秘書役としては重宝でも消極財政主義者でカネは使いたくなく、積極性は期待できず、政府は出来るだけ関与せずの新自由主義の脱却はムリだから。結果として財務省は新自由主義的なのに。
 岸田は「令和の所得倍増」「新自由主義的政策からの脱却」とか積極的経済政策を匂わせる。が、「政府の役割は最低限」という新自由主義的政策は「政府の役割は限定し財政支出を縮小」、要するに「出来る限り予算をケチれ」という財務省の考えと重なるから、結果的に脱却しようとするモノに依存する結果となる。
 どうりで、アベノミクスで唯一成功したクロダノミクスの金融政策が行き着いた後に来るべき財政政策に岸田は触れない訳だ、財務省の考えに立っているから。マクロ経済政策は財政制約と金融政策と決まっている、教科書的な話で。この財政政策とは、財政出動、要するに政府の支出を増やし公共事業等を増やして実際の仕事を国内に作る事だが、通勤地獄の鉄道のインフラ投資を運賃値上げを許して各鉄道会社にやらせる手もある。それを岸田が否定か無言とは、不足する鉄道インフラや首都圏国際空港等にも打つ手ナシか。コレでは東京五輪を前に「観光立国だ」と叫いていたのに空港アクセス鉄道の改善すらしなかった安倍の政策と変わらない、脱却を目指すはずの。岸田には期待できないな。
 この調子では岸田が政権を取っても従来通りのジリ貧経済だろう。平常時ならバカな日本人は諦めたかも知れないが、コロナ渦での政府の積極的な介入を必要とする状況では余りに無為無策だ。

 河野は中身が不安で危なっかしく、岸田は矛盾して無為無策、野田は保守政党党首としては問題外、高市は付け焼き刃で当選可能性が低くと。ダメだ、コリャ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml