CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
右も左もボロ続出の自民総裁候補 ー政策の未熟 売国応援団・・・−[2021年09月09日(Thu)]
「自民党候補は選挙で自民支持層の6割しか固めず」 実際は更にヒドイか、自民党支持者が自民党に投票しない状況は。「自民党休党(休会)のススメ」と書いた私は良く分かる。横浜ショックに代表される最近の自民の選挙連敗の分析だ。いくら無党派層が拡大しても自党支持者の票が基盤なのに、保守政党の自民党が保守票?等を失っていると。これも「もはや保守政党ではない自民党」と書いたので私は良く分かるが。その考えが安倍の「河野詰問(原発と皇室絡み)」にも現れたと。安倍は民主党政権嫌悪の国民感情にアグラをかいてサボり自分が対韓失政(眉韓)やコロナ失政で「安保(緊急事態対応)重視」の保守票を逃がしたのにイイ気なモノだが、その反省を生かしているのかね。
 深刻なのは対韓発言で人気を得た河野や党員(地方)人気の石破の「女系天皇容認発言」だ。保守政党の自民党の総裁候補が保守でなくてはダメ。これでは批判のマトの河野洋平と同じだ。それに河野は出馬宣言前とは言え全く政策案を聞かせない。中身がないのでは。だから石破に埋め合わせさせる訳だが、部下や支持者はその実情が分かっているのかね。人気先行で内容は二の次とは。河野だけでは安倍の二の舞だ。「自称愛国タカ派の眉韓ハト派」「経済政策無能」「コロナ対策無能」と。改憲の看板だけで他の政策の多くをサボったヤツと・・・。
 だが、対するハト派の岸田陣営もヒドイ。まず岸田派の応援団がイメージ最悪。コロナ対策失敗の言い訳をフンゾリかえって強弁の武見・元厚労副大臣や、与党の安保の責任者なのに「韓国ドラマ持ち上げ発言」の小野寺・党組織運動本部長が同じ派閥の議員として岸田応援でTVに出るほど票が逃げる、総裁選でも総選挙でも。「岸田は保守政治家ではない」「眉中眉韓の売国は二階以上」とかな。「アレが組織運動本部長では自民党の組織運動が打撃を受ける」とか書いたのに、全く是正されないまま総裁選や総選挙を迎えるとは、自民党の自業自得だが。そうか、自民の自とは、その自か。それならイイね。
 岸田は伝統保守派閥の長でもアリ経済政策案は立派だが、実効性は保証無し、今までのテイタラクを見ると。「新自由主義(国の関与は最低限)の経済政策からの脱却」「令和の所得倍増政策」とは表題は実に良いが、実現できねば意味が無いし、「国内インフラ投資の推進」の項目が無い。当然だから書かないだけか? これでは「国土強靱化巨額インフラ投資」の空手形で自民支持層を裏切った安倍と同じだ。「クロダノミクスの金融緩和が行き着いた後は公共投資」とは経済政策上の最低の常識だろうに。「鉄道運賃値上げ認可による大都市鉄道投資促進」なら国内経済を刺激するのに国の財政は傷まず、第一に今はコロナ対策にもなる。医療関係の利用には別途補助を出せば「優しい岸田」のイメージ戦略にもなろうし。
 私が安倍・菅政権を強く批判したのは政策面の未熟や独善だけではない。やれ観光立国だ東京五輪だといいながら、コロナ対策を後回しにしてGOTOトラベルキャンペーンばかり強行しながら、首都圏国際空港アクセス鉄道の改善すら出来ないどころかJR羽田空港線案までツブしたからだ、韓国の仁川国際空港利権の保護のために、羽田空港のテコ入れという真の国内観光促進をしないで。そんな「小泉・安倍流の(新自由主義を口実の)経済無策」「愛国気取りの眉韓」の是正が岸田政策の役割のハズなのに、全く中身が感じられないどころか武見や小野寺が沢山付いていては完全にブチコワシ。だからダメなのだ、同じ「新自由主義是正」の意味での「国内インフラ投資重視」の私でも。

 立民なら良いとはいわないが、自民はダメだ、右も左も。もうダメだ。しかし、それを認識もせず無責任を決め込む最低の主権者が自分らだという自覚も日本人には無い。ソコが最大の問題点だ。自民総裁選の騒動なんぞで誤魔化されないぞ。直ぐ神に降伏しろ。生き残りの道はそれ以外にはない。それをヤル候補だけが意味がある。河野石破や岸田に意思があるかないか、直ちに私に示せ。そして総裁選の前に着手して私に実績を示せ。直ぐにヤレ。選挙後になんぞという言い訳は絶対に通用しない。全世界が見て居るぞ。神が見て居るぞ。
眞子様御夫妻はタイ王国移住を ー親日で「王室不敬罪」のあるタイ王国なら安心ー[2021年09月09日(Thu)]
眞子様夫妻の御成婚後のタイ王国移住を強く求める、新皇后雅子様の御静養先としてだけでなく。関係者はこの助言には従って欲しい、神国の大神官皇帝の御一族だから。タイ政府に「王室不敬罪」の準用でタイ王族に準ずる扱いとして守らせる。王族が強く尊重され法律上も守られる王国なのだ。逆に言えば、その程度も出来ないのか、日本人は。
 結婚で王室離脱した元王族も王族として活動を続けるのがタイ王国。万事いい加減なのはタイっぽい話だが王族の境界線も曖昧(あいまい)というより一生涯尊重される訳だ。「総選挙での目玉に元王族の首相候補案」が出て国王に止められた話も既述だ。だが、結果として元秋篠宮家の眞子様夫妻も「王族」待遇で守られるだろうよ。
 タイ王国が秋篠宮家と縁が深いだけではない。先帝(上皇陛下)が仁魚養殖アドバイスで農村のタンパク質不足を改善したタイであるだけでもない。異常円高による日本企業の大量進出のお陰で経済発展したタイである前に、同じ西側陣営の王国なのだぞ。親日傾向が強く「王室不敬罪」が残るタイ王国では日本皇族は守られる、マスコミからだけではなく。眉中眉韓のスパイが増えて居るが日本よりはハルカにマシかもな。
 そんな王国で歓待を受ければ「米国でM&A法務の弁護士」などと言う軽薄な見栄など張る気持ちは吹き飛ぶ。ただしカネはたかられるので、現地日系企業等に寄付させ、「ご結婚準備金の辞退」も中止。このことを直ちに検討し実行させよ、関係者は。海の王子のミエのために眞子様を振り回させるな。
眞子様10月御成婚 ー無理する「海の王子」ー[2021年09月09日(Thu)]
秋篠宮眞子様の10月御成婚の報が流れた。皇籍離脱後に渡米と。もう少し後との観測が多く「意外」視されるが、日本国内でのマスコミ圧力(取材攻勢)等から逃げるには早期の海外移住は致し方ないようだ。だが、お相手の「海の王子」には「無理している」との評が多い、元からの「身体検査不足論」以外に。スキャンダルの減点も挽回すべく、「皇族の夫として恥ずかしくない」肩書きや仕事を求める気持ちは当然だが、希望の就職先や業務内容は今の状況では無理とか。学歴(進学段階からの大学院歴)は最初の段階から希望の大手法律事務所等には不向き、希望業務の「M&A(企業買収等)法務」は更に厳しいので米国に多い「移民関連法務」などを地道にする方が良いとか。アジア人の立場が分かる事もあり、この様な評は妥当かも知れないが、「ステータス狙い」「見栄張り」の評が先行では。
 どうも無理しているようだ、海の王子は。海は私にも縁が深い領域だし、親など朝鮮人に徹底したヒドい目に合わせれ廃人状態なのに親の外聞や凶悪犯罪のゴマカシのために見栄だけ張らされた自身の経験からも言うのだが、日本皇室の気風から言えば学者や研究所職員のように目立たず地味に研究系に近い仕事を続け、見栄など絶対に張らず、冒険や無理をしないのが一番と思う。このままでは何やら英国王室のゴタゴタに一部が似た雰囲気になる。理想は眞子様の母君・紀子様の御実家だろう。大学教員でアパート(大学社宅?)住まいだった。秋篠宮家の眞子様なら、それで納得されると思うがね、海の王子よ。
 
 隠れるなら反日ナチで有色人種をヒトと思わぬ米国なんぞではなく、親日で「王室不敬罪」もあるタイにせよ。王室不敬罪が実質「準用」されればマスコミ対策なども保証されるから。
ミャンマー軍事政権との戦闘開始?! ー反軍民主派・国民統一政府が攻撃宣言ー[2021年09月09日(Thu)]
ミャンマー軍事政権に対しスーチーらの反軍民主派「国民統一政府」の副大統領が戦闘開始の宣言をしたと報じられた。5月に結成した傘下の「国民防衛隊」に攻撃を促し、東南アジア諸国や国連などの国際社会に「革命」としての理解を求めたと。
 だが、急ごしらえの反軍派シロウト集団「国民防衛隊」は武器の調達もままならず、軍隊と言うより政治運動組織らしい。これでは戦闘開始宣言が出ても直ちに大規模な戦闘にはならないとか分析されるが、軍事政権側の弾圧は激しくなろう。

 おいおい、大丈夫か? オマエ達が求めるなら止めないし、これが「ナセアン(日本+ASEAN)」「対中国協同防衛圏・新東亜協栄圏」の発足に繋がるなら良いが、腐敗した後進国のミャンマー軍といえどもプロの兵士を一人倒すのに一般人や民兵が結局は10人は死傷するぞ。ソコまでの覚悟があるのか。

 とにかく、改めて国際社会とヤラにミャンマーへの先進民主主義国連合軍派遣を強く要請する、直ちに。神の勅令である。直ちに従え。ただし、韓国軍は絶対に入れるな。

 だが、国際社会とヤラの動きは遅い。私が対中国協同防衛圏を提唱してからワシントンの流れが反中に変わるまでに10年を要した。ビルマ問題でも同じだ。最短でも数年はかかろうか。その間に死体の山になるぞ。それを前提として準備しておけ、ビルマ人。
河野の女系天皇容認発言 ー首相候補としての不安材料 政策議論の未熟ー[2021年09月09日(Thu)]
「最悪を想定せよ」とは安全保障や防災の基本ではあるが、皇統の危機という一大国難での議論ではマズ徹底的に男系存続策だ、自称・愛国タカ派の安倍政権はやらなかったが。男系存続の一策としての「男系女帝(一代限り)」は歓迎と書いているが、どうも河野の皇室に関する議論は未だ熟していない。練り直せ。「女帝(男系)容認」の口が滑った程度と思う、非常時向きとはいえカッコばかりで軽率で中身に欠ける所があるヤツだから。さすが慶応高校卒とか言われるな。
 女系天皇容認は最後の最後の話。それを防ぐべく最後まで対策するのが保守系与党の政治家の役割なのに、可能性の話でも、それを最初から放棄とは、三浦などを喜ばせるだけだ。元・宮家の評論家のように直ちに河野・石破連合にダメ出しはしないが、両者とも女系容認発言があったとは、政権を取りたいなら誰かが監視監督しないとナ。この辺が河野の未熟で危ういとされる所だろうよ。監視付きでもダメなのは安倍や菅で経験済みだから、もうダメか。
 繰り返すが、私は男系女帝(一代限り)歓迎。愛子姫も佳子姫も資格があろう。佳子様は外見だけでなく大学を入り直して国際関係を学ぼうとする傑物だし、愛子様学習院入学の折の当該学科の教育方針を見て私の思考を基本にしている事を理解した。御本家は御一家揃って私と強い縁があるのだ、学問の分野だけでなく、その基盤の思想や方針の上でも。だから私は守るのだ、日本皇室を。神の加護があるのだ。皇室も神もイケニエにして保身のクソ日本人は守らずとも皇室は守に値する。それが新帝即位式典の即位宣言時の急な天候回復(虹)にも現れている。悠仁様の将来のお妃が売国の日本ではなく平和で親日のタイかどこかで御世継ぎを養育なされる間、愛子様や佳子様に帝位をお継ぎいただきたい。実質的な後見役は神だ。「神官皇帝」とか英訳される日本皇室には相応しい話と思う。
 ソコまで考えての河野や石破の「女帝議論」かね? 政権が欲しいなら練り直せ。それに、最も大切なのは神への降伏だ。奇しくも両人とも私と同じ高校の卒だと、私は評価しない高校だがナ、石破の親の出身官庁の話だけでなく。ならば余計に私の言にだけは従え。さもなくば批判も強烈になる。海の向こうからミサイルが飛んでくる。確認するが、自民党大負の危機意識に立った河野・石破人気だろう? この段階で既に油断するな。神に滅ぼされるぞ。既に神に見放され敵視されて降伏しかない事を忘れるな。とうに詰んでいるのだぞ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml